セスジスズメのその後。

| コメント(3)

食草が少なくなり、お隣のインパーチェンスをあてにしてたのですが、あて外れ!

仕方なく放置していたのですが、生き物って素晴らしいですよ!

 

本来の食草とは思えない植物の葉っぱを食べ始めたのです。

真にうれしい瞬間でした。

 

 

 

100903a (5)b.JPG

 

 

 

上の画像はカラーの葉っぱを食いつくした後です。  何故か茎だけは残しているようです。

この時、すでに姿は見えなくなっていました。

何所へ行ったのかと思って辺りを見回すと、何と近くにある鉢植えの木本に移っていたのです。

 

 

 

100902b (2)b.JPG

 

 

 

この時は新芽だけを選んで食べているようでした。

 

 

 

100903a b.JPG

 

 

 

何と、次回に見つけた時には体色にも変化があり、随分大きくなっていました。

今日も、確認をしましたがマタマタ大きく成長をしているんです。

 

 

 

100903b (2)b.JPG

 

 

 

実はこの植物の名前は知らないのであります。

7~8年ぐらい前から鉢植えで育っているんですけどね。

 

葉っぱはこんな感じで、蔓性です。

冬には葉っぱは落ちて春に新芽が吹きます。  当然木本ですよね。

 

食草として適当なのかは判りませんが、幼虫と言うのはひもじくなれば何でも食うのですね。

そりゃー、人もそうですから。

何だか惨めになってきそうです...・・。

 

 

 

 

 

コメント(3)

おっちゃんさん、こんばんは。

多分、ブドウ科の、パーセノシッサス・シュガーパインか、
それに近い、ブドウ科の植物ではないでしょうか。
セスジのよくいるヤブカラシもブドウ科で、なんか近い感じがするんです。
違っていたらすみません。自信無し。

しかし、食草があって良かったですね。

たけさん、いらしゃいませ。

ブドウ科の植物ですか。
今日気がついたのですが、直径4㎜位の小さな実がついていました。

いずれにしても食べ物があってよかったです。
教えて頂いてありがとう。
パーセノシッサス・シュガーパイン、後で検索してみます。

たけさん、検索をして見ました。

これで間違ないないですよ。
自分は園芸植物には全く疎いもんで・・・、これいい訳です。

検索結果の画像のように優雅な姿はしていませんが、(手入れをしないもんで)葉っぱは同じでした。

我が家のパーセノシッサス・シュガーパインは朝顔の様な仕立て?いや、ホッタラカシ仕立てなので。
伸び放題です。
今年の秋には植え替えをしてやらないとダメですね。
今もすくすくと育っています。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2010年9月 5日 21:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昨日の続き・・・・ではありません?」です。

次のブログ記事は「シロモンフサヤガの幼虫。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト