2012年9月アーカイブ

とんぼ。

| コメント(0)

今は正午過ぎです。

午前中には小雨程度だったのですが、今では雨脚が強くなってきました。

それでも、普段の雨模様とそれほど変わりはないです。

これから夕方にかけて風雨ともに強くなってくるんでしょう。

幸い台風の進むスピードは早いようなので助かります、動きが鈍いと被害も大きくなりますからね。

何事もなく終わってくれる事を願って。

 

 

初秋の代表、アキアカネが避暑地から戻ってきました。

 

 

120922a (3)b.JPG

 

 

 

 

120922a (19)b.JPG

 

 

 

アキアカネに交じって マユタテアカネも姿を見せてくれました。

 

120924a (7)b.JPG

 

 

 

さて、明日は台風一過を望めるのでしょうか。

気持ちの良い、この季節は短いもんな~。

 

 

 

フィールドで草刈りが始まってからと言うものはバッタの顔さえ見られなくなってしまった。

秋だと言うのにね!

 

 

120914a (7)b.JPG

 

マドガ

 

 

120921a (147)b.JPG

 

シロモンノメイガ

 

これから晩秋にかけて大型の蛾が見られるようになりますね、探さねばならない。

昨年は坊主だったもんなー。

 

 

 

やぶまめ。

| コメント(0)

今日は朝から曇り空、台風の加減なのかな?

数日ぶりにフィールドへ出たけれど、台風の接近を知ってか虫たちは退避?姿が見えない。

今回の台風も強いらしい、雨が降り出す前に簾など飛びそうなものを片づけておきましょうね。

自分も今からやります。

 

 

120929a (34)b.JPG

 

 

 

 

120929a (21)b.JPG

 

 

 

 

120929a (35)b.JPG

 

虫を見る事が少なくなると、野草の花に目がいきます。

いつもだとあまり気にする事がない小さな花たちですが妙に美しく見えます。

明日は雨の予報、どうしようか?

 

 

 

もう5~6年も前になるだろうか、始めてイボクサの花を見て綺麗だなーって見とれていたのは。

その翌々年ぐらいから、全く見られなくなりどうなったのかと気にはなっていたのですが、その内に忘れ去っていました。

 

それがつい最近に同じ場所で見る事が出来たのです。

場所は沢の水が流れ込んでいて土砂が溜まり、足を踏み入れようなら抜けなくなりそうな所です。

その土砂の片隅で可憐な花をつけていたのです。

 

 

120921a (74)b.JPG

 

 

 

 

120921a (91)b.JPG

 

 

 

 

120921a (99)b.JPG

 

良い色合いでしょ?

花径は6~7mmぐらいでした。

この下流で見た時は大きくて10mmはあったかな。

 

 

私事ですが、明日からしばらくお休みをいただきます。

週末ぐらいには更新出来れば良いなと思っています。

 

 

 

ここ2~3日フィールドを歩いていると、美しい翅を持っていると思われる虫が目の前を横切って行く事が何度かありました。

逃がした魚は大きいと言いますが、まさにその通りで何とか着地点を探したいと思っていたのです。

 

そして、その時が来たのであります!

目の前をぶ~~んと飛んでいたかと思ったらササが生い茂っている場所へ落ちるように止まったのです。

 

 

120921a (37)b.JPG

 

この場所は近いように見えますが、沢の法面であり、自分が手にするには危険すぎます。

ヤヤコシイ足元をしていますからね!

 

 

120921a (45)b.JPG

 

頭がややこしそうに見えていますが、こちらを振り向いているんです。

変なおっさんがおるなーって処でしょうか。

 

 

120921a (48)b.JPG

 

そして上翅をゆっくりと開いたかと思ったら、ぶ~~~~んとおっちゃんの周りを大きくのの字を書くように飛んで行ってしまいました。

綺麗なもんやなー。

 

 

120924a (21)b.JPG

 

アオハナムグリ

逆光で撮ったものでアカメガシワの葉っぱが白くとんでしまいました。

 

 

120921a (182)b.JPG

 

アオドウガネ

人がいようと何が起ころうと動じないこの虫の心臓が欲しい??

 

 

 

このところ、幼虫探しに夢中になっているのですが、目的の奴が見つからない?

でも、久しぶりに ルリタテハの幼虫 を見つける事が出来たよ。

 

 

120912a (34)b.JPG

 

脱皮したばかり?

体色は白っぽくて、隣には脱皮殻がくっ付いていた。

 

 

120723a (18)b.JPG

 

近くに止まっていたルリタテハ。

 

 

120921a (60)b.JPG

 

まっさらな ウラギンシジミ。

羽化したてだろうね、この冬を乗り切るための心意気と言うか眼差しが鋭く見えます。

 

 

 

フィールドから離れようと車に戻ったら、フロントに何かがいる。

遠巻きにパシャリと一枚撮り、近づくとピン! 逃げられました。

 

 

120912a (59)b.JPG

 

えらい、しゃっちこばって固まっているように見えます。

この種の目ん玉も上手く撮れないですが、今回は何とか撮れたかな?

 

 

 

毎年の事、タンキリマメの花を見逃してきた。 

果実は目立つためによく見ているんですけどね。

タンキリマメが咲いているところは、やぶの縁と言うか手入れがされていない雑然とした場所に多い。

そんな場所へ虫を探しに行って見つけたのであります。

マメ科の花はどれもよく似ている。

 

 

120921a (161)b.JPG

 

 

 

120921a (167)b.JPG

 

 

 

120921a (168)b.JPG

 

 

 

120921a (169)b.JPG

 

すでに豆を付けている。

タンキリマメによく似たのに オオバタンキリマメ(トキリマメ) があるようですが、九州以西で繁殖しているとか。

どこに違いがあるのか、写真で見る限りでは葉っぱが大きくて柔らかそうですね?

豆そのものには変わりがなさそうです。

 

 

 

120919a (42)b.JPG

 

 

 

120919a (48)b.JPG

 

イタドリの翼果。

花が咲き終わったなって思っていたら、もう種が出来ていました。

この種、美しく見える時期は短い。

 

 

 

今日のフィールドはセミの鳴き声が消えて静かそのものでした。

時折り小鳥が樹を突いている音と秋の虫の音が聞こえる。

 

今日はカマキリ狙いで行ったのだけれど、どこへ隠れたか見当たらず?

 

 

120910a (55)b.JPG

 

 

 

 

120910a (56)b.JPG

 

 

 

 

120910a (59)b.JPG

 

オオチャバネセセリ

いつも忙しそうに飛び回っているのだけれど、珍しく真上から撮らせてくれた。

 

 

120806a (39)b.JPG

 

 

 

 

120806a (37)b.JPG

 

ヒメキマダラセセリ

ぼちぼち見られなくなるかな?

 

 

 

 

ぎょ! 巨大ナメクジ!!!

 

 

120921a (108)b.JPG

 

 

120921a (122)b.JPG

 

こんなにでかいナメクジがいるんですね?

始めてみたので調べてみると、意外や意外ネットで出てくる。

名前は ヤマナメクジ と言うらしい。

 

 

 

フィールドの朝は気持ちがいい、帰路フィールドでの気温は22℃、帰宅後に見ると25℃。

何と3℃もの差があるのにはちょっとびっくりしました。

高度差なんてないと思うのだけれど、木々がある無しでこれだけの違いが出るのですね。

多分朝だけだろうけど。

 

 

部屋の中で何だか匂うなー? 何となくそんな事を思っていたのです。

すると、眼の前の書架の扉に、おったよ!

 

 

120913a (10)b.JPG

 

小楯板いっぱいにハート形のマークが現れるカメムシ。

エサキモンツノカメムシの幼虫でした!

フィールドから服にでもくっつけて帰ってきたかな?

 

 

120731a (37)b.JPG

 

こちらはチャバネアオカメムシの幼虫だと思います。

なんせ、よく似たのがいるからね。

こ奴の臭いは臭いのなんのって・・・・ハナモゲラになるほど。

ご経験の方は多いかと?

 

これ!、良い臭いだと言う人がいるからね!不思議な鼻をした人もおられるものだ?

自分は 堪忍してんか!

 

 

 

フィールドの朝は気持ちがいい。

風は穏やかなんだけど、湿度が低く爽やかそのものだ。

夕べは少し気温が低かったせいなのか、朝の時点では虫たちを見つける事が出来ない。

 

目につくのは、イソウロウグモの小さい奴。

小さなジョロウグモの網へ侵入した場面を目撃、暫く観察をしていたら?

ジョウロウグモは獲物がかかったのかと、慌ててイソウロウグモに近寄ったの!

ところが違った! 早足で逃げるのが素早いなんて、すごいよ。

で・どこまで逃げるのかと見ていたんだけど、何の事はない端っこの方で待機?

意外とこんな事ですんでしまうのですね?

もうちょっと、何かアクションがあると期待をしてたんだけど。。。

 

 

以前にホソヘリカメムシの幼体を見た場所へ行ってみました。

驚いたのは以前より個体が増えていた事です。

 

 

120919a (71)b.JPG

 

スケールを用意していないので、この画像からは大きさは判断できないですが、、随分大きくなっていましたよ。

 

 

120914a (39)b.JPG

 

 

 

 

120919a (84)b.JPG

 

 

 

 

120919a (59)b.JPG

 

もう、成虫になっている奴も見受けられました。

こ奴が陣取っている場所は イタチハギ です。

何か理由があるのかな?

 

 

 

まだまだ暑いですが、湿気は少し取れたようですね。

昨日は蒸し暑かったー!

午後6時頃の湿度は80%、8時頃になってようやく涼しさを感じ始めました。

 

えらいもんですね、窓を開けると虫の音が賑やかでした。

実はね、体調が思わしくないので、庭の草引きをしていなかったから秋の虫には絶好の住処となっているようです。

虫の他にも、ニホントカゲやヤモリなども顔を出したりして、虫を狙ってくるんだろうな。

こんな観察もいいもんや、 いよいよおじんらしいやろ?

 

 

120912a (135)b.JPG

 

 

 

 

120912a (136)b.JPG

 

最近はあまり数を見ないです。

 

 

120522a (123)b.JPG

 

クロヒラタヨコバイ

歩きまわらないのだけど、驚くとピンと跳ねたようにどこかへ?

 

 

 

あまり見かけない? いや見かけても見えていないのかもしれない。

目が悪いと損をする。

 

体長は5mm弱で アオバハゴロモの幼虫 を食うらしい。

 

 

120913a (57)b.JPG

 

 

 

 

120913a (59)b.JPG

 

今まで、何度か撮影に挑戦をしたけれど上手く撮れない!

小さい上によく動く、そしてこちらはどんくさい?

今回、こんなに大きな目だとは知らなかった事を勉強したよ。

(つまりそれぐらい自分としては上手く撮れたって事!)・・・・・とほほほ。

 

 

 

樹高3~3.5m位あるこの樹には、花が長い間咲き続けるので虫たちが集まり楽しませてくれます。

公園の片隅に植栽されたこの花には、毎年の事大型のアゲハ蝶たちがやってくる。

然し、今年は運が悪いのかまだ見た事がない?  これからなのかもね。

 

 

120905a (4)b.JPG

 

この高さの花で、吸蜜が見られたのだけれど・・・・。

 

 

120912a (18)b.JPG

 

高い場所の花を撮ったら コハナグモのオスのような奴がいます。

こんなに小さな奴でも、大型のカラスアゲハなどを捕食する事があるんだろうか?

見てみたいような・・・・・。

 

 

120913a (15)b.JPG

 

 

 

 

 

120914a (66)b.JPG

 

 

 

120912a (125)b.JPG

 

その木の下でひっそりと数輪の花を咲かせていた ツユクサの花 。

どこにでも見られた草花だけど、近年少なくなったなー。

 

 

 

営巣が終わったのだろうか、葉っぱに張り付くように身体を休めていました。

 

 

120827a (48)b.JPG

 

この葉裏にも沢山の個体が群れをなしていました。

 

 

120913a (27)b.JPG

 

 

 

 

120913a (31)b.JPG

 

1と2・3枚目は別の個体群です。

こちらは数が少ないようですが、同じようにあまり動こうとはしません?

身体が小さいので一見した時は ヒメホソアシナガバチ かとも思いましたが、顔を見るとヒメホソの特徴である黒い筋がない。

これから、この個体たちはどんな行動をとるのだろう?

越冬に入る準備かとも思えますが、オスがそのまま越冬に入るかは知らない。

短い夏を惜しんでいるのだろうね。

 

 

 

 

 

 

かめむし。

| コメント(0)

今日の画像は谷あいで大きな樹が覆いかぶさっている場所での撮影なので画像までが暗い!

止めておこうかと思ったのだけれど、せっかくなので・・・。

 

 

120910a (70)b.JPG

 

 

 

120910a (87)b.JPG

 

アカサシガメ

 

 

120604a (59)b.JPG

 

 

 

120604a (61)b.JPG

 

クヌギカメムシ

不用意にフラッシュを焚いたものだからテカッテしまって。

 

 

120606a (83)b.JPG

 

さて、こ奴は?  クロホシカメムシ かな?

間違っている事、おおいにありそう!

どう、考えても違う! ツマキヘリカメムシ に訂正します。

ヘリカメムシ特有の縁模様が決め手となりました。

もうちょっと、はように気がつけよ!  ネ? せめて更新する前にようー。

 

どの画像も虫たちを見つける事が出来なかった時に撮影をしたものです。

いつもであれば撮る事はしなかった暗さでした?

写真に奥行きがないなー。

 

やはり、お陽さんはありがたいのであります。

 

 

 

すずばち。

| コメント(0)

今日から3日間の連休だったのですね。

知らなくてフィールドへ出向くと、車とテントでいっぱい。

スズメバチには気をつけて!  とは言わなかったけれど、ぼちぼち危ない季節だよ?

 

 

スズバチの泥団子集めを観察しました。

 

120912a (48)b.JPG

 

砂がちょっと多いかなと思われる土を唾液を使ってか、うまく丸めていました。

多分、口に水を含んでくるんだと思うのだけれど、どうなのかな?

 

 

120912a (53)b.JPG

 

見えるでしょうか? 

この大きさになるまでには数秒なのであります。

 

 

120912a (56)b.JPG

 

そして、あっという間に団子が出来上がり大事そうに抱きこんで飛び立っていきました。

これ、飛び立つ瞬間なんですが、やっぱり重そうな飛びたちでした。

 

 

▼ 擬木に作られた 泥の巣 。

これがスズバチの巣かどうかは知らないけれど、よく似ている事は確かなのだ!

 

 

110415a (11)b.JPG

 

この画像は4月に撮影をしたものです。

もし、スズバチに巣だとすれば、この中は幼虫の為にいくつかの部屋が割り当てられているそうです。

泥の巣をつくっている場面を観察したいな。

 

 

 

低音で・・・み~~ん・みんみんみんみー! 暑苦しい鳴き声ですね。

少し場所が変わると、ツクツクボウシが鳴き急いでいるように、つくつくおしい・・・と?

 

 

コアカソ の葉っぱをモリモリ食っている幼虫を観察しました。

色彩がとっても綺麗な奴です。

 

 

120912a (141)b.JPG

 

 

 

 

120912a (150)b.JPG

 

ちょっと脅かすと、いつものポーズ。

 

 

120912a (153)b.JPG

 

思いなおして、又食い始めました。

 

そして、それ以上大きく驚かすと・・・・!

 

120912a (162)b.JPG

 

頭を横へブルンブルンと振って・・・、人の頭で遊ぶなー? それとも食うなよ、 なのか?

いずれにしても、いやいやをして威嚇をしているんでしょう。

ちょっとばかり遊んでしまいました!

 

 

▼ つづみみのむし

枯葉や朽木に破片を使って見事なつづみ状の巣をつくり、幼虫の間はその中で過ごすそうです。

名前は マダラマルハヒロズコガの幼虫 です。

 

 

120808a (63)b.JPG

 

右側の大きな奴の上には少しだけ幼虫の頭が見えますよ?

ちょっとだけ光って見えています。

手に取ってみると、薄っぺらで二重になっているなんて思えないほどですが、その間に潜んでいるんです。

食性等は詳しく判っていないそうですが、アリなども食うそうですよ。

そう言えば、この場所にはトゲアリの巣があったような?

 

 

 

もう少し秋深くなれば、嫌な奴ですよ。

少しでも草むらに入れば、パンツの裾は種だらけ!

取ろうにも、粘着性があるのか中々大変です。

 

 

120912a (101)b.JPG

 

 

 

 

120912a (95)b.JPG

 

 

 

 

120912a (97)b.JPG

 

 

 

 

120912a (89)b.JPG

 

 

 

 

120912a (86)b.JPG

 

ぼちぼち種が出来始めているのも確認できます。

もう、これ以上近寄る事は御法度?

 

でも、小さな花だけど綺麗ですね。

 

 

 

朝夕は秋を思わせますが、日中はまだまだですね。

今日は遅めに出かけましたが、心地よい風が吹いています。

心なしか虫たちものんびりとしているように見えますよ?

・・・・あ・・そうではないですね、急いで冬への準備を・・てところでしょうか。

 

 

イヌザンショウに花にやってきた アカスジツチバチ です。

 

 

120827a (93)b.JPG

 

 

 

 

120827a (96)b.JPG

 

どのような巣をつくるのか知らない。

見てみたいなー!

 

 

 

まだ暑さと湿気は残って夏の気候のようですが、植物たちも良く知っているもんだと感心させられます。

花が終わり秋に向かって果実を実らせ始めていますよ。

 

 

120910a (3)b.JPG

 

スイカ。。じゃなかった、カラスウリの果実です。

秋深くなると赤く熟して周りに映えますね。

 

 

120903a (81)b.JPG

 

僅か一週間前に咲いていたカラスウリの花です。

夜などには怪しいような花びら?が・・・・。

 

 

120903a (110)b.JPG

 

センニンソウ

藪の様な場所でいっぱい花を咲かせているのだけれど、少ない場所を選んで撮りました。

 

 

120903a (127)b.JPG

 

ヤマノイモのムカゴ

これを見るといよいよ秋だなーって思います。

もう少し大きくなれば、ムカゴご飯にして食べるぞ!

 

 

120910a (48)b.JPG

 

 

 

120910a (49)b.JPG

 

キンミズヒキも花が終わり、種が出来ているようです。

つい、この間花を撮ったばかりだと思っているんですけど?

早いねー、ちゃくちゃくと秋に向かって準備しているんですね。

 

 

 

幼虫を探していたんだけど、眼の前をチラチラと・・・。

止まった場所がなんとも撮りにくい!

朝露かな、吸水をしています。

 

 

120910a (12)b.JPG

 

 

 

 

120910a (14)b.JPG

 

 

 

 

120910a (18)b.JPG

 

石の間に口吻を挿し伸ばして飲んでいるようです。

 

 

 

ちょっと秋に近づいたかな、でも気温は30℃あり、まだまだ蒸し暑さも残って。

朝の内にフィールドへは出かけるんだけど、虫たちには会えないよ。

いるにはいるんだけど、捉える事が出来ないのがおおくて・・・・。

 

・・・よって、画像は多少なり古いのが登場。

 

 

120627a (81)b.JPG

 

 

 

 

120627a (72)b.JPG

 

この種は初夏の頃には多いのだけれど、今ではあまり見かける事はないです。

デカイ個体は、中々綺麗で見とれてしまうほど?

 

 

 

トンボの飛翔を撮ろうと何度か試みたけれど、無駄な抵抗に終わってしまいました。

明るいレンズの長い奴と腕がない?

一度でいいからオニヤンマがパトロールしている姿を撮りたいと思っている。

無~理だろうな。。。

 

 

120630a (10)b.JPG

 

 

 

 

120630a (85)b.JPG

 

少し古い画像ですみません、6月30日の撮影です。

羽化途中、もう少しで乾くかな?

 

 

120903a (43)b.JPG

 

 

 

 

120903a (51)b.JPG

 

9月3日の撮影です。

今日も観察をしてきましたが、流れの少ない水辺の占有行動を見る事が出来ました。

あの速さではとてもやないですがピントやシャッターが一致せず、追いつかないねー!

ましてやこの曇り空。

 

 この止まり方? オニヤンマらしくないなー?

 

 

 

くも。

| コメント(2)

いつまでも暑いですね。

 

今日はね、クモなんですが、空に浮かんでいる雲でなくて・・・・、昆虫では・・・ないですね。

クモ目の蜘蛛、ややこしい?

 

自分はクモと遊んでいるんです、同定とは程遠い場所にいますよ?

あてもんです。

 

と。言うものの当たっているかは心配なのであります。

 

 

120713a (158)b.JPG

 

オオシロカネグモ

とっても綺麗なクモなのに、色が出ていないのー?

 

 

120704a (19)b.JPG

 

コシロカネグモ

通りがかった時に網から離れ逃げたつもりだろうけれど、まる見え!

何となく可愛いでしょ?

 

 

120903a (96)b.JPG

 

ジョウロウグモの幼体

あちこちにいっぱい円網が増えてきたね。

今は目立たなくても、その内にでかい奴にお目にかかる事になり、否が応でも目につくよ。

 

 

 

草刈りが始まりましたね!

せっかく産んだ卵や幼虫が・・・・、年々虫たちが減る筈です。

越冬どころか、人に追われて行き先を変えなければ生きていけないの。

 

自分が通っているフィールドは10年前とは比べ物にならないほどです。

十年ひと昔と言いますが、季節感があり6月にはゼフィルスが飛び回り、晩夏にはカマキリが集団入水したりするのが見る事が出来たのだけれどなー。

今ではまるでなんにもない広場のようになってしまいました。

自然そのままの公園があってもいいと思うんだけど。

所詮、草がないのがいいと思っている人が管理しているんだもんね、どうしようもない。

 

その癖に絶滅危惧種がどうのこうのと騒いだり、トキを守ろうなんてお金を使ったり。

する事はもっと簡単!自然を自然に守る事だと思うんだけど。

 

他のブログなどでも、同じ悩みを書いておられるのを見ます。

どうにかならないもんですかね?

いやー愚痴も出ますよ!

 

 

さて、今日はアリじゃないよ、カメムシだよー。

 

120829a (24)2齢幼虫 b.JPG

 

 

 

 

120829a (21)b.JPG

 

 

 

 

120829a (28)b.JPG

 

2齢幼虫かな。

 

 

120829a (11)b.JPG

 

 

 

 

120829a (5)b.JPG

 

 

 

 

120829a (7)b.JPG

 

腹部の下に赤いのが見えるけどダニだろうな。

幼虫と成虫とでは似ても似つかない姿となりましたよ。

 

 

 

 

今日は暑い、明日には秋雨前線が張りだして来ると言う事なので少しは涼しくなるかな?

今日も6時代にフィールドへ出たけれど、虫の姿は無いに等しかった!

ヌルデの花やイヌザンショウの花は萎れていて虫は無視!

 

 

今日の画像は最近に撮ったのもです。

 

110826a (80)b.JPG

 

8月26日に撮った ♂ 。

 

 

120903a (15)b.JPG

 

 

 

 

120903a (19)b.JPG

 

 

 

 

120903a (21)b.JPG

 

9月3日に撮影をした ♀ です。

成虫越冬だそうですが、メスだけが越冬し生き残るのだとか。

オスは・・・・・。

 

 

 

昨日は少しまとまった雨が降り、夜はちょっとだけ眠りやすかったです。

太字の部分が同じような文になっていますが、間違いではありません?

ほんまにちょっとだけ!

 

いま10.30AM、気温27.5℃湿度80%、今まで曇っていた空に陽射しが!

益々、蒸し暑くなりそうです。

 

 

120808a (120)b.JPG

 

 

 

 

120808a (122)b.JPG

 

おった、おった!クワの葉陰にいましたよ。

 

 

120806a (61)b.JPG

 

 

 

 

120806a (66)b.JPG

 

こちらは二重連です。

 

何故か、大きな甲虫を見つけると嬉しい。

やっぱり子供のころを思い出させるからかな・・・・・○ 。❍○  。

 

 

 

今が盛んなヌルデの花に虫たちが集まって来ています。

まー、たいてい決まった奴が独占しているのだけれどね!

ハナムグリの次に多くやってくるのはハチの仲間が多いかな。

その花の傍で獲物探しをしていた オオフタオビドロバチ 、何やら手入れをしているようでした。

 

 

120825a (61)b.JPG

 

 

 

 

120825a (63)b.JPG

 

獲物とは蛾類の幼虫なのです。

このハチは器用な奴で、巣の入口から雨などが入り込まないように、唾液を混ぜた耐水性の蓋を作るらしいです。

どこでそんな事を勉強するんでしょうね?

このハチはドロバチの仲間内では大きいほうかな、15mm位ありました。

 

いつもの事ながら画像が汚い。

どうしてこんなに下手なんでしょう!

 

 

 

秋が来るのかなー?

曇天のせいもあるだろうけれど、少し涼しくなりました。

 

 

120531a (155)b.JPG

 

 

 

 

120531a (159)b.JPG

 

あまり気にしていなかった単眼が見えてます?

上の画像が見やすいかな、大きな複眼の横に小さな黒い点の様なのが並んでいます。

 

 

 

いやー、同じ言葉しか出ない!

 陽射しがいつもの年と違うような気がする。

 

やっぱり彼も日陰が欲しいのんやろね。 うまい事作ってるな。

 

110816a (11)b.JPG

 

風通しもよさそうで景色も最高。

別宅にほしいな?

 

 

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト