おとしぶみ。

| コメント(2)
昨年はあまり見る事が出来なかった オトシブミの仲間 ですが、ようやく見られるようになってきたようです。
・・・と云っても、普通種には変わりはないですけどね。
この小さな虫の働き方を見ていると、一生懸命さが伝わり可愛さ倍増です。



140502a (210)b.JPG




140502a (224)b.JPG

ヒメクロオトシブミ ゾウムシ上科 オトシブミ亜科 体長は5mm前後。



140525a (14)b.JPG




140525a (100)b.JPG




140525a (30)b.JPG

カシルリオトシブミ ゾウムシ上科 オトシブミ亜科 体長は4mm前後か。



140526a (117)b.JPG

これはカシルリオトシブミの揺籃ですが、産卵を終えてから1~2時間もかかって作り上げます。
孵化すると巻かれた葉っぱを食べて成長するのですが、親は子供の顔を見る事はないのです。


さて!
上のカシルリオトシブミの揺籃に対して

140523a (14)b.JPG

綺麗にまかれたこの揺籃は誰のもの?
カシルリオトシブミの揺籃が約5~6mm位・・・に対して、この揺籃の大きさは20mmはあります。

林縁で拾ったのですが、さぁー判らない。
それにしても、上手く巻くものですね。



コメント(2)

おはようございます。
私も昆虫に興味をもっているので
楽しくブログを拝見させて頂きました。
カシルリオトシブミの揺籃の下の揺籃は
キブシの葉を巻いたように見えました。
キブシだったら今頃,青くて丸い実がなっていますので
その揺籃が落ちていた上を探せば見つかるでしょう。

itotonnbosannさん、おはようございます。

何の葉っぱかなーと思っていたのですが、キブシでしたか。
唯、この場所は崖っぷちで、かなり高く登れそうにもない所なので、ちょっと無理かなー。

揺籃を持ち帰り、育てたほうがよかったかも知れないですね。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2014年6月12日 14:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハナアブの仲間 3種。」です。

次のブログ記事は「蛾らしくない蛾?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト