2011年2月アーカイブ

暖かくなりましたね、春そのもです。

ま。。もう一度寒の戻りはあるらしいですがね。

 

昨日のフィールドではウワミズザクラの新芽が膨らんで、今にも葉っぱが躍り出てきそうです。

 

 

 

 

110227a (21)b.JPG

 

 

 

 

110227a (29)b.JPG

 

 

 

 

今日の雨、新緑に備えて恵みとなるんでしょう。

枯れた身体にいっぱい水を吸い込んで、思いっきり芽吹く準備の始まりです。

 

 

 

110225a (10)b.JPG

 

 

 

 

110225a (13)b.JPG

 

 

 

何だか、ウキウキしてきます。

 

 

 

 

生温かいと感じるほど暖かです。

夕刻より空模様が怪しくなってきました。

どうも雨のようです。

 

今日は少し風が強いようです。

だけど、風が当たりにくい日だまりに行くとミツバチやアブなどが飛び交っています。

意外なほど数がいたのにはびっくりでした。

 

 

 

 

110225a (31)b.JPG

 

 

 

 

110225a (34)b.JPG

 

 

 

 

110225a (51)b.JPG

 

 

 

 

110225a (56)b.JPG

 

 

 

 

110225a (58)b.JPG

 

 

 

脚には花粉団子をしっかりとため込んでいます。

オオイヌノフグリのような小さな花からでも沢山の蜜や花粉を集める事が出来るんですね。

 

 

 

 

 

今日は何かを見つけたいと エノキ の観察に行く事にしました。

この辺りだとゴマダラチョウがいるんですが、上手くいけばオオムラサキの幼虫も見つけられるかと?

そうは問屋は卸してくれませんでした。

 

でもね、ゴマダラチョウの小さな越冬幼虫を発見できたのであります。

 

 

 

 

110223a (8)b.JPG

 

 

 

どこにいるかお判りになりますか?

樹皮と同じ色でカモフラージュ、これでは鳥にも見つかりにくいかな。

 

 

 

110223a (11)b.JPG

 

 

 

体調は1cmあまりです。

ちゃんとゴマダラチョウだと判る姿になっています。

 

 

 

110223a (15)b.JPG

 

 

 

あまり詳しい事は知らないのだけれど、これで2~3齢なのかな?

下草に交じって落ちている枯葉も探してみたけれど、他には見つける事が出来ませんでした。

そう言えばこの場所には枯葉が少なかったなー?

風が強い日にでも飛ばされてしまったのか。

 

 

 

 

キタテハ。

| コメント(0)

これだけ暖かいと越冬チョウが出て来るはず?

そんな事を思い、山のフィールドへ出かけてみましたが何の沙汰もなし。

仕方なく、木津川周辺のフィールドへ移動。

ここも静かです。 

しばらくは雀が騒いでいるのを眺めていたのですが、背後からチョウが横切り目の前に止まってくれたのであります。

 

 

 

110223a (4)b.JPG

 

 

 

 

110223a (7)b.JPG

 

 

 

スレもあまりなく美しい越冬個体です。

ようやく見つけた越冬チョウ、嬉しくて万歳三唱。(心の中でね)

間もなくテングやウラギンなどが姿を現してくれる事でしょう。

 

 

 

 

 

春だよ~。

 

 

 

 

100915a (47)b.JPG

 

 

 

出番が待ちどうしいね。

 

 

 

100915a (52)b.JPG

 

 

 

 

 

今日は暖かですね、肌寒さもと遠のいて春の陽気です。

 

今日のフィールドは静かでした、鳥の鳴き声もあまり聞こえずで時折り猛禽類が空を飛んでいたのが見えたぐらいです。

ゆったりと飛んでいるようでも写真を撮るまでには至りません。

 

さて本日の鳥ですが、合ってるかな?

先ずは草地で獲物を物色中の ホオアカ 。 あまり自信はありません。

 

 

 

 

110217a (4)b.JPG

 

 

 

 

110221ab.JPG

 

 

 

写真だから見えてるようだけど、目を凝らさないと何所にいるか判らないほどの保護色です。

 

さて、下の画像ですが、

葉っぱの枯れた雑木の近くを歩いていた時にすぐ近くで鳴き声が聞こえるんです。

目を凝らして探せども一向に見つける事が出来ません。

意地になり見つけてやろうと10分ぐらい粘ってようやく撮った写真です。

 

 

 

110221a (3)b.JPG

 

 

 

手が届きそうな場所にいるんですが、見つける事が出来ないなんて すご~い ですね。

それほど近づいても鳴き声は止まず透き通った声が聞こえるんです。

見透かされているんでしょうね。

 

 

 

 

 

昨夜から今朝までに250本にも及ぶスパムが入っています。

嫌なんですが、しばらくの間コメント欄を閉鎖いたしますのでご了承ください。

お知らせ。

| コメント(0)

いつもコメントを頂き有難うございます。

 

最近スパム投稿が多くなっています。

その為、コメント欄は承認後の表示に変更させていただきますのでご了承ください。

 

よろしくお願いを致します。

    おっちゃん

 

昨夜の雨はよく降りました。

草木にとっては恵みとなったのでしょうね、新緑が待ち遠しいです。

それにしても今日は風が強いですね、春一番を思わせるほどです。

 

 

 

本日の画像は昨日の続きとなります。

オオイヌノフグリを撮っていて ホソヒラタアブ を見つけたのです。

かがみこんで観察をしていなかったら見つける事は出来なかったと思います。

 

どこにでも咲いていて、なんて事がない花ですが好きな花のひとつです。

 

 

 

 

110217a (17)b.JPG

 

 

 

 

110217a (20)b.JPG

 

 

 

 

110217a (21)b.JPG

 

 

 

前回よりも上手く撮れたかなって思っているんですが・・・・・。

 

 

 

 

天候は下り坂らしいですが、暖かで穏やかな日です。

被写体が少ない中、オオイヌノフグリを眺めていたその時、何やら動くものを発見!

弱々しく飛んでいたのは暖かさに誘われて出てきたハナアブの仲間です。

今年初めて ホソヒラタアブ が姿を見せてくれました。

周りには何も確認できません。 これ一匹のみでした。

 

 

 

 

110217a (26)b.JPG

 

 

 

 

110217a (23)b.JPG

 

 

 

 

110217a (24)b.JPG

 

 

 

この写真を撮った後、すぐに姿が見えなくなりました。

枯葉などの下へ潜り込んだのでしょう。

出え会えたのは運が良かったのかもしれません。

 

春が確実に近づいていることを実感したのであります。

 

 

 

 

今朝は寒かったのですね、風呂の窓が凍りついて開けにくかったです。

その割には午後からは春らしい日和になってきました。

これから暫くは三寒四温を繰り返して奈良のお水取りが終わる頃には本格的に春がやってくるのでしょう。

 

本日も相も変わらず在庫画像からです。

昨年の秋の始まり頃に撮った オナガグモ です。

いつもの失敗作です。

いつ見てもへたくそなのが情けない!

 

一見、松葉が引っかかっているかのようですがれっきとしたクモなのであります。

 

 

 

 

101023ab.JPG

 

 

 

 

101016a (120)b.JPG

 

 

 

 

101023a (3)b.JPG

 

 

 

このクモ、クモを襲うクモです。

こんなにか細い体で根性のある奴です。

襲い方も他人の巣に入り込んで襲うんだからひどい奴です。

  ↑

これ、思い違いでした。

他人の巣へ入り込む奴は チリイソウロウグモ でした。

こ奴は自分の網へ入り込んできたのを襲います。

そらさん、ご指摘ありがとうございました。 おおきに。

 

 

 

 

 

 

相も変わらず、年度末になれば道路工事が多いですね。

今日、近隣県まで出かけたのですが、工事の為に片側車線しか通れない場所が何か所もあり渋滞している場所が多かったです。

 

 

今朝は小雨が降っていたのですが、2時半ごろより雪に変わりました。

牡丹雪なので積もる事はないと思いますが、びちょびちょ感が嫌です。

 

 

さて、いよいよ在庫がなくなってきました。

ちょっとボケた写真ですが(いつもですって!)ご辛抱を。

昨年の5月に撮った ウロコアシナガグモの♀ です。

 

 

 

100622b.JPG

 

 

 

このクモ、小さい上に葉っぱと同色なので見つけにくいです。

横にある白い物体は卵のうだと思います。

メスは偉いですね、ちゃんと子グモを守っています。

 

 

 

 

 

昨夜から降り出した雪、今朝には雪景色となっていましたが、

お昼過ぎごろには止んで、もう解け始めて僅かに残るだけとなりました。

 

今夜から明日にかけてはどうなんだろう?

ちょっと期待をしているんです。 

・・・と言いますのは野生の動物たちの足跡が見たいと思っています。

やはり2~3日ぐらいのアドバンテージがないと我が周辺では見つける事が出来ないからです。

運が良ければ見つける事も出来るしょうけれどね。

 

 

 

さて、リアル画像がありませんので9月に撮影をした アシナガサラグモ の掲載でご勘弁を。

 

 

 

 

100914a (5)b.JPG

 

 

 

この様な雷パンツをはいた アシナガサラグモ は夏の里山では容易く見つける事が出来ます。

体調は5~6mmと言ったところでしょうか。

地表から近い場所で 皿網 を張っています。

 

 

 

 

朝方は陽射しもあり暖かでしたが、又寒空になってきました。

予報では寒の戻りがあるらしい。

今夜は鍋がいいね。

 

 

さて本日は日本では最小の キツツキの仲間の コゲラ です。

鳴き声は独特で ギューイ、ギー、と言ったように聞こえます。

 

 

 

110208a (53)b.JPG

 

 

 

 

110208a (67)b.JPG

 

 

 

 

110208a (72)b.JPG

 

 

 

 

110208a (90)b.JPG

 

 

 

 

110208a (91)b.JPG

 

 

 

観察をしていると樹皮を見る姿は面白いです。

上より下へ滑るように下りるかと思えば横っ跳びで移動、かと思えばするするっと上に登ります。

そして脳震盪を起こすのはないかと思わるほど、木を突き獲物探しが始まります。

 

これによく似たのに、赤い帽子をかぶったのがいます。

幾度か見ているんですが、コアカゲラ と言うそうです。

 

 

 

 

昨夜帰宅したのは8時ごろだったか、雨が落ち出した頃でした。

雨は久しぶりです。

乾燥した日が続くと、あまりよくない事ばかり。

風邪引きも嫌だけど、火事も怖いですよね。

まだ充分な雨の量とは言えません。

気を引き締めて、火の元には充分過ぎるぐらいの注意をはらおうね。

 

 

今日は目の前でお食事中の シジュウカラ です。

おっちゃんに気が付いている筈なんですが、一向に気にすることなく木を突いていました。

 

 

 

110208a (36)b.JPG

 

 

 

一応おっちゃんの方を確認しているみたいです。

 

 

 

110208a (37)b.JPG

 

 

 

何かを見つけたのか両足で挟んで突いています。

 

 

 

110208a (42)b.JPG

 

 

 

 

110208a (45)b.JPG

 

 

 

 

110208a (47)b.JPG

 

 

 

もうこうなれば一生懸命で全く気にしていない様子です。

 

 

 

110208a (51)b.JPG

 

 

 

白く映っているのは木端です、穿っては獲物を探しているんでしょうね。

 

 

 

110208a (52)b.JPG

 

 

 

 

手持ちでパシャパシャやったもんで、ピントは相変わらずあまいです。

残念な事に、美しい背のウグイス色を撮る事が出来ませんでした。

ツッピーツッピーツーツーピーと鳴き声は楽しませてくれました。

言葉に言い表せんほど可愛い鳴き声でしたよ。

 

 

 

 

 

ほおじろ。

| コメント(2)

こんな医者ですが、好きなんです。

 

3~4日前頃から下っ腹が張って、時には痛い時もあり下痢気味!

あまりに気持ちが悪くってかかりつけの医者へ行ったのです。

医者が云うのには「今はこんな風な風邪が流行っているんです。」って!

そんでもって、特別な薬を出す訳でもなく、そのまんま。

でも、今日になって腹の調子は少し落ち着き、元の調子を取り戻しそうです。

 

何かと言えば、検査だとか薬を飲みなさい、とか言われる事が多い中、この先生はいいですね。

そのまんまほっとけば治る事が判るなんて。。。

信頼する事に安心が生まれる。 違ったらどうしよう!えらいこっちゃ。

 

 

 

110204a (39)b.JPG

 

 

 

この鳥、ホオジロ で合ってますよね?

カシラダカとよく似ているような?

自分は鳥には詳しくないもんでね。

特徴がある鳥はある程度分かるのですが、紋様が似ていると ダレダレ って・・・・・。

 

 

 

 

 

暖かいです。

越冬チョウに出会えるかと思いフィールドへ出かけてみました。

いくら暖かと言えども風は冷たい、まだまだ無理のようです。

 

フィールドは静かすぎるぐらい静かです。

時折り遠くでヤマガラの甘えた鳴き声と、コゲラが木を突く音が聞こえます。

 

 

 

 

110204a (27)b.JPG

 

 

 

春の訪れを思わせるのは小さな花たちです。

少しづつ賑やかになって行く事でしょう。

 

 

 

春の兆し見えたり!

久しく暖かな日差しを浴び、心がなごみましたよ。

13~14℃位はあるんではないかな。

 

 

 

100814 (26)b.JPG

 

 

 

 

100814 (49)b.JPG

 

 

 

盛夏に撮った画像です。

2枚とも同一個体ですが、光の当たり方により体色に変化が出ています。

 

 

 

 

山陰から東北にかけての大雪も大変ですが、鳥インフルと新燃岳の噴火などが重なる九州もえらい事です。

どちらがなんて、到底計り知れないけれど、早い内の終息を願うばかりです。

 

 

さて、本日は久々の「虫の顔」です。

幼虫の顔は初めてだったかな?

 

まゆみさんからのご指摘がありました。 

オオヒカゲと記していましたが、クロヒカゲの幼虫 と間違えて掲載していました。

ここに訂正をさせて頂きます。

 

 

 

100903a (51)b.JPG

 

 

 

ピントは相変わらず甘いですが、ご辛抱を!

 

 

 

 

 

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト