それほど珍しい種ではないんですが、発見すると何故か楽しくなります?


180613n (122)b.JPG

180511n (183)b.JPG

理由はカメノコハムシの仲間では体が大きいほうで、なんと言ってもまん丸い体形に透明に近い前胸背板と上翅でしょうか。
他に類を見ないですからね。
自分が行くフィールドには食草でありますヤブムラサキやムラサキシキブが多い為に生息数が多いんだと思われます。
イチモンジカメノコハムシ ハムシ科 カメノコハムシ亜科 体長は8mm前後。
久しぶりに大型の蛾を観察しました。
しばらくぶりだなーと調べると2012年以来でした。


180613n (12)b.JPG

カメラを向けると...嫌がって!

180613n (29).JPG

飛び立ったのはいいけれど、着地したのはすぐそばです。

2012年ごろまでは、かなり多くの個体を見ることが出来たのですが近年はさっぱり姿を見せてくれません。
どこでどうしていたのやら?
オオトモエ ヤガ科 シタバガ亜科 開翅は90mm前後。

ホソヒラタアブは成長過程で腹部の紋様などには変化があります。


180521n (18)b.JPG

180521n (10)b.JPG

この時の体長は7mmぐらいで、身体も細い。

別個体になりますが、ずいぶん違うなーと?

180613n (37)b.JPG

体長だけではなく体色にも変化があり全く別種に見えます。
この個体の体長は10mmを超えていた。

ホソヒラタアブ ハナアブ科
採集して調べたわけではないのですが、・・・・ほぼ間違いないと?

初夏になれば、


180605n (152)b.JPG

お天気が悪かったので冴えない画像となってしまいました。
ミズイロオナガシジミ シジミチョウ科


180613n (54)b.JPG

風雨と戦ってきたのでしょう、必死さが伝わってきます。
トラフシジミ シジミチョウ科

ががんぼ。

| コメント(0)
この季節はガガンボの仲間がよく観察されます。


180608n (80)b.JPG

180608n (78)b.JPG

キイロホソガガンボ ガガンボ科


180605n (126)b.JPG

ミスジガガンボ ヒメガガンボ科


昨夜からの雨はやみそうにもない。
・・・・梅雨ですからねー、仕方がない。

遊歩道の擬木手すりで雨宿り。

180525n (15)b.JPG

ヒカゲチョウ タテハチョウ科 開帳が60mmにもなる大型のチョウであります。

昨夜数度の揺れを感じ・・・・気持ちが悪いったらありゃしない!
幾度となく経験しても慣れることはない。
この後何事もなく収まってくれればいいのだが。
今朝8時前、食卓で新聞を読んでいたらグラグラっと来た!
ぼんやりと冷蔵庫が縦に動いているように見えたのは気のせいだったか?
ネットを見ようと机に向かうと?・・・机の引き出しが飛び出していた。
・・・結構な揺れでした。



180601n (11)b.JPG

180601n (21)b.JPG

タケノクロホソバ マダラガ科 クロマダラ亜科

ひらひらと飛んでいる姿は美しい。

180613n (7)b.JPG

180613n (108)b.JPG

ホタルガ マダラガ科 ホタルが亜科

色彩の美しい蛾であります。


180601n (29)b.JPG

180601n (24)b.JPG

クビワウスグロホソバ ヒトリガ科 コケガ亜科

同じ科、同じ亜科です。

180601n (46)b.JPG

180601n (48)b.JPG

色彩には欠けますが、
キマエホソバ ヒトリガ科 コケガ亜科

もともと九州地方にしか見られなかったカメムシですが、近年は関東地方など北へ北へと急速に分布を広げているようです。
ただ、山の中よりも街中で見つかることが多いように思います。



180523o (1)b.JPG

180523o (4)b.JPG

キマダラカメムシ カメムシ科 体長は20mmを優に超えます。

似ていると云えば似ている?

180514n (136)b.JPG

ただ、体長は18mmぐらいと小さい。
クサギカメムシ カメムシ科

沢の水を利用した山の中のため池は絶好のトンボ池となっていたのですが、4~5年も前ぐらいからウシガエルの鳴き声が聞こえるようになっていました。
ウシガエルにヤゴが食われているんだろうと思われますが、一昨年辺りから優雅に飛び交うトンボたちの姿がすっかり見かけなくなってしまいました。

目立って姿を消してしまったはコシアキトンボですが、なんと一頭のメスが確認できたのです。


180608n (43)b.JPG

頼りなく笹にしがみつく姿を確認しました。
コシアキトンボの♀ トンボ科

その他のトンボの仲間も、この池の周りでは見かけなくなってしまいました。
再生する日がくればいいのですが。

以下は別の沢付近で撮ったものです。

180608n (75)b.JPG

180608n (71)b.JPG

180605n (8)b.JPG

アサヒナカワトンボ カワトンボ科

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

最近のコメント

アイテム

  • 180511n (183)b.JPG
  • 180613n (122)b.JPG
  • 180613n (29).JPG
  • 180613n (12)b.JPG
  • 180613n (37)b.JPG
  • 180521n (10)b.JPG
  • 180521n (18)b.JPG
  • 180613n (54)b.JPG
  • 180605n (152)b.JPG
  • 180605n (126)b.JPG

タグクラウド

アーカイブ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト