シロモンフサヤガの幼虫。

| コメント(0)

今朝のフィールドでは驚く事が幾度か!

いつも行く渓流沿い、雨が無い状態なので堰堤の上は沼になっています。

その沼は1~1.5m位の草が生い茂っているんです。

虫を探しながらゆっくりと上流の方へ歩いていたその時!ガサガサと草が揺れたかと思ったら、

何とイノシシが飛び出して山へ逃げ込んで行ったのです。

 

多分、相手はおっちゃんが近づいて来るのを知っていたんでしょうけど、ぎりぎりまで辛抱をして飛び出したんだと思いますが、こっちは おっかなびっくり 驚いたの何のって!!!

 

気を取り戻して、別の林縁へ行った時には ウズラに似た鶏みたいな奴、チョットコイって?

え~、何と言う鳥だったか? 

あぁーそうでした、コジュケイがいきなり喧嘩を始めたんです。

 

静かな場所なのにいきなり、バサバサって飛び出した時には本当に驚きます。

オス同士なのでしょうね、おっちゃんがいるにも関わらず、縄張り争いなのかすごい剣幕で鳴きあいを始めたんです。

さ~、10分ぐらいは鳴きやまなかったですよ。

 

写真を撮ってやろうと藪の中を見るんですが、ちらちらと見える程度です。

 

その後は久しぶりにアオゲラが出していると思われるドラミングを聞く事が出来ました。

 

前置きが長くなりました。

 

今日は幼虫を。

 

▼ シロモンフサヤガ

この幼虫を見つけたのは8月22日、いろいろと調べたのですが、結局は判らずでした。

仕方なく、むし探検広場 の園長さんにお聞きする事にしました。

その結果、判った次第です。

 

 

 

100822a (10)b.JPG

 

 

 

この変な格好!初めて見ましたよ! シロモンフサヤガにとって、これ普通の姿だそうです。

 

 

 

100822a (8)b.JPG

 

 

 

結構大きかったです、30mmはあったかと思います。

 

 

 

100822a (14)b.JPG

 

 

 

止まっていたのは、ハゼノキだと思いますが食痕は見られなかったので、たまたま移動途中だったのかもしれません。

 

 

▼ 謎の幼虫?

上の写真を撮った10日後にこの幼虫を見つけたのです。

たら~~りと糸にぶら下がっていたんです。

大きさは伸ばすと4~5mmもあるだろうか?

 

 

 

100904a (22)b.JPG

 

 

 

シロモンと姿形があまりにも似ているんで同種かなと思っていますが・・・・?

どうなんだろう、ご存知の人がおられましたら教えて下さいね。

 

 

まだ、幼虫が続きます。

▼ シャチホコガ の幼虫だと思うんですが?

コナラの葉っぱに来ていました。

 

 

 

100719 (23)b.JPG

 

 

 

 

100719 (24)b.JPG

 

 

 

 

100721 (24)b.JPG

 

 

 

何所かで見た様な気がするんですが、探しきれませんでした。

 

 

 

▼ オビグロスズメ ?

松の樹にいたんです。

 

 

 

100802 (39)b.JPG

 

 

 

 

100802 (42)b.JPG

 

 

 

同色で見つかりにくくしていますよ、 感心ですね。

他にも多くの幼虫が見られます。 

探しに出かけませんか?  後が大変だって?

 

 

 

 

 

 

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2010年9月 6日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セスジスズメのその後。」です。

次のブログ記事は「アカイロトリノフンダマシ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト