ハンミョウ。

| コメント(4)

ヤマトタマムシも美しいですが、ハンミョウも負けず劣らず美しいですね。

これほどの色使い? 何故必要だったのだろう。

 

毎年越冬をする崖の観察を続けていたのですが、今年は現れなくてダメだと思っていました。

昨日の事、諦めて帰ろうとした時、ぶ~~んと目の前を通り過ぎる奴が・・・・・?

目で追って行くと枝の先っちょに止まった。

 

ナミハンミョウのお出迎え、よう来たなーって挨拶に出てきたようです。

 

 

130530a (54)b.JPG

 

 

 

 

130530a (59)b.JPG

 

いい場所に止まってくれたもんです、腰を曲げんでいいからね!

今回は正面からの画像は撮れなかったのですが、口元は突出した大あごと、幾つかの鋭い歯があり、すごい事になっています?

複眼が大きいのも特徴かな。

 

このハンミョウ、保育社の図鑑では ハンミョウ科 であります。

つい最近に衝動買いをしたポケット図鑑では オサムシ科 になっています。

どっちが正しい?と言いたいところですが、時代とともに変更されているのでしょうね。

 

 

 

コメント(4)

こんばんは~

ハンミョウ色鮮やかですね。
確か穴の中で獲物を待つ虫もハンミョウと言ったような~
穴の中にいるのは幼虫なのかな。
成虫はほんとにカラフルできれいですね。

ナミハンミョウ、ほんと綺麗ですよね。

砂地になっている場所で良く見かけるような気がします。

採集の傍ら出くわすと写真を撮ることがありますが、近づくとすぐ逃げるのでこんなに上手に生態写真は撮れません。

みずりんさん、こんにちは。
自分が子供の頃にはどこでも見る事が出来たのですが、今はいないねー!
残念な事です。
確かに今頃から秋にかけて幼虫と成虫の両方が見られますね。

よしたろうさん、ようこそ。

大昔?子供の頃には「ミチシルベ」などと呼んでいました。
それぐらいよく見たものです。
人の歩く一歩手前を少しづつ飛んでは進み、道案内をしているかに見えるのが可笑しいです。

だんだんとこう言うのがいなくなると、何だかなーって言いたくなりますよね。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2013年5月31日 13:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カミキリムシの仲間。」です。

次のブログ記事は「シマヘビとカナヘビ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト