今朝はどんよりとした空なので、多少なり暑さはましかと出かけてきました。
ギラギラと日差しの強さはないものの風がなく蒸しッとする。
山の中で、人もいないのに・・・暑いなー・・・と独り言。
・・・・気がついて゜。○。。゜恥ずかしいなー。



170524n (5)b.JPG

コイチャコガネの器用な交尾?


170619n (36)b.JPG

ヒメアシナガコガネの困ったポーズ?


170626n (33)b.JPG

ヒメコガネ・・・えらいこっちゃ!見つかってしもた!


170614n (55)b.JPG

マメコガネ・・・びっくりしたがな、なんでっか?


虫たちの30パーセント以上は夏眠に入っていると思われます。
自分も、ここんところ夏眠状態・・・・暑くて外へ出る気などにならないのでありまして!
エヤコンを利かした部屋で軟弱ぶりを発揮しておりまする。


170620n (49)b.JPG

この種も眠っている姿をよく見ます。
単に夜行性が強いだけか?
コフキコガネ コガネムシ科 体長は30mmぐらい。


170718n (53)b.JPG

カナブン コガネムシ科 体長は30mmぐらい。
気の強い種で、オオスズメバチなどと樹液をめぐって争いをしている場面を見ることがあります。
樹液食堂で今年はクワガタやカブトムシの類をあまり見ないです?


170703n (38)b.JPG

ドウガネブイブイ コガネムシ科 体長は25mmぐらいか。


この後一月半余り・・・自分が夏眠状態が解ける日があるんだろうか?


早朝からの蝉しぐれ!
それにしては?夏休みだというのに子供の声が聞こえない?
この暑さでは外で遊ぶことが出来ないのか、熱中症などの心配があるんでしょうね。
・・・かわいそうな気がします。


今年はカミキリムシの姿をあまり見ていない。
ようやっと、見たのは、


170706n (201)b.JPG


170706n (213)b.JPG

ヒメクロトラカミキリ カミキリムシ科 体長は7~8mmと言ったところ。

そしてちょっとばかり古い画像ですが、

170627n (23)b.JPG

6月末の撮影で、これ一枚のみしか撮れなかった。

ムラサキシキブの花へ来ていたんですが、さて誰かなー?
上翅の紋から想像して・・・ヤツボシハナカミキリではなかろうかと思うんですが?


小さなタマムシを相次いで発見しました。
ただ、一見した時にはタマムシの仲間とは気がつかず・・・ファインダーをじっくりと覗いて?
あっ、タマムシや!


170706n (141)b.JPG


170706n (117)b.JPG


170706n (124).JPG

ヒメヒラタタマムシ タマムシ科
体長は4~5mmぐらいか、全体に光沢はなくオリーブ色に見えます。
調べると緑色の体色をした個体のほうが多いそうです。


170613o (44)b.JPG

ナカネナガタマムシ タマムシ科 体長は5mm前後でしょうか。
赤く見えるのはタカラダニです。


170613o (10)b.JPG

170613n (43)b.JPG

同じ個体ですが、写りが悪かったので・・・とほほ。

ムネアカナガタマムシ タマムシ科 
体長は10mmもあったか・・・もう少し小さかったような記憶も?
・・・・とにかく足早で逃げられてしまったので、じっくりと観察できなかった。

この個体もダニつきです。


昨日は湿気が少し増しかなーと思っていたら梅雨明けしたらしい。
朝の風が気持ちいい。



170703n (2)b.JPG

キエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科


170605n (25)b.JPG

ツマキエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科
ツマキの特徴が見えないですが、大丈夫でしょう。


170619n (52)b.JPG

ナカウスエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科



いよっ! おはようさん?


170718n (64)b.JPG

何故か、手を挙げてくれました?
コバネイナゴの幼虫 バッタ科


170706n (219)b.JPG

アシグロツユムシの幼虫 ツユムシ科


170718n (39)b.JPG

ササキりの幼虫 キリギリス科


今朝のフィールドは無風、湿度が高く・・・車を降りた途端ジワ~~!
気温は25℃程度と恐れるほどではないんですが・・・ダメです!
・・・・山道を歩く気になんて到底ならない。
そそくさと帰宅、水浴びをしてようやく生き返りました。



170613n (66)b.JPG

170613n (75)b.JPG

モンキアワフキ アワフキムシ科 


170706n (178)b.JPG

コガシラアワフキ コガシラアワフキ科


同じようなデザインで同じような体形?
キノコムシとつく名前ですが、科が違うんです。


170706n (1)b.JPG

コナラの切り株をうろうろと歩いていました。

170706n (11)b.JPG

ミヤマオビオオキノコ オオキノコムシ科 体長は13mmぐらい。


170525n (29)b.JPG

エグリデオキノコムシ ハネカクシ科 体長は7mmぐらい。
ヤマトデオキノコムシと酷似しています。



毎日蒸しますね。
何か涼しい画像はと・・・トンボ池を選びました。


170707n (40)b.JPG

羽化が始まったのか、数頭確認できました。
オツネントンボ アオイトトンボ科 


170614n (127)b.JPG

ムスジイトトンボ イトトンボ科 


170614n (108)b.JPG

コシアキトンボ トンボ科


170517n (32)b.JPG

キイロサナエの♂未成熟個体だと思います。 サナエトンボ科

自分はトンボを撮るのが下手で、いつも白飛びしたりと失敗を繰り返し・・・もうやめようかと思うこの頃でありましたが、たまに上手く撮れることがあると・・またカメラを向けてしまうのでありまして?



コメツキムシの仲間はあまり振り向かれないけれど、自分の子供のころはよき遊び相手でした。
ちっこいのからでかいのまで・・・いろんなのがいます。


170522n (136)b.JPG

サビキコリ 体長は15mmぐらいで、比較的よく見つかる種です。


170622n (67)b.JPG

ニホンベニコメツキ 体長は12~3mmぐらい。
一見した時はベニボタルと見間違えそうです。


170502n (31)b.JPG

ヒメホソキコメツキ 体長は4mmぐらい。


170515n (79)b.JPG

クロツヤクシコメツキ 体長は20mm弱ぐらい。


梅雨明け宣言はまだのようですが、今日の空は大きな白い雲が浮かび真夏そのものです。
自分が子供のころは、こんな日は子供同士申し合せたように川へ水浴びに行っていました。
今はそんな光景は見られない・・・。
・・・今の子供たちはそういう意味では可哀想な気がします。


2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

最近のコメント

アイテム

  • 170614n (55)b.JPG
  • 170626n (33)b.JPG
  • 170619n (36)b.JPG
  • 170524n (5)b.JPG
  • 170703n (38)b.JPG
  • 170718n (53)b.JPG
  • 170620n (49)b.JPG
  • 170627n (23)b.JPG
  • 170706n (213)b.JPG
  • 170706n (201)b.JPG

タグクラウド

アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト