クロセンブリ。

| コメント(2)
沢沿いを歩いていると、葉っぱの上に黒い物体が?
 今頃の時期に現れる クロセンブリ です。



140430a (232)b.JPG





140430a (238)b.JPG





140430a (242)b.JPG

カメラを向けると、まるでポーズをとるかのようにくるりと回ってくれた。
然しながら、どう撮ってもまっ黒けであります。

クロセンブリ センブリ科 体長は25mmぐらい。
ヘビトンボに近い仲間です。

ぼちぼち、ツノトンボが出てくる季節です。
探さなくては。





コメント(2)

角蜻蛉とはキバネツノトンボのことでしょうか。ぼくはハッチョウトンボを調べていたので、本種は湿原と結びついています。何回か見ているからです。乾燥草原では、ぼくらの場合は溜め池や川の土手がそれに相当しますが、そういう所をあまり徘徊していないぼくはそこでは遭遇したことがありません。
昨日、オドリバエspがキノコバエ?spを襲うところをたまたま目撃しました。捕捉現場に出会ったのは初めてです。

春日瑠璃さん、こんにちは。

ツノトンボ科の仲間には オオツノトンボやツノトンボ、キバネツノトンボがいますが、いずれも5月から6月にかけて出始める?ようです。
キバネは6月ごろまでと見られる期間が短いので、見る事が少ないですね。

補足現場と云うのは、意外と見つからないですね。
これからの時期には スズメバチの仲間の幼虫狩りが盛んになります。
見た時は、ただ、お~~!・・・て!

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2014年5月 2日 20:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カメムシたちも出てきました。」です。

次のブログ記事は「ヤコンオサムシ と オオオサムシ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト