地味な色合いと美しく輝く、対照的な甲虫。

| コメント(0)

時折、ヒグラシが思い出したように泣いているかと思えば、5日ほど前からモズが高鳴きを始めました。

晩夏と初秋の中途半端な時期を否が応でも感じさせられます。

そう言えば、今年はヒグラシの鳴き声を聞いていません? 隔年性があるのかな?

いまどきの陽気では、どうしてもマイナスに考えがちになります。 

ちょこっとでもプラス要因はないものか。 探したくもなります。

 

昨日、コゲラが樹を穿っていた根元あたりで見つけた残骸。

翅と胴体、頭との距離はわずか20cmほどでした。

誰が襲ったのかな?

 樹の上ほどで襲われたならば、これほど近くで全体を見つける事は不可能でしょう。

せっかく出会えたので、ご紹介を致しましょうね?

 

▼ ヤマトタマムシ

体は金緑色の光沢を放って、大変美しい昆虫。 それこそ、虫が嫌いな方でもご存知の昆虫です。

然し、最近では見る機会がないと言っていいほど少なくなっているようです。

先ほども書きましたように、死がいの写真です。 でも、これほど美しいのであります。

 

090912 (7)b.JPG

わずか20cm程度の場所から拾い集めました。

この様子からみれば、鳥に襲われたのでしょうね? 頭など固いところは残っているようです。

 

せっかくなので、顔の表情を!

 

090912 (9)b.JPG

090912 (10)b.JPG

090912 (11)b.JPG

活きているヤマトタマムシを、この手でつかみかったです。

 

▼ コフキコガネ

ひじょうに地味な甲虫です。

でも体長は30mmにもなり、大きいですよ!

 

090803 (9)b.JPG

 

体がでかい割には、小心者? すぐに手足を引っ込めて固まってしまいます。

 

090803 (10)b.JPG

090803 (11)b.JPG

 

最近ではあまり見る機会がなくなってきて寂しい限りです。

コフキに限らずですけどね?

 

 

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2009年9月22日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こげら」です。

次のブログ記事は「ハエの仲間ですけんね。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト