やままゆの空繭。

| コメント(2)
落ち葉を踏みしめて・・・虫を探すというより散策気分で歩いていて見つけました。

昨夜の雨に打たれた落ち葉がしっとりと濡れています。
その中にやや白っぽいものを発見。


150116a (33)b.JPG




150116a (34)b.JPG

手にとって見ると、ずっしりと重みを感じます?
振って見ると、からからと主がいなくなった蛹の抜け殻が転がります。

繭柄の傍には主が成虫になり抜け出た跡がかすかに確認できました。
繭には弾力性があるんでしょう、抜け出た穴は小さくすぼんでしまい、見た目では判らないです。

主が抜け出る前はコナラなどの葉っぱに覆われ、繭の色は緑色が濃く見つける事は難しいです。
用が済むと、落葉と同時に色はあせて淡い黄色のように変化して落下したり、そのまま枝に残っているのを見る事があります。

その中には繭の横っ腹に大きな穴があいているのを見る事があります。
成虫が抜け出た跡でなく、野ネズミなどの食痕なのであります。


131225a (23)b.JPG

この画像は昨年の12月に撮影をしたものです。

この繭はウスタビガの空繭ですが、横っ腹に大きな穴が!
中の主は食われてしまったか。




コメント(2)

おっちゃんさん、おはようございます。
この季節、枝を見上げていますと、
ヤママユの繭をいくつかみることができるのですが、
今年は一つも見ていません。
よく見かけるところにもなくって、
ちょっと心配しています。
何とも言えない淡い若草色ですよね。
寒いときに出会えると、
春の色合いだなぁと懐かしくて・・^^

ブリさん、こんにちは。

数年前なら当たり前のように見られたんですが、近年本当に少なくなりましたね。
自分はここ数年間はヤママユ系の成虫を観察した事がありません。
他にも何かと少し考えるだけでオトシブミなど数種の虫たちの観察が出来ていない事に気がつきます。

原因はいろいろとあるでしょうが、何だかなーであります。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2015年1月18日 09:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「てんとうむし。」です。

次のブログ記事は「天狗の日向ぼっこ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト