ラクダムシ

| コメント(6)

一転して、今日は肌寒い。 おまけに又雨が・・・・・。

 

昨日フィールドで変な奴を見つけたんです。

何やろな?

ヘビトンボではなさそう?

で・もって調べる事に。

どこから調べたらいいのかな?

とりあえず、カゲロウかトビケラあたりから探す事に。

 

時間はかかったものの見つける事が出来ました。

 

何と! ラクダムシ目 ラクダムシ科。

しかも、この一頭だけの目と科なのであります。

 

 

 

100525 (47)b.JPG

 

 

 

100525 (37)b.JPG

 

 

 

詳しい生態など図鑑にも出ておらず? とにかく ラクダムシ なのであります。

メスなのか産卵管のような器官が見えます。

ヒメバチのような寄生をするのか、それとも樹皮等へ産卵するためのものなのか。

とりあえず判らんことばかりです。

そうや、名前の由来も判らんもんね。

 

どなたか教えて下さい。  よろしくです。

 

 

 

 

コメント(6)

ラクダムシ、、初めて知りました。
気になったのでちょっと調べつつ。

ラクダムシ目、、
以前はアミメカゲロウ目であったのが、
近年、新しい分類で独立したんでしょうか。

名前の由来は学名から??
http://www.fsm.affrc.go.jp/Old/joho-photo-61-80/079photo4.html

完全変態なのに、不完全変態のようであったり。

知らない虫の名を、ひとつ知りました。
ありがとうございます。

たけさん、こんばんは。

たけさんのネット環境の利用はいいですね。
おっちゃんなどは利用方法が下手なのか検索だけではダメです。
ラクダのネーミングも面白く読みました。

只、う~んと唸るだけ?
アドレスをお気に入りに入れて勉強します。
珍虫奇虫なんて言葉も面白いです。

おっちゃんが調べたのは平成20年新訂版初版発行の原色昆虫図鑑 第Ⅲ巻です。(北隆館)
なので新しい情報かと思っています。

どうもでした~。
ラクダムシは以前他所のブログで話題になって
調べたことがあります。
http://blog.zaq.ne.jp/insect/article/192/
こちらはフランス語の辞書からですが
ドイツ名と同じ方向のようですね。

学名については「Inocellia japonica」で
属名が「無単眼」,種小名「日本の」です。
ラクダムシ目は「Raphidioptera」で
無理に訳すと「針翅目」になります。
!?
こちらは調査中ということでお許しを…。

こんにちは♪(^.^)/ 
お久しぶりです!
ラクダムシ、見た事ないので、見てみたいです♪
松林に普通にいるのですか?(・_・")?

yyzz2さん、どうもです。

ラクダムシ面白いですね。

昆虫大図鑑のラクダムシ目の中にはキスジラクダムシ科と2科あります。

たけさんからもコメントをしてもらっていましたが、名前の由来は学名からきているんですね。

おっちゃんなどは時遅し?学名などは通り過ぎて行く人なので判らん筈です。
フランス語やドイツ語などを駆使されるとは、さすがyyzz2さんです。
又、情報を教えて下さい。

まゆみさん、ご無沙汰です。
ラクダムシ、おっちゃんも初めてみたのです。
他のブログを賑わしている事も少なく、あまり見られないのでは?
おっちゃんが見た場所は雑木林の林縁です。
アカマツがチラホラはありますが、松林ではありませんでした。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2010年5月26日 14:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ベッコウハナアブ」です。

次のブログ記事は「セアカツノカメムシ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト