ごみむしだまし。

| コメント(0)

体調がすぐれないのと写真が撮れてないのが重なり更新をさぼってしまいました。

訪問をして下さった方には申し訳ないです。

 

さてフィールドにはアカマツやコナラ等の枯れ木が多くありますが、4日ほど前からその伐採が始りました。

今日行ってみると、綺麗に伐採されて後かたずけをするだけになっています。

 

もう15年ぐらいはこの山に通っていますが、これまで2~3度の伐採でかなり変容を遂げてしまいました。

その頃フィールドへ入る道は地道で道幅は狭く凹凸が激しいので車はあまり見かけませんでした。

 

それが道幅は広がり舗装され、そこへGPSを積んだ車が入るようになってからは荒れだしました。

行楽シーズンなどの土曜日や祝日はBBQをする人たちで賑わい、あくる日はゴミの山です。

 

慣れた人でしょうか?生ごみを穴を掘って埋めているんですよ!

ここには野生の動物たちが暮らしています、その場所は数日経つと穴ぼこだらけとなります。

 

 

さて、気を取り直してゴミムシダマシです。 (昨秋に撮った画像です。)

 

そのフィールドでアカマツの枯れ木の樹皮が剥がれ落ちていたのを見て、浮いている樹皮を捲ってみたのです。

20cmぐらいの大きさを捲ったのですが、甲虫類が多く見られました。

 

 

 

▼ ルリゴミムシダマシ

体長は15mmぐらいでした。

 

 

 

091030 (15)b.JPG

 

 

 

 

091030 (10)b.JPG

 

 

 

 

091030 (12)b.JPG

 

 

 

 

091030 (13)b.JPG

 

 

 

▼ ユミアシゴミムシダマシ

体長25mmぐらい。 一見した時は上のルリと同じだと思ったぐらい似ていました。

 

 

 

091030 (5)b.JPG

 

 

 

 

091030 (2)b.JPG

 

 

 

 

似ていると言ったって、大きさも違うし背板の色つやにも違いがあるからね判らなければおかしいね。

 

 

 

▼ ナガニジゴミムシダマシ

体長10mm位、前胸背板の赤紫色が美しいです。

 

 

 

 

091029 (21)b.JPG

 

 

 

 

上にはオオトビサシガメ(25mm位)が控えていました。

 

さて、元へ戻って伐採された樹木が少しでもフィールドへ残るといいのですが・・・・?

朽木には沢山の虫たちが集まってくるので処分しないでほしいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2010年2月12日 15:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ギシギシとスイバ。」です。

次のブログ記事は「ヒメシャチホコの幼虫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト