まだまだ続く幼虫画像であります。

200525o (41)b.JPG

200525o (47)b.JPG

この個体の場合はモミジにいましたが、食草は多彩でサクラ類やバラ科、ブナ科、ニレ科やカバノキ科など広範囲の植物を食べるようで・・・・時には一斉に大量発生をして害を与えることもあるそうです。
この個体は中齢だと思われますが、終齢ともなると体色がグレーっぽくなり体長も70mmぐらいにもなります。
マイマイガ ドクガ科

相変わらず・・・芋虫毛虫でありまして。

200520o (30)b.JPG

200520o (31)b.JPG

コナラの葉っぱにいました。
ノンネマイマイ ドクガ科 体長は30mmぐらいか、体色からしてまだ終齢ではなさそうであります。

同じ木で見つけた謎の繭。

200520o (49).JPG

誰だろうなー?判りそうで判らなかった・・・・残念。

スイカズラの花が咲きだしたなーと観察していると・・・・大きな毛虫君が。

200522o (43)b.JPG

何とも不思議な風体をした、体長が40mmもあるオビガの幼虫です。
オビガ オビガ科 オビガ亜科

オビガの幼虫がいたのは。

200522s (29)b.JPG

白色と黄色の花を2個づつつけます。

200522o (17)b.JPG

200522o (20)b.JPG

虫媒花で特に夜間、蛾の仲間によって行われるそうです。
スイカズラ スイカズラ科のつる性半常緑低木。

イモムシ君が続きます。

タトゥーのような複雑な紋様を持った美しいイモムシ君です。

200520s (53)b.JPG

若齢時はこのように集団で生活するようです。
この枝には数えられないほどの個体が群がっていました。

200520o (19)b.JPG

200520o (43)b.JPG

終齢になると体長は50mmぐらいになり、食欲は旺盛であります。
オオトビモンシャチホコ シャチホコガ科 ウチキシャチホコ亜科

ウツギの花が咲きだしました。

200522o (16)b.JPG

ウツギ ユキノシタ科の落葉低木。

わしゃ~~、枝ジャーちゅうて・・・隠れてんのに?

200520o (46)b.JPG

然し・・・上手く化けるもんやなー。

200520o (45)b.JPG

目測ですが、体長は50mmぐらいあったかと思います。 終齢でしょうね。
ハスオビエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

穂。

200513o (8)b.JPG

一つ一つの種が(瘦果)風に乗って遠くまで飛べるように・・・・・。


毛虫君の中では美しいほうかな?

200520o (14)b.JPG

200515o (6)b.JPG

200515o (11)b.JPG

ヒメシロモンドクガ ドクガ科

今幼虫を観察するには絶好の季節です。
・・・・・ま~~嫌な方もおられるかもしれないですが?

図鑑などで、食草とされている以外にも意外と多食性なのが多くいるようです。
中には、絶対これしかダメってのもいるようですが?

200515o (41)b.JPG

食草はコナラなどブナ科やサクラ類とされていますが、全く違う植物にいました。
アオバハガタヨトウ ヤガ科 ヨトウガ亜科

200512o (39)b.JPG

ヘビイチゴの花 バラ科の多年草。

一斉に大量発生したのか、あちこちで見ることが出来ました。

200512s (5)b.JPG
ミツバアケビの葉っぱで。


200512o (35)b.JPG
コアカソの葉っぱを食っていました。

その他でも、イタドリやイラクサの仲間などで見られました。
随分多食性なんだなーと?
クワゴマダラヒトリ ヒトリガ科
体長が25mmもある大型のカワゲラですが、今シーズンは多く発生しているのかよく見かけます。
それも、樹上に上っているのか、はるか高い場所から滑空するかのように飛んできてどこかへ着地。

200512o (24)b.JPG

この辺りは水量の多い沢と云うか渓流が流れているので、生息域となっているのだろうと思います。
オオヤマカワゲラ カワゲラ科

林縁で見つけたタツナミソウの仲間、少し花の色が・・・・・いわいるタツナミソウとは違うような?

200512s (38)b.JPG

200513o (13)b.JPG

調べると、タツナミソウにも数種ある事が判りました。
タツナミソウは明る草地に生えるそうですが、林縁のやや暗い場所に群落を作っていたのはオカタツナミソウのようです。
オカタツナミソウ シソ科の多年草。

人工物の上で体を上下させているケバエの仲間を発見、写したものの何をしていたのだろう?

200508o (21)b.JPG

繰り返し身体を上下させて、その内にくるくると回り始めた・・・・カメラを向けてもお構いなし?
何か虜になる事があったのだろうか? 知りたいものあります。

200508o (26)b.JPG

200508o (29)b.JPG

ハグロケバエの♂ ケバエ科

コマユミの花が咲いていました。

200512s (27)b.JPG

20020504s (50)b.JPG

コマユミ ニシキギ科の落葉低木。

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

最近のコメント

アイテム

  • 200525o (47)b.JPG
  • 200525o (41)b.JPG
  • 200520o (49).JPG
  • 200520o (31)b.JPG
  • 200520o (30)b.JPG
  • 200522o (20)b.JPG
  • 200522o (17)b.JPG
  • 200522s (29)b.JPG
  • 200522o (43)b.JPG
  • 200522o (16)b.JPG

タグクラウド

アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト