カメムシ目の仲間。

| コメント(0)

いやー、昨夜はよく降りました。

フィールドの小さな沢も、普段は多くの水を蓄えていないのですが、

あれだけ降れば、豹変したように流れ、小さな堰堤では流れる音さえ凄さを覚えました。

さてさて、本日はおっちゃんのカメラではかなりの無理がある、小さな昆虫です。

・・・っと言う事で、ボケボケ写真にはご了承をください。

▼ アワフキムシの巣?

夏休みに入った子供たちから、時々質問があるこの泡? さて何だろう?

090528 007b.JPG

090601 059b.JPG

おっちゃんも子供ころ、不思議の一つでした。

大人たちに聞くと、ホタルの幼虫が入っているとか?嘘を教えられた事を思い出します。

この泡は、アワフキムシの幼虫が自分の排せつ物を利用して、身を守るために作るそうです。

中には1頭のものや数頭が入っている事があります。

▼ コガシラアワフキ  カメムシ目 コガシラアワフキムシ科。

アワフキムシの仲間は日本で100種にも及ぶそうですが、未だに判っていない事も多いそうです。

コガシラアワフキムシ科にはこの種しか図鑑では見る事が出来ません。

コガシラアワフキムシはアワフキムシの近縁種とされています。  ややこしいな。

要はアワフキムシ科とコガシラアワフキムシ科はベツモンと言う事やな。

090616 032b.JPG

したがって、上の巣は誰のものかは解りません。

090616 033b.JPG

090616 034b.JPG

090616 036b.JPG

体長は8mmぐらいでした。  目ん玉は2個の単眼です。

▼ オビマルツノゼミ  カメムシ目 ツノゼミ科。 

体長は6mm程度でした。 目ん玉は複眼と単眼があるそうです。(複眼の間に単眼がある)

ツノゼミと言う虫には興味を持っているのですが、何せこの小さい虫です。

画像にするのも大変なら、探すのも大変なのであります。

090523 071b.JPG

090523 075b.JPG

▼ トビイロツノゼミ  カメムシ目 ツノゼミ科。

上よりまだ小さく思いました。 図鑑での体長は5~6mmとされています。

090606 032b.JPG

あ~~、限度です、目ん玉がかろうじて解る程度ですね。  残念というより仕方ないが本音。

 

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2009年8月 2日 16:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「翅の紋様が面白い蛾です。」です。

次のブログ記事は「今日もカメムシ目の仲間です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト