2011年3月アーカイブ

風がやや強くて、花粉が飛んでいるのか鼻がこそばかゆいです。

 

ここの処、早春の定番チョウが続きます。

テングチョウは何度も見つけていたのですが、撮影が出来たのは本日が初めてです。

 

下唇ヒゲが前に突き出しているから、テングの名前がついたとか。

 

 

 

110331a (31)b.JPG

 

 

 

翅裏は褐色で落ち葉などに止まっていると見逃してしまいます。

足元から急に飛び立ち驚かされる事しばしばです。

 

 

 

110331a (25)b.JPG

 

 

 

翅表も同じような色合いですが、やや明るい色となり紋様があります。

この写真は山水が流れる砂場で吸水をしている場面です。

 

 

 

 

我がフィールドは春が遅い?

あちこちのブログ巡りをしているとスミレの花が咲いていたりと華やかさが目立ってきたのですが!

ジョウビタキこそ見無くなったものの野草類の花が少ないです。

 

 

 

しかも! うっ!

 

 

 

110330b (13)b.JPG

 

 

 

まだ続きそう? 見ているだけでクッシャミが出て来ます。

と・言う事で木津川周辺の田畑へ逃げだしました?

 

 

 

110328a (66)b.JPG

 

 

 

 

110328a (71)b.JPG

 

 

 

やはり、野菜が好きなのがいましたよ。

モンシロチョウをこんな風に狙って撮った事がなかったのですが、難しい素材ですね。

白っぽいから風景に溶け込んで絵にならない?

 

 

 

 

越冬チョウの動きは素早くて、タイミングが良くなければ撮る事が出来ません。

追いかければ追いかけるほど逃げる!

そうなればジッと我慢で、戻ってくるのを待つしかないのであります。

 

そんなこんなで、やっと撮れた画像は2枚です。

 

 

 

 

110328a (6)b.JPG

 

 

 

 

110328a (9)b.JPG

 

 

 

越冬個体としてはスレが少なく美しい個体です。

翅をV字型に広げ触角もまっすぐ上に向けて飛び立つ事を楽しんでいるかのようでした。

 

 

 

 

いよいよ春の陽気になってきました。

いつものフィールドへ行ったのですが、何も発見できず。

仕方なく木津川河畔へ移動。

広々とした堤防周辺を散策していると、何やらモーターらしい音が聞こえます?

模型飛行機を飛ばしている人たちかなと思っていたのですが、

見上げると、青い空高くパラグライダーが優雅にぽっかりと浮かんでいました。

 

何とも気持ちがよさそうです。

 

 

 

110328a b.JPG

 

 

 

 

110328a (49)b.JPG

 

 

 

背中には扇風機を背負っていますよ?

モーターパラグライダーと言うスカイスポーツだそうです。

何所から飛び立ってくるんでしょうか、

近くにはそのような場所がないのでかなりの距離を飛んできているんでしょうね。

 

 

 

110328a (55)b.JPG

 

 

 

カメラを向けているのが判ったのかターンをして見せてくれました。

気分がいいでしょうね。

と・言っても自分は無理! こんな高い場所なのに地面に足がつかないなんて!

お尻がこそばくなってきます。

 

 

 200mmで撮り、加えてトリミングをしています。

肉眼では人は豆粒程度しか見えませんでした。

 

 

 

 

 

いや~~!寒い。

フィールドへ出かけても何の収穫もなし。

昨日の桜の蕾も縮こまっていました。

 

今日はなんにもなし。

風に揺れていた タチタネツケバナ です。

 

 

 

110314a (49)b.JPG

 

 

 

この寒さが通り過ぎると暖かくなる予感が?

でもないかな?

 

 

 

野原の野草は春に向かっていろいろな花をつけだしています。

でも、寒いです。

日当たりのよい土手などではお年寄りのご夫婦が仲良くヨモギを採集しておられました。

そんな風景を見ていると、お家に帰ってから仲良く蓬餅を作られる様子が伺えますね。

なんだかホッとしました。

 

そんな寒い日でしたが、ソメイヨシノの花がつぼみを膨らませて、暖かくなるのを待っていましたよ?

実はソメイヨシノと書きましたが、自分には桜の花を見て何の種かは全く判らないのであります。

 

で、もって! さくらの花とします。

 

 

 

110318a (16)b.JPG

 

 

 

 

110324a (3)b.JPG

 

 

 

上の画像は 3月18日の撮影で、下の画像は今日24日に撮影をしました。

もちろんのこと同じ樹です。

でもね、隣にある樹はこれほど蕾は膨らんでいませんでした。

公園に植樹されたものなので別種かもしれないです。

一応 ソメイヨシノ て書いてあるんですけどね?

 

 

 

 

 

夏から秋にかけてよく見られた ホウネンタワラバチの繭 が今も見る事が出来ました。

 

ホウネンタワラバチには別名が2種あるようです。

ホウネンタワラバチ、 ホウネンタワラチビアメバチ、 ホウネンタワラヒメバチ、どれも同じ種を指すようです。

 

夏に見られた繭は 一本の糸でぶら下がった状態で見る事がほとんどですが、この3月に見たのはしっかりと葉っぱに固定されていたのです。

 

 

 

 

100730 (5)b.JPG

 

 

上の画像は昨年の7月末に撮ったものです。

秋口ぐらいまではたびたび確認をする事が出来ました。

 

然し、3月14日に見た時は?

 

 

110314a (2)b.JPG

 

 

 

葉っぱにくっついているように見えます。

 

 

 

110314a (6)b.JPG

 

 

 

大きくトリミングをしてみると繭の周りに糸が複雑に張られている様子が判ったのです。

まだ、繭から成虫は出ていないようです。

 

繭で越冬をするのかな?

その為に葉っぱに固定をさせて安全を保っているんでしょうか。

勝手な想像でしかないのですが、ご存知の方がおられましたら教えて下さい。

 

 

 

 

今朝は暖かい雨が降っていましたが、明日ぐらいから寒の戻りがあるらしい。

それを越せばもう大丈夫でしょうね。

 

春らしく 

ナナホシテントウの幼虫と成虫が活発に動き始めました。

 

 

 

110320a1b.JPG

 

 

 

 

110320a (13)b.JPG

 

 

 

 

110320a (10)b.JPG

 

 

 

蛹化寸前の幼虫を確認しました。

 

 

 

110320a (17)b.JPG

 

 

 

この成虫の上翅は変ですね?融合しているところが凹んでいるように見えます。

 

 

 

110320a (20)b.JPG

 

 

 

 

110320a (22)b.JPG

 

 

 

ゴマダラチョウの幼虫を見て来ましたが、まだ固まったままでした。

でもね、数が減っているんです! 鳥にでも食われたかな。

 

 

 

 

 

昨夜から今朝にかけては寒かったのですが、午後より風はあるもののやや暖かくなりだしたのでフィールドへ出かけました。

ベニシジミの幼虫などを見たくてスイバやギシギシを探索しましたが、見つける事が出来ませんでした。

場所を変えなければダメかな?

 

そんな時、ギシギシの葉っぱにコガタルリハムシを発見。

何と、交尾中の成虫と卵まで発見! 早いですね。

 

 

 

110318a (19)b.JPG

 

 

 

お腹をパンパンに膨らませています。

 

 

 

110318a (22)b.JPG

 

 

 

そして葉裏を見てみると、ありましたよ。

 

 

 

110318a (9)b.JPG

 

 

 

やがてワンサカと出てくるんでしょうね。

こ奴を見る限り、いつもお腹がパンパン! 繁殖力が強いんですね。

多分、鳥たちの恰好の獲物と化しているんでしょう。

 

 

 

 

エナガ。

| コメント(2)

今日は一段と寒さが厳しいです。

2~3日暖かだったせいもあるんでしょうけど、風が強い!

大変だろうね。

義援金はしたもののそれ以上はどうにもならん。

政府も頼りにならん! これこそイラつくとい言うもんです。

 

声を出さなかったら日本列島が沈没してしまいそうで・・・・。

不謹慎と言われるかもしれないけれどブログはなるべく続けたいと思っています。

 

 

今日は短いレンズで撮った エナガ です。

当然映りは悪いのでご勘弁を!

 

 

 

110315a (9)b.JPG

 

 

 

 

110315a (11)b.JPG

 

 

 

 

110315a (14)b.JPG

 

 

 

 

110315a (17)b.JPG

 

 

 

そう言えば昨年の猛暑、いや!グローバルに起きている気象の異常。

自然災害と言えども、人間の好き勝手をいさめているんではないかな。

 

自分だけが!自国だけが! 政争自体にも変化があるように感じます。 

もうよい加減そんな幼稚な事はやめて人として世の中を考える時ではないのだろうか。

今更でもないけれど、自然との共存なんて言うと笑われるのだろうか?

何ともトホホの世の中なのだ!!

 

 

 

ん? 新芽かな。

 

 

 

110314a (8)b.JPG

 

 

上手く化けるもんですね。

体色や頭の部分、新芽にそっくりです。

この様に擬態を駆使して身を守るんですね、えらいもんです。

 

 

110313b.JPG

 

 

 

1枚目とその下の画像は別個体なんです。

もう少し枝が太ければ見つける事は出来なかったと思います。

 

 

 

110313b (9)b.JPG

 

 

 

エダシャクの幼虫だと思いますが、種までは判りませんでした。

お判りの方がおられましたら、ご一報をお待ちしております。

 

 

 

 

今日のフィールドでウグイスの初鳴きを聞きました。

まだ、ほーけきょけ と完全な鳴き声ではなかったですけどね。

 

越冬チョウはルリタテハ、キタテハ、テングが姿を見せ始め、

早春だけに姿を見せる ビロウドツリアブも確認をする事が出来ました。

 

 

 

110315a (24)b.JPG

 

 

 

 

110315a (30)b.JPG

 

 

 

 

110315a (43)b.JPG

 

 

 

ホバリングを繰り返して小さな花で吸蜜を楽しんでいましたよ。

 

 

 

110315a (20)b.JPG

 

 

 

このアブは不思議な奴で一年の内で今頃から一カ月ぐらいだけ姿を見せるんです。

後は何をしているんでしょうかね?

 

 

 

 

暖かくなると気分的に緩やかな気分になりますが、ちょっとね。

春近し!と言えども災害にあっておられる人の事を思うと複雑な気持ちです。

まだ、寒さが残り雪も降る事があるとか。

言葉でしか伝える事が出来ませんが、どうぞ気力を振り絞り今しばらく頑張って下さい。

日本列島全体が揺すられている思いです。

 

これからが日本人の知力と実行力、戦後を振り返り一致団結頑張りましょう。

出来る事を前提に前に進んでいくしかないです。

私たちに今何が出来るかを考えましょうね。

将来の事を考えれば、一時の辛さは辛抱できるというものです。

 

 

野では小さな野草が花をつけだしました。

地味な花ですが、確実に前に進んでいます。

 

 

 

 

110314a (44)b.JPG

                                                     ハコベ

 

 

 

 

110312a (10)b.JPG

                                                   ホトケノザ

 

 

 

 

110312ab.JPG

                                                ヒメオドリコソウ

 

 

 

この更新を東北の方々は見ておられるとは思いませんが、どうか思いが伝わりますように。

 

 

 

 

天変地異

| コメント(0)

天変地異の脅威、自然の猛威、言い表わす事が出来ません。

TVを見ていて、人があんな場所にいる! そこはダメ早くこっちに逃げてって声を出している自分がいました。

どうする事も出来ないもどかしさと悔しさが残り、人の無力さを思い知らされました。

一時も早い救命、救援を願うばかりです。

そんな言葉を使うのは恥ずかしい歳なんですけどね。

本当に寒い!

日曜日あたりから気温が上がると予報されています。

おおいに期待をいたしましょう。

 

さて、コメント欄が通常に戻ったようです?

MOVABLE TYPE のブログにはセキュリティー機能が付いているんですが、どうもそれが原因らしいのです。

大量のコメントをスパムとして処理した為にセキュリティー機能が強化されてしまったようです。

滅多に見にいかない設定登録を覗いて判ったのです。

設定を元に戻した事によって回復しました。

 

今日はそのご報告と沢山のコメントをお待ちする準備が出来た事をお知らせいたします。

よろしくです。

 

 

寒いです。

| コメント(2)

一応フィールドへ出かけたのですが、風も強くて収穫なし!

ゴマダラチョウの幼虫を確認しましたが、前回撮った時と同じ格好で固まっていました。

気温が3℃位上がってくれれば何かしら見つける事が出来るんですけどね。

ベニシジミの幼虫も探してみたけれど発見できず!

どこかにおるやろけどね~。

そんな事で本日はくだらない報告のみでした。

 

 

 

コメントの事でご迷惑をおかけしています。

どうも自分のコメントをスパムとして処理してしまったようで、色濃く反映されてしまいました。

先ほどスパム処理をを解除しましたので、早い時期には書き込みが出来ると思います。

今はまだ駄目なんです。

 

ボタンの押し違いとは情けないトホホと相成りました。

200本以上も処理するとダメですね。 慎重にしないと間違いのもとです。

 

さて、5日に確認をした ゴマダラチョウの越冬幼虫を見に行ってきました。

かなり暖かだったせいか、以前に張り付いていた幼虫は何所かへ移動をしたようです。

 

 

 

 

110305a (9)b.JPG

 

 

 

中央付近の縦長に白くなっている場所がお分かりでしょうか?

その場所が1cm位の越冬幼虫が張りついていた場所です。

 

探すうちに複数の個体を確認する事が出来ました。

 

 

 

110305a (4)b.JPG

 

 

 

上の個体と下の個体はまだ張り付いたままでした。

 

 

 

110305a (10)b.JPG

 

 

 

越冬幼虫は緑色から褐色へと変化をして活発に動き回るそうです。

 

下の画像はすでに動き始めた個体です。

 

 

 

110305a (18)b.JPG

 

 

 

 

110305a (15)b.JPG

 

 

 

 

110305a (20)b.JPG

 

 

 

何とも愛らしい姿ですね。

でも、まだまだ新芽は見られないけれど食べ物は大丈夫かな?

 

 

 

 

コメント。

| コメント(6)

コメント欄が不調です。

コメントを頂いてもこちらには届いていません。

MTの扱いがややこしくて・・・・とほほほ。

アナバチの巣を見つけましたが、何と地表8mも高い場所でした。

通常見かけるのは雑木が茂っているで低い場所や公園のトイレなど雨がかかりにくいところを選んでいるように思います。

 

この巣を見つけたのは何の木かな?

やたら好き勝手に枝が伸びて葉っぱは大きく冬は落葉します。

かなり大きい木ですが、10m以上の落葉高木です。

名前はさっぱり判りません。

 

そのような風あたりが強く雨がまともにあたりそうな場所で・・・・何故?

多分、夏には葉っぱが大きいので雨風はしのげるのかも知れません。

 

 

 

 

110217a (7)b.JPG

 

 

 

 

110217a (8)b.JPG

 

 

 

もちろん巣立った後なので巣の中は空っぽでしょうけれど。

でも、頑丈なものですね。

この冬の雪や雨風はかなり強かったと記憶します。

地上8メートル以上で風当たりが強い場所ですよ。

割れていてこそすれ、泥の巣は潰れる事なく残っています。

これを作ったハチの唾液には特別な成分が含まれているんでしょうか。

不思議いっぱいです。

 

 

 

 

晴れてはいるものの風が冷たく寒いです。

やっぱり関西地方は東大寺の修二会が終わらないと春は来ないですね。

先月末のあの暖かさはなんだったのって?

 

今日は暖かな日の草原で見つけた オオハナアブ です。

いずれにしてもこんな早い時期に見るのは初めてでした。

 

 

 

 

110225a (20)b.JPG

 

 

 

 

110225a (23)b.JPG

 

 

 

 

110225a (25)b.JPG

 

 

 

この時にはタネツケバナも白い花を咲かせていました。

木々の新芽もぼちぼちと膨らんできています。

 

 

 

カナヘビ君

| コメント(0)

先月の暖かい日に陽気に誘われて出て来ました。

でも、今日はこの寒さ! 慌てて潜り込んでいるに違いありません。

 

 

 

110227a (11)b.JPG

 

 

 

こんなに早い時期に見たのは初めてです。

気温差が大きくて冬眠から目覚めたのかな? 何となく寝ぼけ眼に見えます。

 

 

 

 

寒の戻りまではいかないですが、冷たい雨が降っています。

三寒四温でもって春を待ちます。

 

本日は暖かい日の日だまりに出てきた シラホシカメムシ です。

落ち葉をおしのけてごそごそと出て来ましたよ。

 

 

 

 

110225a (8)b.JPG

 

 

 

この場所は下草が多くて落ち葉も沢山あります。

ここで見つける事が出来たのはハシリグモの仲間などやテントウムシも確認出来ました。

クモの歩みは遅いようで早い? カメラを向けているまに逃げられること然り!

何のクモだったか、残念な事をしてしまいました。

 

 

 

 

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2011年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年2月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト