2013年3月アーカイブ

遊歩道から山中へ入る入口で目の前に現れたクモの網、もう少しで破ってしまいそうな貧弱な網です。

目を凝らすと網の真ん中あたりに小さなクモがいます。

見た目、いつものオニグモのような姿とはちょっと違うような?

写真を撮ろうとしますが、小さな網は少しの風でも ゆらゆら 。

 

 

130330a (8)b.JPG

 

息を止めて、写真を撮った後は 大きく吐き出します!! フゥー!

その息の勢いで又揺れます。

 

vittataさんのブログに昨日掲載されていましたが、春先に一番乗りで見られるクモだそうです。

体長は6~7、mmもあったかなー?

 

 

 

今日はお昼前に出かけたのですが、正午を過ぎるころから桜を愛でる人たちで賑わってきました。

桜はまだ満開とはいかないですが、この陽気に誘われてのんびりと過ごされていました。

 

小さな川の堤防を歩いていたら、まっさらな ツバメシジミ が。

 

 

130330a (85)b.JPG

 

斜光だったので、翅に模様が。

 

 

130330a (88)b.JPG

 

 

 

 

130330a (90)b.JPG

 

止まっているのはヤハズソウかな。

翅の白い輪郭が美しい。

 

 

 

肌寒いような、生温かいような変なお天気です。

 

今日もネコハエトリの画像です。

 

 

130313a (44)b.JPG

 

 

 

 

130309a (27)b.JPG

 

 

 

 

130309a (28)b.JPG

 

 

 

 

130309a (25)b.JPG

 

 中々虫たちとの出会いが無い?

明日ぐらいから、少しは天候がよくなるのかな。

 

 

今日から待ち望んでいたプロ野球のペナントレースが始まる。

最近のテレビ等見たいと思うものが無かったので、ようやく夜の楽しみが出来た。

プロ野球もいろいろと言われてはいますが、選手たちのいいプレーを見ると応援をしたいですね。

 

 

 

 

杉からヒノキへと花粉情報が変わって来ていると言うのに、いつも行くフィールドでは花が少ない。

 

 

ふきのとうが今頃咲だして・・・?

 

130322a (44)b.JPG

 

 

この辺りには、毎年スミレの花が咲き乱れる場所なのだけれど、今年はまだ数輪。

 

130313a (56)b.JPG

 

 

 

130326a (23)b.JPG

 

 

 

130326a (25)b.JPG

 

タンポポ、ムラサキサギゴケもただ一輪のみ。

 

今年は桜の開花が早いと報道されていますが、この場所はまだまだの様子です。

昨日の画像を撮った場所と一山を隔てているとこれだけの違いがあるんですね。

 

 

 

「少しづつ新緑の気配」なんて書きましたが、今日は寒い。

 

里山で探した新芽と花。

 

 

130326a (8)b.JPG

 

クロモジの柔らかそうな新芽、自分のお気に入りです。

 

 

130319a (9)b.JPG

 

ネジキの芽鱗が割れ始め、新しい芽が見えだしました。

 

 

130322a b.JPG

 

ヒサカキの花。

この樹に近づくと、ほんわりとした香りに気がつきます。

 

 

130326a (4)b.JPG

 

ウグイスカグラの花。

いつだったか小さな蕾を掲載しましたが、ぼちぼちと花が開きだしていました。

満開とはいかないですが、30%~40%程度かな。

結構長く咲く続けますよ。

 

 

 

花冷え、結構寒いです。

まー、ぼちぼちとぬくうなるでしょう。

 

 

今日は遊歩道の擬木で、何やら悩んでいるように見える小さな奴です。

下を向いて動こうとしない。

 

 

130322a (31)b.JPG

 

お腹がパンパン、まさか擬木に産卵でもあるまいに?

 

 

130322a (16)b.JPG

 

 

 

 

130322a (20)b.JPG

 

タマバチの仲間だろうぐらいは判るけど、種名までは無理。

画像検索をしても、これって言う奴は出てこない。

 

多分だけど、下のような虫こぶを作る奴に違いない。

 

121107a (168)b.JPG

ナラハマルタマフシ

 

体色にも変化があるだろうし、こんなのを見た目だけでは判断できないネ。

 

 

 

しろはら?

| コメント(0)

山の春はまだ早い?

風が冷たかったー! ビロードツリアブのみが元気でした。

 

平地の雑木林で見られた鳥、さて誰だか。

野鳥ポケット図鑑を見てみると、シロハラ かなーと思うのだけれど、自信が無い。

読むと冬鳥とあります。

冬鳥が今頃いる訳もない?・・・。

 

 

130322c (5)b.JPG

 

目の前に現れたこの鳥、身動きせず?

少し目を離した隙に音もなく飛び去って行ったのですが、 さてさて?

さらに読み進めると、アカハラ に似ているとあります。

 

アカハラを読むと、違いますね。

もっと標高のある場所が好きなようです。

結果!シロハラかなー。

旅立ちの前なのかもしれない。

 

 

 

朝から出かけようと思ったのだけれど、曇天。  午後からにしようか。

 

 

昨日のけいはんな公園で撮影をした コバノミツバツツジ でもがいていた ニホンミツバチ 。

 

 

130322c (12)b.JPG

 

 

 

 

130322c (32)b.JPG

 

 

 

 

130322c (10)b.JPG

 

脚には花粉団子をいっぱい蓄えて、何をもがいているんだろう?

鉄棒?での回転はあまり得意ではないらしい。

 

いよいよ春ですね。

 

 

 

あまりにもお天気がいいのでサクラの開花が始まっているのでは・・・と、けいはんな公園に行ってきました。

や~~~、小さな子供たちが素足で芝生広場を走り回っています。

気持ち良さそうです。

こんなのを見ていると、自分も裸足になってみたくなります?

 

さくらの花は限られた樹のみ数輪開花、あと一週間もすれば満開になるのかな。

水景園では水辺に人が集っておられました。

 

自分は雑木林へ。

もうコバノミツバツツジが花をつけています。

谷筋を少し下がって行くと池になるのですが、その途中で ショウジョウバカマ に出会いました。

 

 

130322c (54)b.JPG

 

 

 

 

130322c (43)b.JPG

 

花茎は短く、バランスがとってもいい。

この場所は特別湿地でもないように見えます?砂地なので下から水揚げが良いのでしょうね。

周りを見渡すと、同じように小さめの株があと一株あるだけでした。

 

 

130322c (38)b.JPG

 

ミツバアケビの新葉と花序が出始めています。

 

ぼちぼちと野山が楽しくなる季節ですね。

 

 

 

出かけたのは良いけれど、陽射しは暖かそうなのに風に当たれば冷やっこい。

テングさえ飛んでいない!

 

 

さて、本日の ミツボシツチカメムシ の成虫は早春の4月から5月にかけてオドリコソウで見られるらしい。

  ・・・・らしい?と書いたのは、観察をしたのが擬木上だったから。

 

 

130319a (21)b.JPG

 

体長は5mmぐらいかな、紫がっかた光沢のある黒に白い縁取りがあり、小さいながら存在感があります。

交尾後の♀は地中に潜り産卵、その後卵を保護する習性があるそうです。

 えらいやっちゃね。

 

 

今日は曇天、寒さが少し戻った為か虫影はない。

少し距離はあるんですが、毎年ゴマダラチョウの幼虫を見る事が出来るエノキを見に行ってきました。

今年も数は少ないものの、しっかりとエノキにくっ付いていました。

 

 

130319a (32)b.JPG

 

エノキの新芽はまだまだの様子、4月も半ばごろには可愛い姿を見る事が出来るでしょう。

 

 

 

 

寒かったーやら暑かったーなど忙しい季節です。

 

木陰に入ると涼しくて気持ちがいい、なんとなくウグイスの声がのんびりと聞こえます。

野山の散策には良い季節がきましたね。

 

早速カナヘビ君のお出まし。

 

 

130319a (5)b.JPG

 

はがれた松の樹皮に隠れているつもり?

 

 

130319a (3)b.JPG

 

ビロウドツリアブもお出ましです。

ビロウドツリアブ ? この呼び名はすでに古典なのか、最近では ビロードツリアブ と書かれている事が多い。

ま~どっちも同じ、つまり早春のアブが出始めました。

アセビやオオイヌノフグリなどの花に止まってくれる処を撮れば色彩的にもいいのだけれど、粘ったのだが今日はダメでした。

 

 

 

木津川沿いには田畑が広がっていて、見渡しの良い所があります。

そんなところに立派な体育館があるのですが、屋根の上方向でカラスが何やら騒いでいます?

時折り ぴょ~~と言うようなトンビの鳴き声のようなのが聞こえるので注視をしていると屋根の少し下あたりにハトより少し大きな鳥がいました。

 

 

130316a (69)b.JPG

 

この可愛い顔は チョウゲンボウ では。

このすぐ上でカラス数頭が舞い、チョウゲンボウを威嚇しているんです。

チョウゲンボウが止まっているこの場所は奥行きが狭いのか、カラスは羽が邪魔になり止まる事が出来ないようです。

この様な行動を モビング と言うそうですが、カラスの行為は意外とおおく見ます。

自分には意地悪く見えますが、遊んでいるのでしょうか?

 

 

 

普段は松などの樹皮にある窪みなどに潜んでいて、写真を撮る等考えもしなかった奴です。

撮っても、松の樹皮なのか本人なのか判らんもんね!

それが、不思議の擬木ステージに出てきたからたまらない!

 

こ奴、小さくてスバシッコイ!

人さまの眼に触れる事が嫌いなんでしょう、脚が早いったらありゃしない!

 

 

130313a (9)b.JPG

 

 

 

 

130313a (15)b.JPG

 

 

 

 

130313a (19)b.JPG

 

でも、夜行性だと言うのに何故出てきたのかな?

体調は4mm前後で平べったい身体をしているんです。

真横から撮ったのだけれど、写真にならなかったです。

 

 

 

木津川の堤防を歩いてきました。

寒くもなく暑くもないこの季節には、少々の日差しがあっても苦にならない。

のんびりと歩いて行くと、サイクルロードを軽快に走る自転車に混ざってランニングを愉しむ方も。

 

 

130316a (30)b.JPG

 

まだ出始めだからか、ツクシは青く胞子が飛びだしてはなかったです。

間もなくでしょうけれどね。

 

 

130316a (31)b.JPG

 

 

 

 

130316a (33)b.JPG

 

胞子葉は綺麗な6角形です。

あまりまじまじと見た事が無かったので、これほどだとは思わなかったです。

ハチの巣を思わせますね。

 

 

 

ながめ。

| コメント(0)

春うらら とまではいかないですね。

まだまだ寒さが残って風が冷たい。

 

 

130313a (67)b.JPG

 

日当たりの良い場所まで出てきたのはいいけれど、寒さがきついのかフリーズしていた。

風でヒゲがなびいて、体感温度を想像できそうです?

おお~寒!!

 

 

 

所用で元の住所地近くまで行ってきたのですが、寒かったー!

風もそれなりにあったのですが、花粉による目の痒みなどはなくホッと一安心。

雨が効いたかな?

 

 

フィールドで出会ったルリタテハ、前翅長25mm程度と小さいのに驚きました。

見た瞬間はテングかと思うほどで、チラチラと飛んでいる時は何者か判らず、止まって始めてルリと確認。

 

 

130313a b.JPG

 

 

 

 

130313a (5)b.JPG

 

コナラの枝間に溜まっている朝露を吸水しているようでした。

水は近場でもあるのだけれど、この様なところに水が溜まっているなんてよく判るもんだ!

長い口吻を伸ばして旨そうに飲んでいます。

 

 

 

引っ越してから、ごたごたの部屋もようやく落ち着きを取り戻した感があります。

今となれば、断捨離を数回繰り返した事が奏功したようです。

 

物って、中々捨てられないのですが、その後に何かが無いって困った事がないので良かったのでしょう。

物であふれていた空間にすき間が出来、快適に過ごせています。

その内に、また無駄なものが増えるのかな?

 

 

さて、本日は花が少ない山里にひっそりと蕾を付けていた ヤマウグイスカグラ です。

 

 

130312a (8)b.JPG

 

 

 

 

130312a (26)b.JPG

 

 

 

 

130313a (72)b.JPG

 

高さは2m位の落葉低木です。

4月から5月にかけて可憐な花をつけます、果実は液果で食べる事が出来ますが、ほとんどと小鳥のお腹へ・・・・。

何故、ウグイスなのかは知らない。

 

 

 

春ですねー。

今日杉の花を見れば開ききっていた、風がないから花粉も飛びようがない。

明日は雨の予想が強い、だとすれば花粉は洗い流されてしまう。

花粉飛散は終息になる?

嬉しい事です。

黄砂はPM2.5は、どうなのか?これも風に頼るしかないですね。

 

 

今日もまたハエトリグモですが、獲物をとらえているから仕草がちょっと違う。

脚長に見えるよ?

 

 

130307a (7)b.JPG

 

 

 

 

130307a (21)b.JPG

 

なんだかとっても得意そうに見える。

 

 

130307a (23)b.JPG

 

 

 

 

130307a (30)b.JPG

 

木々の中には早くも新芽が出始めているのもありました。

スーパーなどでは タラの芽 が並んでいたけれど、我がフィールドではまだまだの様子。

あれって、温室かなんかで育てているのかな?

 

 

 

 

窓から見る景色は風もなさそうだし陽射しもたっぷり。

・・・出かけたのはいいけれど、見た目よりうんと寒い。

 

いくら虫目になろうと見つかる訳もなく・・・・。

 

 

130311a (32)b.JPG

 

 

 

 

130311a (27)b.JPG

 

ヒメオドリコソウも何となく色気がないような?

 

 

130311a (21)b.JPG

 

季節がら如何しても同じパターンになる?

 

 

実は今日、あまりにも花粉症の症状がきついので、医院に行ってきたんです。

9時に入って順番を見るとすでに64番目、受付の人に聞くとお昼をまわるだろうと!

仕方なしに正午過ぎに行ってみたら、まだ40番台を診察中と言う。

諦めきって待つ事に。

診察が終わったのは2時を回っていた、何と5時間以上を待つ羽目となりました。

先生は昼食とらずに診察を!えらい仕事やねー。

今年は花粉とPM2.5の影響が大きいのだそうです!

高級マスクも買いにくくなってきているとかです、えらいこっちゃ!

 

 

 

どんよりとした空間には黄砂や杉花粉が飛びまわっていそうです。

今日はたかじんさんが復帰すると聞きます、おとなしくテレビでも見る事としましょう。

 

昨日の事、自然公園の中に誰が植えたのかスイセンの花が咲いていた。

集まってくるのは、決まってアブたち。

 

 

130309a (38)b.JPG

 

 

 

 

130309a (43)b.JPG

 

ヒラタアブの仲間だろうけれど、誰だかなー?

 

空の事でぼやいていたら、北日本の人たちはもっと大変。

3月の半ば近くだと言うのに、未だ吹雪などに悩まされておられるそうです。

想像さえつかない。

 

 

 

木々の揺れは無く穏やかです。

杉花粉や黄砂などを考え薄手のヤッケを着こんで行きましたが、ちょっと暑かったです。

その分脱いだ後、払い落しやす利点があります。

 

毎年の光景ですが、テングチョウが日向ぼっこに出て、時折り占有行動をとったりして春を満喫している様子でした。

いよいよだなーって。

 

 

130309a (14)b.JPG

 

 

 

 

130309a (4)b.JPG

 

来月あたりには幼虫が見られるらしいので探してみようと思っていますが・・・・。

毎年の事、よう見つけません?

終齢幼虫の体長は30mmにもなると言うのにね?

 

今年はまだウグイスの鳴き声を聞かないなーなんて思いながら、帰ろうとした時にホケキョ!

一声だけでしたが、初鳴きを聞く事が出来ました。

地鳴きなどをしないでいきなりなんですね?

あまり気にした事がなかったので・・・。

 

 

 

 

昨日の鼻水、目の痒さを思うと外へ出る気になれなくて・・・・。

昨年まではそれほど影響も受けなかったのですが、今年は予想に反して厳しく恐れおののいている。

無駄な抵抗は止めて、おとなしくしておく事にします?

なんて事を思っていても、明日には出かけるでしょうけれど?

 

さて冬の間に野山に出かけると、いわいるドライフラワーをよく見かける。

中には素晴らしく良い表現の奴も見かけるのですが、この冬は出かける事がなかったのでさっぱりです。

ヤマアジサイやウツギなども良いですねー。

今日はちょっと遅かったのですが・・・・。

 

 

130306a (173)b.JPG

 

 

 

 

130306a (176)b.JPG

 

日当たりと風通しが良い南向きの林縁で出会いました。

ご存知、コウヤボウキのガクとそう花です。

高さは地表から80cm位でしょうか。

枝は細く雑草のようですが、小さくても立派な落葉低木なんです。

名前の由来は「高野山で箒を作る」とありますが、こんなに小さい箒でどこを掃くのでしょう?

 

 

 

 

春そのものの陽気、だけど春霞なんてしゃれた事が言えないようです。

どんよりとした空には嫌な物質が! 外へ出ると200枚入りのティシュが見る見る無くなって行く!

目は痒くなるし鼻水は出るし!

帰宅して、空気清浄機をフル稼働させたら1時間ぐらいで鼻水が止まり目の痒みも収まったような?

ハぁー、値打ちがあるもんだ。

 

今日は高齢者運転免許講習の日、午前9時半から午後1時まで。

これからはゴールド免許でも5年から3年に期間が変わるらしい。

妥当だと頷いていいのか、何だかすっきりとしない。

まーなんせ、一律だもんね。

 

さて、本日は冬眠から目覚めた自分が今年初めて出会ったハエトリグモです。

普通に見られるクモですが、発見した時は嬉しかったー。

それも、昨年からの不思議の擬木ステージで。

 

 

130306a (19)b.JPG

 

 

 

 

130306a (22)b.JPG

 

 

 

 

130306a (50)b.JPG

 

 

 

 

130306a (58)b.JPG

 

ネコハエトリの幼体だろうなー。

 

 

130306a (152)b.JPG

 

こちらは シラヒゲハエトリの幼体。

電柱にいたのですが、擬体色をフルに活用しているようです。

映りが悪いでしょう?いつもの事ですが・・・。

この後獲物を確保した場面を見たのですが、撮影は出来なかった。

 

 

 

よいお天気なのですが、PM2.5、黄砂などが気になります。

吾輩のように肺を患っているものには注意が必要とか!

しっかりとマスクをかけてフィールドへ、杉花粉の影響なのかクッシャミが出る!マスクのどこかから入ってくるらしい。

フィールドでゆっくりとするのは本当に久しぶり、心地よい風が気持ちを癒してくれる。

 

さて、本日は冬芽を観察してきました。

 

 

130306a (72)b.JPG

 

リョウブの冬芽、まだ傘はとれていない。

 

沢山ある芽の観察をしていたら、6本脚が止まっている?

 

130306a (116)b.JPG

 

フユシャクのメスだろうか、じっと動かないでいた。

自分はこの種を見るのは初めて、案外小さい。

誰だか判らなくても、蛾の顔だと言う事は判るような?

 

 

130306a (139)b.JPG

 

ネジキの冬芽、赤いとぼけたような帽子が愛嬌ですね。

 

 

130305a (10)b.JPG

 

タカノツメの冬芽。

上手く名前を付けたものです、力強い冬芽ですね。

左に見えるのはクロモジだろうか。

 

今日は今年初めてのハエトリグモにも出会った。

なんて事がないクモだけど嬉しいものです。

明日にでも掲載をしようと思います。

 

 

 

午前中はやや寒さが残ってましたが、午後より良い天候に。

陽射しも柔らかで暖か、啓蟄と言う事で時間を作りフィールドへ行ってきました。

 

さすがに虫の姿が簡単に見られる訳もなく、ただうろうろ!

ハエは元気ですね! 暖かそうな場所には必ずいるような?

落ち葉をめくってみると、慌てて小さなクモたちが走り回っていました。

とても写真なんて取れる状態ではないですが?

 

今日は花に関しての画像とします。

 

130305a (19)b.JPG

 

アセビの花がひときわ目立っています。

花って今頃でしたか? そう少し先だと思っていたのだけれど?

もっとも、花の周りには蕾が沢山ついていたけれどね。

 

 

130305a (29)b.JPG

 

ヤシャブシの花穂はまだしっかりと閉じていました。

間もなく黄色の花を咲かせるでしょう。

 

 

130305a (50)b.JPG

 

ウワミズザクラの新芽です。

直接花には関係ないけれど、来月あたりから白い小さな花を総状に付けたのが大きく揺れるのを目にする事が出来るでしょう。

目立ちにくい花だけど、自分は好きです。

 

 

 

少し時間の余裕が出来たので、ポイント還元でもらったコンデジを持ってフィールドへ行ってきました。

 

陽射しは暖かそうですが、やはり山は寒い!

昨夜はマイナス2℃、さすがに虫に姿は見られないですね。

年末に沢山の虫たちを見る事が出来た松を覗きに行ってきました。

何も見つける事が出来なかった代わりに?

 

 

130304a b.JPG

 

 

130304a (3)b.JPG

 

この様な穴が沢山見られます。

大きなものは直径2~3cmにもなるものも。

なんだろうなーっと考えた末に思いついたのは 小鳥たちが虫を求めて突いた痕 じゃないかと?

小鳥たちも生きる為に必死だもんね。

 

風が冷たい!そそくさと退散です。

帰路に木津川の堤防によってみました。

 

130304a (25)b.JPG

 

ギシギシの葉っぱでは、すでにコガタルリハムシがお腹を膨らませています。

この繁殖力は敬意を表したいぐらいです。

生まれ育っても鳥たちに食われたりで生存率が低いのでしょう、頑張って子孫を残していく知恵なのかな。

 

 

 

昨日紹介をしました鍋やナイフなどは、古くに使っていたキャンプ用品を利用しています。

なので、かなり使いこんでいる為に腐食しているのがあったりして・・・・!

この機会に直しておこうと思っています。

 

そして、本日は火と灯りのご紹介になります。

 

❍ 小型のコンロ。

130301a (8)b.JPG

 

2~3人ぐらいでお茶をする時に便利かな?

点火装置がついているので便利です。

 

❍ 少し大きめのコンロ。

130301a (6)b.JPG

 

大きな五徳がついており、多人数時に威力を発揮します。

一応風防があって風に強いですね。

ガスボンベもそれなりに強い奴を装填してます。

 

❍ 携帯に便利な固形アルコールです。

130301a (18)b.JPG

 

右側にある白い物体一個でシェラカップのお湯が2杯ぐらい沸かす事が出来ます。

火をつける場所に気をつけなければならないですが、ハイキングなどには最適です。

ポケットに入る大きさなので携帯に便利です。

 

灯り

❍ ガスランタン。

130301a (10)b.JPG

 

小型のガスランタンです。

大型のガソリンランタンもありますが、この場合は省きます。

最近ではLEDなどの電池のランタンがあるのでその方が便利だと思います。

購入をしておかなければ!

 

❍ ろうそくの灯り。

130301a (11)b.JPG

 

蓋をあけると蝋燭がぎっしりと入っていて、芯が3本ついています。

火を着ける本数を加減する事によって時間も長く使え光量も変える事が出来るのです。

長い時間使えるところが優れものです。

 

❍ ケミカルの灯り。

130301a (12)b.JPG

 

外装を破りチューブを出し、手で折ると光を発し出します。

ぼぅーとした灯りですが、8時間余り発行し続け、眠りについた時などテント内での灯りに便利です。

使い捨てなんで、あまりお勧めは出来ないかな?

 

❍ 火をつけるもの。

130301a (35)b.JPG

 

これはガスライターですが、先が長い分着火しにくい場面などで威力を発揮します。

 

 

130301a (13)b.JPG

 

これは、いわいるロウマッチです。

風や水濡れなどに強く信頼がおけます。

左側にある丸い筒はハエトリリボン紙です。

懐かしい思い出がある方もおられるのでは?

その昔、魚屋さんの軒先には必ずぶら下がっていたもんです。

 

 

この他にドームテントやシュラフ、中敷きのクッション、テーブル、チェアーなども用意しています。

ちょっと考えすぎかな?

実際に、何か起こった時に使えるかは疑問ですけどね!

 

 

 

 

いいお天気だのに時折り雪が舞っています。

以前の住まいから比べると、2℃ぐらい低いように思います。

生駒山に近いせいだろうな。

 

さて、本日は災害用に準備をした、ナイフやカトラリー、ちょっとした工具などを掲載します。

 

 

130301a (36)b.JPG

ナイフとハサミ、これがあれば料理をほとんど出来るかと思います。

下の画像のようにサックに収まりベルトに下げる事が出来ます。

130301a (38)b.JPG

 

 

❍ 料理用ナイフ。

130301a (24)b.JPG

130301a (26)b.JPG

このナイフはグリップと刃先を交換する事が出来、コンパクトに治まるようになっています。

上の白い板は折りたたみ式のまな板です。

 

 

❍ カトラリー

130301a (41)b.JPG

一通りそろっている便利グッズです。

❍ 工具にもなる、便利切れ物。

130301a (28)b.JPG

先ほどの便利ナイフのデカイ版です。

刃先は20cm以上あり、ノコギリなどにも使えます。

このメーカーの商品は優れもので、大変よく切れるのが魅力です。

 

 

130301a (34)b.JPG

マルチプライヤー、いろいろな工具が仕込まれていてひじょうに便利です。

安全を期すためにロック機能があり安心して使えるのです。

 

写真は掲載しないですが、この他に耐熱の手袋は必須かと思います。

ケブラーで出来ていて熱に強く、ささくれ立った材などを掴んでも破れる事はない優れものです。

見た目は普通の軍手と変わりはないです。

 

明日は火器類を掲載しようと思っています。

 

 あ~~~!早くフィールドへ出たい。

 

 

いよいよ3月です。

今日は心持暖かでしたが、明日からは寒の戻りだとか。

嫌ですね。

 

さて、今日も出かける事が出来ませんでした。

そんな事で昨日の続きでこの場を濁します。

 

最近、特に災害の情報を目にしたり、耳にする事が多くなっています。

何がしか、それなりの準備をしなければ。

昨日から更新をしている画像は15年程度前から準備をしていたものなので、器具などは古い情報になっていると思います。

でも、やらないよりはマシ?

 

 

130301a (58)b.JPG

 

 

130301a (60)b.JPG

 

一応こんな風にクーラーボックスに固めて入れています。

比較的出しやすい場所に置いているのですが、邪魔な時も!

上の大きな方はPCの横に置いて机代わりをしています。

図鑑などを広げるのにちょうどいい大きさなのです。

 

❍ 浄水器

130301a (21)b.JPG

 

ポリタンクも用意はしているのですが、水がない時など池の水でも飲めるように。

 

❍ 鍋・釜。

130301a (47)b.JPG

130301a (48)b.JPG

 

 

130301a (50)b.JPG

130301a (51)b.JPG

 

収納を考えてスタッキングが出来るものがいいですよ。

 

❍ 食器。

130301a (52)b.JPG

130301a (54)b.JPG

上の食器は保温性がありますが、ちょっと大きいのが難点。

下はスタッキングが出来る食器で深いのと浅いのがあります。

何故3個づつかと言いますと、その昔は娘が一緒に暮らしていたからです。

 

❍ 水筒。

130301a (42)b.JPG

作業を伴う時に持ち運べるように用意をしました。

 

130301a (44)b.JPG

 

もう必要が無くなりましたが、ワンコ用でした。

 

この様なものが必要なければいいのですけれど。

でも、準備はしておかないとね。 

明日も、これに関連したもので更新をするつもりです。

 

 

 

 

 

 

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト