2015年2月アーカイブ

やまがら。

| コメント(0)
公園の一角にある松は何故かヤマガラがよくやって来る。

松ぼっくりが多く着いていて、クモなどの獲物が多く潜んでいるのかも知れないのですが?
・・・それならエナガなどもやって来ていい筈なんですが、見た事がない。


141004a (27)b.JPG





141016a (89)b.JPG




141016a (97)b.JPG




141016a (95)b.JPG


ジージィーと おじんを呼ぶ声が可愛い?
その昔、神社などのお祭りでは ヤマガラのおみくじ引き が大人気でしたね。
今は遠い昔のお話・・・、このお話が判る人はそれ相応のお年? 



沢にかかる橋梁の欄干に一匹のアリが出て来ていました。
この欄干は鉄製の為か、触ってみるとほんのりと暖かくアリは気持ちが良さそうです。

気温の変化を感じて世間のようすを伺いに出てきたのかな。
このアリにとっては、危険だと思うんですが・・・使命なのか。


150224o (24)b.JPG




150224o (25)b.JPG




150224o (28)b.JPG

腹節の2ヶ所には スサマタのような形をしたトゲ が見えます。


指を差し出すと、難なく乗ってきて・・・何やら手入れをしだした。

150224o (39)b.JPG

背伸びをして・・・・?


150224o (38)b.JPG




150224o (40)b.JPG


数秒間のシャッター音がしている感は前が見えない!
何が起こっているのかは現像をしてからのお楽しみ?


チクシトゲアリ アリ科 ヤマアリ亜科 トゲアリ属 体長はアリとしては大きい方で5mmぐらいか。
巣は木の上などの枯れ枝に作るようです。




初見のフユシャクか?

エダシャクの仲間には違いがないかと思うんですが、見た事がない奴。
体型はフユシャクの♀を思わせます。
・・・が、調べてみると。


150224o (6)b.JPG




150224o (4)b.JPG

シロトゲエダシャクの♀ ではないかと。

この日林縁を歩いていると、白いエダシャクのようなのが飛び立って逃げるのを何度か見ました。
かなり高く遠くにヒラヒラと飛んでいきます。
追いかけてまで撮影をしようとは思わずでしたが、それがオスだったのかも知れない。


そして、昨年にもこの時期に観察していた不明種に出くわしました。
これが、調べてもどうにも判らない!

150225n (3)b.JPG



150225n (9)b.JPG

2枚の画像は同種だと思われますが、別個体です。
ヤガの仲間だとは思うんですが??です。

昨年は3月15日に同種と思われるのを観察、撮影をしています。



三寒四温って、もともとは中国や朝鮮半島など極寒の地域で使われていた言葉だそうですね。
なので、今ごろ使う言葉ではなく真冬に3日寒くて4日暖かい日の事をさしたようです。

自分は、今の時期などだんだんと暖かくなる現象を云い現わすものだとばかり思っていました。
もっとも、最近の気候変動ではそれも不釣り合いになってきたかのようですが。

今日の予報は、暖かくなり日差しもあるとか?? 然し今はどんよりと黒い雲が空を覆っています。
昨日は、何やらどんよりと嫌な天気やなーと思っていたら・・なんと、黄砂が飛んできているとか。
それに伴いPM2.5も!
又また、うっとうしい気分になりそうです。
しばらくは仕方がないですね。


山道を歩いていると、突然小鳥が飛び立ち驚かされる事があります。
いくら気をつけていても、そこに小鳥などがいるなど・・・?
でも、あいてはちゃんと敵が来た事を知っているのであります。
擬態、カモフラージュ・・・は見事であります。


150221a (15)b.JPG

ミヤマホオジロ ♂



150221a (9)b.JPG


150221a (11)b.JPG

ミヤマホオジロ ♀
冬鳥と云う事なので、間もなく移動してしまうんでしょうか。

この色合いで地表にいると、枯れ草や枯れ葉と全く見分ける事が出来ないです。

そして帰路に出会った・・・。

150221a (16)b.JPG

ルリビタキの♂ でしょうか。
美しい瑠璃色を写せなかったのが残念。
ちょっと遠かったもんなー。  きっちりとノイズが!



随分寒さは和らぎました。
山での気温は13℃、ウグイスの初鳴きも聞こえ春まであと一歩です。
・・・とは言っても、もう一度ぐらいは寒さのぶり返しは来るでしょうね。

昨日は、唯一頭だけの収穫?で、しかも画像としては失敗作ですが・・・。
面白いんです。

体長2~3mmぐらいの小さなハムシの仲間ですが、これが又よく動きます!
にもかかわらず、深度合成の試し撮り・・・をやったもんですから・・・上手くいく訳がない。

失敗作ですが、見て下さい。


150223o (4)b.JPG




150223o (8)b.JPG

触角が何本もある訳ではないですよ?
数枚を合成させるとこんな風になるようです。

ナトビハムシ ハムシ科 ノミハムシ亜科 体長3mm程度。
出現期は早春から秋遅くまで見られます。



5月23日の画像から。

実はこの画像のキシタバの幼虫には随分悩まされたのであります。
体色があまりにも黄色と云うのが理由です。

決め手は頭部の紋様でした。


120523a (45)b.JPG




120523a (51)b.JPG

キシタバ ヤガ科 シタバ亜科 フジの葉っぱを食っていました。

幼虫の体色は、もう少し茶色っぽいのが多いんですけどね?
成虫は後翅に黄色っぽい美しい紋様があり、翅を広げると見事です。



衝動買い。

| コメント(2)
以前から気になっていた コンパクトデジタルカメラ があったんです。

そして、数日前に五浦さんからコメントをいただいた時にカメラの話題が出て、思い出し・・・。
A社を覗きに行くと・・・何と大幅な値下がり価格が提示されているではないですか!

自分が気にしていた時期の価格は38.000~40.000ぐらいだったのです。
300円下がり・・・500円下がりとじわじわと下がって行ってるなーと思っていたんですが。

そして、2月10日なんといきなり¥32.800まで!予定していたより5.000円も!
今が買い時とばかり、ポチリ。
衝動買いもいいとこ!


150222a (2)b.JPG

頂いたギフト券を使ってLEDライト込で支払額は¥33.841也ー。
届いた日にA社を見に行くと・・なんと、もう38.000まで値上がりをして・・・。
上手い事買いもんをしたなーと万歳三唱であります。

このカメラ、面白いんです。

150222a (3)b.JPG

LEDライトを装着した状態です。

試し撮りをしようと思っても、お天気の具合がよろしくない日が続きましたが、昨日は久しぶりに快晴。
喜び勇んで行ったのはいいけれど、まだ虫は出てこない。

とほほ^^・・・と歩いていると、ガードレールに小さな虫か??としか見えないのが?
これは試しどきとばかり・・パシャリ。

ゴミグモの幼体と思われますが、大きさは3~4mm程度!
取りあえずやってみたかったのは 深度合成 なるパシャリ。


150221o (15)b.JPG



150221o (16)b.JPG

深度合成の画像は 始めにピントを合わせた場所の画像を1枚 と 数枚合成した画像の1枚 と合計2枚 が画像として記録されるんです。

上の画像と下の画像を比較して頂くとはっきりとその差が判りますでしょ?


後、虫がいないので オオイヌノフグリ をパシャリ。

150221o (25)b.JPG



150221o (26)b.JPG


なんせ中腰で手持ち撮影・・・ちょっとブレが出ているけど・・仕方ない!
だけど、こんなに面白いカメラは初めて、ただシャッターを押すだけです。

今年は活躍しそうです。



昨年、4月・5月の画像から。

ゴマダラチョウの幼虫がエノキに這いあがってきていないかなーと・・・、枝などを観察していた時の事です。
エノキの幼木から、ようやく若葉が出始めていました。
なんと自分の背後から、美しいハバチが持っている枝にとまり・・何やら物色し始めたのであります。


140416a (102)b.JPG

その直後の産卵模様。


140416a (100)b.JPG

若葉の付け根あたりに産みつけている様子です。
卵を確認しようとしましたが、さっぱり見えない。
この画像の撮影は 4月16日。

そして後日確認に行くと。

140504a (63)b.JPG

すでに孵化していました。
5月4日撮影。

そして、産卵から一月以上過ぎた5月24日には。

140524a (29)b.JPG

かなり大きくなっていましたが? 
寄生バエにやられたか! 卵らしいのが1個みえます。

同日、別個体は。

140524a (26)b.JPG

上の個体より成長が早いようです。
・・・・が、またしても寄生バエの卵が・・・見える範囲でもご丁寧に4卵確認できます。

撮影している時には気がつかなかったのであります。
可哀想だけど2頭ともに成虫にはなれない・・・・。

ホシアシブトハバチ なんて増えすぎるほどいないのになー。
子孫を残すと云う事の大変さは 虫たちが 一番理解しているのかもしれないですね。



お昼過ぎだったか、日差しがあったので出かけると山へ近づくに伴って雪交じりの雨が!
一応、いつもの場所へたどり着いたのはいいけれど、このお天気では何も望めそうにもない・・・。
30~40分ほど散策をして帰り支度。

開けた明るい場所まで出ると・・・又日差しが!
ややこしいお天気であります。
・・っと、すると・・・目の前をでかい鳥が横切っていく?? 

猛禽類には違いはないけれど、自分には詳しい種までは判らない・・・とほほほ。


さして大きいとは思われないけれど?
止まった場所はすぐ目の前。


150219a (4)b.JPG

ええ顔してるね。
猛禽類って、こんなに尾は短い??(知らないほど怖いものはない?)

あまりにも近づくもんだから・・・飛んだ!

150219a (11)b.JPG

それでも、気にせず毛づくろいなどをして余裕であります。



150219a (23)b.JPG

ノスリ でしょうか。
こんなに目の前で見るのは初めてでありまして、ちょっと興奮気味であります。

少し目を離した瞬間に??もうおらん?
飛び立つ時には羽音ってしない?のかな。

自分は長いレンズなど持っていないので、虫用のレンズで撮影したのですが・・・。
これだけ写ればまずまずかな。


今日のお天気も晴れたり曇ったり・・・、安定しない日が続きます。
8℃から10℃ぐらいの日が3日ほど続けば・・・少し虫の姿を見られるんですけどね。
あと一月の辛抱です。



昨年5月中旬の画像から。

姿から想像すれば、ハバチの幼虫 と思われますが、さて誰だろうか?


140508a (71)b.JPG

5月8日撮影。
ハバチの幼虫・・・って、親が同じだとこんなにも同じような行動を??

2日後、同じ葉っぱにいた個体群。

140510a (44)b.JPG

2日もすればかなり成長が見られます。
個性も出てきて、それぞれが勝手な方向へ? ・・・と言っても、まだまだ集団生活は終わらないようですが。

検索をしてみると カエデヒゲナガハバチ と云うのがいるらしい・・・と云う事が判りましたが。
カエデの葉っぱを食うと云う事で合っているかもしれないですが・・・、さて、どうでしょうか?



つぐみ。

| コメント(0)
日差しがあり、暖かなお昼過ぎに出かけてはみたけれど・・・。
・・・ふらっと歩いていて見つけられるほど、とんまな虫はいない?

・・っと!いきなり間近から飛び出した奴が! びっくりしたなーもうー!

人が驚いた事なんて・・何があったの・・・と??
しれーっと、こちらを見ています。


150121a (7)b.JPG


調べてみると、旅をする鳥で つぐみ と云うらしい。
にぎやかな声でなく むくどり と思ったけれど、ちょっと大きいように見えました。
近い場所だったせいかも知れないですがネ。


そして、今日も出迎えてくれたのは。

150216a (4).JPG


すぐ近場で、この枝辺りから地上へ下りたり・・・又枝に上がったりと忙しい。
近場だから、カメラで追うのが精いっぱいでタイミングがとれない!
今日は後姿だけ・・・・が、あとはボケたのばかり。



どの幼虫を見ても、成虫の姿は想像がつかないほど違っていますよね。

今日の画像も、幼虫のおしゃれな紋様から・・・真っ黒な成虫は似ても似つかぬ姿なのであります。


春から秋にかけてギシギシやスイバなどの葉めくりをすると必ず見つける事が出来るのは。


141031a (60)b.JPG

危険を感じるとまん丸くなるのか、見つけた時にはいつもこんなに丸まっています。

そして、変身後の姿は。

140501a (85)b.JPG

四角い頭部が特徴の ハグロハバチ です。

間もなく、ギシギシやスイバなどで コガタルリハムシ を見る事が出来る季節ですね。
待ち遠しいなー。



昨年5月末の画像から。

特徴のある、おしゃれな黒い帽子をかぶった幼虫です。

よくよく見ると、2月6日に掲載した スギタニキリガ と同じように産卵されているようです。
形から見れば、全く同じ種に寄生されたかにみえます。

それも、ご丁寧に2個も!


140527a (57)b.JPG




140527a (52)b.JPG




140527a (53)b.JPG


キバラモクメキリガ ヤガ科 

成虫も・・黒くはないですが・・・頭部の後ろ辺りの背は盛り上がっていて帽子をかぶったように見えます。
成虫で越冬している筈なんですが・・・見つけられないですね。




昨年4月7日の画像から。

一年も経とうと云うのに、いまだに判らなくて悩んでいるんです!


140407a (20)b.JPG




140407a (27)b.JPG




140407a (30)b.JPG




140407a (31)b.JPG


頭楯から上唇、オオアゴにかけて大きく前へ張り出しています。
脚には多くの毛が密集、後脚には花粉を運ぶのに適した花粉籠があるようです。

ちょっと胴長に見えますが? 写し方で見え方も変化するので・・・?? です。

ハナバチの仲間には違いはないかと思われるのですが、種までたどり着けないまんまです。




昨年の春(4月28日撮影)から悩んでいるハバチの仲間です。

体色は全体に黒、脚には白色の斑紋があり、体長は10mm程度であります。



140428a (54)b.JPG




140428a (35)b.JPG




140428a (47)b.JPG

翅にある斑紋はオオクロハバチと思うところですが、脚の白斑が気になります。

比較的よく見られる種だと云う事ですので、合ってるかと思うんですが自信がない。



昨年5月末の画像から。


タイトルに「パンダ顔の幼虫」・・・と書けば、あと何も書くことがないのであります。


140523a (12)b.JPG

かろうじて、尻尾?で体を支えている姿がいいです。


140523a (7)b.JPG


ヒロバトガリエダシャク シャクガ科 幼虫の大きさは40mmぐらい。

ホストはブナ科や桜などの筈なんですが、何故こんな場所に?
ようすからすれば、上から落ちてきたかな!




山へ入りしばらく歩くと、必ずと言っていいほど出迎えてくれる小鳥がいます。
くちばしを開けて囀る訳でもないけれど、クルクル・・と云うか・・・カエルのような書き声であります。



150121a (16)b.JPG

疑い深い目でこちらを見ていますが、強い警戒心はないようです。


150121a (8)b.JPG


小鳥の事はよく知らないけれど、この姿は ジョウビタキの♀ で合ってるでしょう。
同じヒタキ科の ルリビタキの♀ とよく似ていますよね?

オスから比べると地味な色合いですが、さして着飾らなくてももてるのに自信があるんでしょう。



昨夏7月の在庫画像から。


幼虫の身体にある紋様はどこから来るのか判らないけれど、複雑で美しいのもいます。


140716a (68)b.JPG

オニベニシタバ ヤガ科 幼虫の大きさは70mm程度。
成虫はカトカラと呼ばれる人気の仲間。 後翅は赤く美しい紋様を持っています。

ホストはブナ科植物ですが、何故かシダ類の葉っぱに?
 鳥にでも食われそうになり・・落下してきたのかな。




今日は特別冷えてます。
寝室の窓はびっしりと結露、拭き上げるのにバスタオルがびっしょりと重くなるほどです。

いま9時を回ったところ、少し日差しが出てきました。
この後、出かけなくてはいけないのでありまして・・・大丈夫かなー?


昨年6月の画像から。


140609a (77)b.JPG

キムネクマバチ ♀  ミツバチ科 体長は20mmを超えています。

観察できるのは4月頃から10月頃までとされていますが、昨年あたりは結構おそく11月頃まで見る事が出来ました。
やはり暖かくなってきているんでしょうね。




昨年9月の画像から。


体色と同じような色の場所にとまっていた カシワクチブトゾウムシ です。
・・・実は、バックになっているのは自分の車(シルバーグレー)なんです。
汚れがひどくなくて・・よかったー?



140903a (62)b.JPG

この場所が自分の体色と似ているから止まったのかどうかは、本人に聞かなければ判らない?
たまたまなんでしょうが、自覚しているとすれば・・えらい奴です。

カシワクチブトゾウムシ ゾウムシ科 体長は5mm程度です。
よく見られる種ですが、よく似たのに コカシワクチブトゾウムシ と云うのがいるそうで、体長も同じぐらい、??

何処が違うかと調べると・・・口上板に鱗片がありなし・・とありますが?
そもそも、口上板とは何処であるのか判らない。

調べて行くうちに、触角と触角の間で口吻の上あたりらしい・・・と云う事でありまして?

虫めがねを持ってしないと見分ける事が出来ないのであります。
虫屋さんであれば、当然の事・・・その行為をして判断すべきだと思うんですが・・・・!
自分には・・・やっぱり虫屋の資格はない。
こうなれば・・・・・とほほ・・・・・で逃げるしか手はないのであります。

とほほほ・・・・ほほ。



5月の在庫画像から。

レンズを空に向けての撮影で逆光になり・・その後埋もれていた画像なんですが。
この際・・・仕方なく?


130512a (12)b.JPG

確かに、モドキ・・・と付けていいような体型?
全体を見ると ハチ のような、それでいて頭部を見れば ハエの仲間 に見えます。

ミツモンハチモドキバエ デガシラバエ科 体長は10mm位。
5月から6月にかけての短い期間に出現するようです。




タイトルの「不明なミツバチの仲間。」を訂正いたしました。
詳しい種までは特定できていません。

 五浦さまより 「ヒメハナバチの仲間」 ではないかとの連絡をいただき、調べた結果ヒメハナバチの仲間である事が判明しましたので訂正を致します。

判らない事が判ると云う事は本当にうれしいです。
五浦さま、ありがとうございました。

昨年4月末の画像から。

いくら調べても、納得のいく種名が判らない。
体つきから、ミツバチ科の仲間だと思うのですが、 ・・・・ さて?


140418a (69)b.JPG

複眼は大きく張り出していて、周りの毛が抜け落ちているかに見えます。
体長は10mmを超えていたかと。

そして?

140418a (67)b.JPG




140418a (72)b.JPG


アゴの下からは格納していたショベルカーのようなのを繰り出して手入れをしているかに見えました。

全体を見ると ニホンミツバチ と思われるのですが?
ちょっと、胴長にも見えるしなー?

少し高い場所にいた為に横からの撮影が先になり、上部から写そうとした時には時遅し!飛ばれてしまったのであります。

すでに8ヶ月間も悩んでいる個体画像であります。



昨年5月末の画像から。

スギタニキリガの成虫は特徴のある紋様を持っていますが、幼虫も特徴のある美しい紋様を持っています。


140525a (48)b.JPG




140525a (53)b.JPG


そして、別の日に見つけた個体は。


140527a (31)b.JPG




140527a (32)b.JPG


頭に何かくっつけています?
手が届かないもんなー、気になるやろね?


140527a (33)b.JPG


えらい場所に・・産みつけられた?
よく判らないですが、寄生バチか寄生バエの卵ではないかなー?
コマユバチの繭にも見えますが・・・さて?


そう言えば、先日掲載しました クロカタビロオサムシの獲物になった幼虫は こ奴ですね。
特徴のある・・・一本眉・・・が?

スギタニキリガ ヤガ科 
成虫が出現するのが3月~5月。
この幼虫を観察したのが5月20日から末にかけてなので、通常ですね。




昨年12月の画像から。

チャバネフユエダシャクの♂がかなり少なくなった12月の下旬になって♀の姿を多く見るように?

少し注意をして観察をすれば、あちこちで見られました。


141221a (52)b.JPG




141221a (54)b.JPG




141221a (56)b.JPG


体表をよく見ると、ビロード状の艶毛が白と黒のコントラストをよりいっそう美しく見せています。

チャバネフユエダシャク♀ シャクガ科 エダシャク亜科



山に入っても、小鳥の鳴き声さえ聞こえないほど静かなときがあります。

それもしばらくで、遠くの方で ちゅるちゅるちゅる とメジロの鳴き声が。
観察を続けるとおもしおろい事に気付きました。

メジロって、一羽だけが鳴いていても、ちゅるちゅると数羽に聞こえるんですね?
群れているもんとばかり思っていたので、自分には大発見でした。

残念なことに、この時はカメラを向ける事を忘れてしまって・・・。
帰路に葦やガマが生える池畔で しじゅうから がすぐ近くに。



150121a (23)b.JPG




150121a (33)b.JPG


枯れ葉などの隙間に潜んでいるクモなどを啄んでいるのでしょうか。
時折、こちらを気にしながら忙しく枝から枝へ移動しています。

背の黄緑色が美しいです。



寒さが厳しいにもかかわらず、春に向けての準備が始まっています。

植物の種によっては、まだまだ冬芽さえ望めないほどか弱いのもありますが、中には「どんと来い」などと強い意志を示す?ものも。



150110a (61)b.JPG

この山に多く見られる ウワミズザクラの冬芽 です。



150116a (23)b.JPG


150112a (15)b.JPG

タカノツメ 何となくネーミングの意図が判ります。



150107a (24)b.JPG

タラノキ もまだまだ固くガードしています。

皆様は豆まきをなさる予定は?
自分は一応購入してはいますが、年の数はきつい!!
一週間ほどかけて頂きましょうか。

節分に関するニュースが多く報じられていますが、楽しい習慣は残したいもんです。
  恵方巻きなどは・・・いつどこから来たんでしょう?
  商売繁盛上手な人に上手くのせられた?  結構結構。  楽しい事はいいことだ。



一年で一番寒い季節、日差しはあるものの空気は冷たくて、つい肩をすぼめて歩いています。

落ち葉などかき集めて、一枚一枚めくり探しをすれば隠れているのが見つかるでしょうが!
やれてはいない!
歩いていて見つかるほど、虫探しは簡単ではない・・・のは判っていても。
ついその気になって、樹皮などに目が行っています。

今日の画像は昨秋の在庫からです。


140919a (52)b.JPG

なんともユーモラスな顔に見えます。
笑っているような・・・・・相手の出方を観察しているような?? 人の顔に見えるから面白い。


140919a (48)b.JPG

この姿を見て バナナムシ とネーミングした人がおられるそうです。

じっと見つめていると、横歩きで葉裏に隠れます。
葉っぱを捲ると・・また横歩きで・・・元の位置に?  

バナナムシ こと、ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科 体長は10mmを超えている。
寒さに強いのか12月初めごろにでも観察する事があります。



昨秋11月の画像から。

肌寒くなり始め花が少なくなった11月初旬、セイタカアワダチソウには多くの虫たちが、争うように訪花していた。
ハエと云った名前だけで、カメラを向ける事が少ないのですが。
じっくりと観察すると、それはそれなりに美しいです。


141106a (20)b.JPG




141106a (21)b.JPG

ツマグロキンバエ クロバエ科 体長5mm強ぐらい。

複眼が青紫色に輝き6本の筋があり、胸部背面には深い緑色で腹部まで広がっています。
晩夏から秋にかけて多く見られます。



2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト