コメツキムシの仲間。

| コメント(0)

最近では心地よい風・・と言うのに出会った事が無い。

せいぜい、シャワー上がりにエヤコンの前で吹かれる風がいい心地か。

窓の外は、ねっとりとした身体に絡みつくような重い空気が舞っている。

 

今朝もヒヨドリのけたたましい鳴き声で目が覚め、寝てなどおれなく出かける事にした。

木津川沿いにはどんよりとした靄が立ち込めて、山が霞んで見えない。

昔風に言えば スモーク化学現象 のようである。

7時半ごろには解消したけれど、下草はびしょ濡れ状態で膝下まで濡れるのを覚悟した。

昨夜は雨が降ったのか?・・・そう言えば車も!

 

 

130712a (57)b.JPG

 

 

 

 

130712a (56)b.JPG

 

ウバタマコメツキ コメツキムシ科 体長30mm近くある大型のコメツキであります。

このコメツキ、樹皮の間に入り込んでいると同じような体色の為だまされる。

よく似たのに サビキコリがいるけれど半分程度と小さいので判りやすい。

 

 

130708a (51)b.JPG

 

ヒゲコメツキ♀ コメツキムシ科 体長27mmぐらいと大きい。

この画像は7月初めに撮影したもので、まだコウゾの果実が残っている。

 

コメツキムシは種類が多い上に似ているのも多い。

今日も樹液食堂で比較的大きな個体が数頭いたけれど、見て見ぬふり??

 

 

 

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2013年8月 2日 12:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コガネグモの仲間。」です。

次のブログ記事は「シロオビトリノフンダマシ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト