2010年12月アーカイブ

何だか訳のわからない年がようやく過ぎ去りましたが、今年こそはまともな政治を期待したいものです。

足の引っ張り合いはもう結構! しっかりとした国の為の政治を司ってほしいものです。

ニュースを見るたびにがっかりする日々はいい加減にしてほしい。

あ~~ぁ、どうなる事やら?

 

 

さて、おっちゃんの拙いブログに来て下さって有難うございます。

ブログを始めて、旧のブログから数えますと6年位になるのかな? 忘れてしまいました。

今年も自分なりに感じた、ネイチャーなニュースをお届けしたいと思っています。

そんな、ニュースにならないニュースですが、面白おかしくやって行きたいと思っています。

 

 

 

 

2011.01.blog.jpg

 

 

 

今年の目標は・・・もう少しカメラワークが上手くなるように勉強をしましょうです。

乞うご期待! とはいかないかな。

 

 

 

 

今日の「虫の顔」は ハラビロカマキリ ですが、やはり2度目の登場です。

カマキリと言うのは魅力のある被写体ですね。

見れば見るほどに興味深く、来季は充分に追いかけてみようと思っています。

 

今年の夏は猛暑のせいか、個体数が少なかったように思います。

いつもの年であれば9月頃には多く見られるのですが、ハリガネムシが誘う水辺のイベントも見る機会がなかったのです。

 

 

 

101019a (16)b.JPG

 

 

 

 

101019a (22)b.JPG

 

 

 

 

101019a (24)b.JPG

 

 

 

 

写真はもう少し上手になろうね! と言われそうです。

 

 

 

 

 

コカマキリ。

| コメント(0)

陽射しがあり暖かだったのに、にわかに寒空になってきました。

予報では年末年始には荒れ模様だそうですが、自然災害に見舞われない事を願うばかりです。

 

 

さて、本日の コカマキリ は2度目の登場です。

同じ顔ですみません! でも、オリジナルですよ。

 

 

 

100905a (16)b.JPG

 

 

 

 

100905a (31)b.JPG

 

 

 

 

100906a (16)b.JPG

 

 

 

小さな幼体でした。 まだ翅が出そろっていないようです。

目を見ていると目まいがしそうです。

 

 

 

 

 

午前中、陽射しがあったのでフィールドへ出かけてみました。

水面は薄く氷が張っています、鳥の鳴き声も聞こえない静けさでした。

少し奥へ入り込むとイノシシ用の罠なのか、鉄筋を組み合わせて作られた大きな籠の様なものを発見!

ちょっと悪戯をして、と言うより張り綱を触るとギロチン式のドアーが閉まってしまいました。

こんなの、人が来る場所に置くなんて危ないですよね!

設置した方には申し訳ないけれど、何だか嬉しい気持ちになったのは確かです。

 

 

さて、本日の「虫の顔」は コバネイナゴの幼体 です。

バッタ目 イナゴ科の 顔 はどれもよく似ていて顔だけでは判断がつきません。

当然体色などを見て決めています。

バッタ目の顔は、じっくりと見ると愛嬌があり愉快になります。

 

 

 

 

100822a (17)b.JPG

 

 

 

せっかく隠れているのに追いかけてこないで~!

 

 

 

100822a (20)b.JPG

 

 

 

愛嬌があると言うか、優しい顔ですね。

 

コバネイナゴは2度目の登場ですが、画像はすべてオリジナルです。

 

 

 

 

今年も今日が仕事納め、新年は11日が初出となる。

長い休みは嬉しいものの、さて何を楽しもうか? これが夏なら浮足立っているに違いない。

書架の整理を始めて一月あまり、随分隙はしたがこれも限界なり。

 

 

さて、今日の「虫の顔」は ヤマトシジミ です。

ちょっと、びっくりしたような・・・・?

 

 

 

100911a (46)b.JPG

 

 

 

そうだ、カメラ雑誌でも買ってきて、少しは勉強をしよう。

 

 

 

 

今日の「虫の顔」も、いよいよ在庫画像が少なくなってきました。

オンブバッタは2目の登場ですが、もちろんオリジナルです。

 

 

 

 

100925a (40)b.JPG

 

 

 

やはりピントが甘いです。

 

 

 

100924a (92)b.JPG

 

 

 

 

100924a (78)b.JPG

 

 

 

虫の顔の撮影を始めて、如何に絞りとピントの関係が大事なのか思い知らされました。

随分と勉強をしましたが、来季に生かせるだろうか?

 

 

 

 

クルマバッタ

| コメント(0)

夏の終わりごろから、「虫の顔」をカテゴリーに加えようと考えた為に俄然バッタ目が多くなりました。

よく似ているものや、全く違った表情の奴などがいます。

それぞれ個性があり楽しいです。

 

本日は クルマバッタの顔のお手入れです。

 

 

 

100920a (39)b.JPG

 

 

 

クルマバッタは野原にいると草ボケしてどこにいるのか判らない!

こんなカモフラージュがそうさせるようです。

 

 

 

100920a (36)b.JPG

 

 

 

写真撮るなら、ちょっと待って! 

 

 

 

100920a (37)b.JPG

 

 

 

こんな感じで、どう?

人には判らないだろうけど、バッタだって綺麗に映りたいよ!

 

そんな事言ったかどうかは判らないけれど・・・・・。

 

 

 

 

 

早いでものです、後10日余りで今年もお終い!

皆さんはこの正月には旅でもなさるのでしょうか。

自分は老老介護(犬ですが)で何所にも出かける事が出来ません。

せいぜい2時間程度の旅をしようかと・・・・・、とほほほ。

 

 

本日の「虫の顔」は アブラゼミの抜け殻です。

こんな正面からまじまじと見たのは初めてでした。

 

 

 

 

100911a (38)b.JPG

 

 

 

多くの毛が生えていますが、毛まで抜け殻になっていないと思いますけどね!

どうなんだろう?

 

 

 

 

今日の「虫の顔」は クロアナバチ です。

8月中旬ごろに掲載をしたのと似ていますが、この画像はオリジナルです。

 

 

 

100810 (8)b.JPG

 

 

 

いい顔してますね。

 

 

 

 

101119a (2)b.JPG

 

 

 

▼ トビが正しいのでしょうね。

子供の頃はトンビと呼んでいた事を記憶しています。

 

 

 

101127ab.JPG

 

 

 

 

101127a (2)b.JPG

 

 

 

そう言えば、三橋美智也さんの歌は、トンビがクルリと輪をかいて・・・でしたかね?

こんな風に自分の力でゆるりと空から眺めてみたいですが、足がすくんでダメだろうな!

 

 

 

 

 

 

 

ミズアブ。

| コメント(0)

本日の「虫の顔」はミズアブの一種です。

 

やんちゃ坊主のような顔つきがいいです。

 

 

 

100907a (71)b.JPG

 

 

 

この画像、目ん玉だけでは画にならないですよね。

想像するに、髯と触角がなければ怖いような?

髯と触角がポイントになっていい感じを出しています。

 

 

 

 

今日も一段と寒い!

 

さて、今日もバッタ目の 「虫の顔」です。

4枚の写真はすべて別個体です。

 

 

 

101014a (3)b.JPG

 

 

 

一枚目からいきなり強烈な写真ですが。

産卵管を突き立てている場所は?・・・・・実は公園に設置している擬木なんです。

凄く気張って刺し込もうとしているのですが・・・・無理ですよ!

 

 

 

100917a (30)b.JPG

 

 

 

普段はこの様なのんきな顔をしているんだけどね。

 

 

 

100928a (15)b.JPG

 

 

 

おっと! おっちゃんにびっくりしたのかな?

 

 

 

101001a (25)b.JPG

 

 

 

この種は髭がやたら長く、ひっこずって大変そうです。

それにしても情けななく見える表情です。

 

 

 

 

つちいなご。

| コメント(0)

昨夜からの冷え込みは本格的! 冬本番です。

 

さて、本日の「虫の顔」は ツチイナゴ幼体 の表情をお楽しみください。

 

 

 

100903a (67)b.JPG

 

 

 

何か用事でもあるの?

 

 

 

100903a (73)b.JPG

 

 

 

おまえは誰だ?

 

 

 

100907a (48)b.JPG

 

 

 

ポーズをとって! こんなのでいいかな?

 

 

 

100903a (62)b.JPG

 

 

 

どれも同じ筈なのに、表情として見れば少しづつ違っているのが面白いです。

9月上旬ごろの撮影でした。

 

 

 

 

あきあかね。

| コメント(0)

本日の「虫の顔」は 10月に撮影をした アキアカネ です。

 

撮り進める内に気づいたのですが、その種により変化が面白いのや、何だか飽きそうなのもあるのが判りました。

レンズの引き具合によっても見た目も随分変化するものです。

 

 

 

 

101007a (11)b.JPG

 

 

 

ここまで近づくと面白いのだけれど、ちょっとね・・・・?

 

 

 

101013a (44)b.JPG

 

 

 

やはり、このほうがトンボらしい。

でも、カテゴリーは「虫の顔」。 その意味では上の写真が真っ当なのかもしれませんね。

見る人によって、それはそれなりに面白く捉えてもらえるかも知れません。

 

 

 

12月も半ばにもなると、さすがに朝晩は冷え込みますね。

今日は曇天で風があるので尚更です。

 

 

そう言えば、今日の「虫の顔」は一月前まではいっぱいいたような?

季節の移り変わりと言うのは早いです。

 

 

 

101029a (6)b.JPG

 

 

 

まじまじと見た事がなかったのですが、よく見ると全体が楕円形のせいかひょうきんな顔立ちです。

 

 

 

 

 

ヒゲ親爺。

| コメント(0)

今日の 虫の顔 は怪しいヒゲ親爺?

サングラスが如何にも怪しいのですが、長いヒゲが愛嬌です。

 

あの、暑かった日 ぴぃや~ん、ぶぉ~ん、びぇや~ん、とうるさかった事を思い出します。

 

 

 

100819 (71)b.JPG

 

 

 

ふむ、ふむ、何かえ? 怪しい御隠居様だって。

違うよ、おいらは シオヤアブってんだ!

 

 

 

 

今日の画像はちょっと古いのですが、ご容赦を。

6月に撮ったヒメグモ、種まで確認が出来ませんでした。

バラギヒメグモかなっと思われるものの、判らない?

 

 

 

100602 (34)b.JPG

 

 

 

 

100602 (30)b.JPG

 

 

 

見れば見るほど判らくなります。

所詮絵合わせでは無理があるんですね。

こんな風な不明種が在庫を増やす原因となっています。

捨てるべきか、悩んだ末の掲載でした。

 

 

 

 

今日はかみさんの付き合いで出かけていました。

人混みってのは好きではないのですが、たまに行くと何だか見た事がない物に目がいきます。

ま~~、いろいろあるもんですね! 

新鮮さを思うのですが、欲しいとは思わない?

だって、くだらんのもあるよ! どうすんのこんなものって?

やっぱり年を散れば、興味などの範囲が狭まるのかな。 

それだけでは無いと思うんだけどね?

 

 

さて、本日も カマキリ つづきです。

 

 

▼ チョウセンカマキリ と思われる個体です。

どこが違うのって?言われればどう説明がつくのか心配です。

 

 

 

 

100928a (32)b.JPG

 

 

 

 

100928a (35)b.JPG

 

 

 

体色などの条件を加味して判断をしました。

合ってると思うんだけどな~~?

 

 

 

 

カマキリ。

| コメント(0)

先ほどから冷たい雨が降り出しました。

いやだなー、 出かけなければならないのに。

 

 

さて、本日も 「虫の顔」 で、大本の カマキリ です。

種によって、体色やデザインが違っています。

然しながら、顔だけでは同定なんて出来ないです。

 

 

 

101016a (51)b.JPG

 

 

 

 

101016a (59)b.JPG

 

 

 

この様な色も中々いいもんですね。

しぶいと言うか、おとなの色だ。

 

 

 

 

12月に入ったと思ったら、もう10日です。

何でもない日を過ごしているんだけど、師走と言うだけでせわしないような・・・・?

 

 

さて本日の「虫の顔」は カマキリ つながりとなりますが、 はらびろかまきり です。

 

 

 

 

101019a (2)b.JPG

 

 

 

何とも好奇心が強そうな目をしています。

おまえは誰だって、聞かれているような?

 

 

 

101019a (8)b.JPG

 

 

 

愛嬌たっぷりに見えます?

 

 

 

101019a (10)b.JPG

 

 

 

 

でも、この画像ではちょっと怖いようで、近寄りがたい雰囲気があります。

写真って写し方によって随分雰囲気が変わるもんです。

 

 

 

 

 

 

7日には大雪が過ぎ、七十二候では「空寒く冬となる」とあります。

今日9日には、まさに冬空その通りになってきたようです。

 

この寒空に オオカマキリ はないよと言われそうですが、「虫の顔」シリーズです。

ご勘弁を!

 

 

暑かった夏の日、涼やかなこの顔を見て下さい。

 

 

 

 

100915a (35)b.JPG

 

 

 

 

100915a (34)b.JPG

 

 

 

 

100915a (31)b.JPG

 

 

 

カマキリの眼ってこんなに綺麗だったのですね。

でも、これは昼間の眼の色で夜になると緑色の部分が黒くなるんです。

??、なんで夜にサングラスが必要なの?

カマキリは動くものしか見えないと聞きますが、何か関係をしているのかも知れないですね。

 

 

 

 

最近、新聞などで 肺炎球菌ワクチン の事がよく報道されています。

65歳を過ぎたら 接種した方がいいとの事。

最近までは一生に一度しか受ける事が出来なかったのが改善されたそうです。

さっそく、予約をして接種をすませました。

 

昔の予防接種を思い出しています。 

接種後はたいそうな事はないですが赤く腫れて痛みがあります。

接種済みステッカーが公布されて、金額は8.000円也、3種類の肺炎が予防できるそうです。

転ばぬ先の杖と言うところでしょうか。

 

 

さて、本日の 虫の顔 ですが、誰だと思われますか?

 

 

 

 

101007a (36)b.JPG

 

 

 

眼の前にあんなに毛の束があったとは、口吻を巻いていると歯のように見えるのも面白いです。

ご存知、ツマグロヒョウモン でした。

 

 

 

101007a (29)b.JPG

 

 

 

それにしても大きな目で、毛深い奴です。

もう少し、真横から撮れば面白かったかもしれないです。

勉強、勉強!

 

 

 

 

昨日とは一転して風邪もあり、寒いです。

これが本当なんだろうけどね。

 

 

本日の 虫の顔 はイボバッタの登場です。

 

 

 

100906a (51)b.JPG

 

 

 

地中から掘り出した ミイラ の如くです。

虫と言うのは如何にして外敵から身を守るの図を見ました。

これじゃ、地表に止まっていても判らない筈ですね。

 

 

 

 

 

ワカバグモ。

| コメント(0)

何と、暖かい日なんだろう。

気温は18℃もあるんではないだろうか。

これを幸いに車を洗う事に、半年に一度のご奉公です。  正月用かな?

 

 

さて、本日のワカバグモは幼体と成体です。

 

 

 

100903ab.JPG

 

 

 

幼体は全体が若葉色、成体になると頭部や前脚が赤褐色に変化するそうです。

 

 

 

100924a (13)b.JPG

 

 

 

この個体は成体に近づきつつあるのか、頭部などに変化は見られないです。

体色には変異が多いようなので、成体と言ってもいいかと思います。

2枚は別個体ですが、どちらも♂です。

 

 

 

 

行楽シーズンの小春日和、外が気持ちいいです。

紅葉から落葉の季節です。

落ち葉の絨毯を踏みしめる楽しさは言い難い物がありますね。

 

さて、本日は久しぶりの クモ です。

沢沿いの草が生い茂っている葉っぱの上でのんびりと獲物を待っています。

 

 

 

101029a (11)b.JPG

 

 

 

以前にスジアカハシリグモを見つけた場所! ん?

あれはイオウイロハシリグモのスジボケ型だったのかな。 

きっとそうかも知れません。

 

ワタシャ、専門家じゃありませんからね。

間違ってもくよくよしない。  とほほほ。

 

 

 

 

 

100913a (44)b.JPG

 

 

 

 

多くを語らない方がいいかも知れませんね。

 

ゲゲゲのねずみ男を演じてくれたのは ショウリョウバッタ でした。

 

 

 

 

今日は妙なお天気です。

昨夜は寝苦しいぐらい暑いかと感じたのですが、皆さんは如何でしたか。

今朝も暖かく、少し風が強かったです。

午後よりフィールドへ行ったのですが、急に風が強くなり雨まで降る始末!

車から出る事なく、そそくさと帰ってきました。

 

今も日射しはあるんですが、風が強そうです。

 

 

そんな事で本日は 虫の顔 オンブバッタです。

 

 

 

100924a (71)b.JPG

 

 

 

 

100909a (40)b.JPG

 

 

 

 

100924a (74)b.JPG

 

 

 

いつの間にか12月に入ってしまいました。

そろそろ、年賀状の準備しなくては! 今年はどうしようかなんて悩むのも楽しみ?

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も暖かです。

でも、ちょっと不思議な光景が!

 

 

 

▼ ベニシジミ

ベニシジミって越冬するんでしたかね?

そうか、温暖化が進んでいるからね。 今頃見たのは初めてです。

 

 

 

 

101201a (33)b.JPG

 

 

 

この画像では春型の様な色合いです?

 

 

 

101201a (36)b.JPG

 

 

 

 

101201a (70)b.JPG

 

 

 

まさか、羽化したとは考えにくいですが、数頭が飛び交っていました。

 

 

 

▼ ウラギンシジミ ♀

中々、写真を撮らせてくれないチョウですが、今日ばかりは翅を休ませていたのかゆるりと撮る事が出来ました。

 

 

 

101201a (49)b.JPG

 

 

 

 

101201a (47)b.JPG

 

 

 

 

101201a (58)b.JPG

 

 

 

明日は何が見られるだろう、楽しみです。

 

 

 

 

 

10時ごろより気温が上がり、暖かなのでチョウが見られるだろうとフィールドへ出かけました。

 

いましたよ! いるんだけど越冬チョウと言うのは落ち着かない飛び方なので追っ掛けるのが大変。

やっと止まってくれたと思いきや! 自然に溶け込むかのように、どこに止まったの?って。

いったん目を離すと何所にいるのか判らなくなります。

しかも、枯葉に止まられたら全く判らないのであります。

 

 

 

▼ キタテハ

 

 

 

101127a (4)b.JPG

 

 

 

▼ ツマグロヒョウモン ♀

 

 

 

101201a (4)b.JPG

 

 

 

 

▼ キチョウ

このチョウは判りやすいですが、なかなか止まってくれないの!

 

 

 

101201a (7)b.JPG

 

 

 

 

101201a (20)b.JPG

 

 

 

 

久しぶりに虫と出会えて写真を撮る事が出来ました。

こんな日の夜は一杯が旨いんです。

 

いや!別の話になるんですけどね。

知り合いのご主人は、飲むには飲むんだけどあまり飲まないの。

当然の事、お酒の買い置きはしてないのです。

奥さんは結構な酒豪?でね、自動販売機の前でワンカップを買ってね、グイーと飲んでしまわれるのです。

ご主人にも目撃されていて、家で飲めって言われているらしいのだけれど、邪魔くさいからって!

 

それがね、いい写真になりそうなので撮ろうと思うのだけれど・・・・・・・!

本当に味のある奥さんなのです。 でも写真を撮ったら おっさん になってしまう?

ブログに張ってやろうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト