ムクゲコノハの幼虫。

| コメント(2)
昨夏7月の在庫画像から。
タイトルを変更いたしました。
2017.05.15.にATSさんからコメントをいただき間違いが判明したためです。
ATSさん、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いをいたします。


幼虫の身体にある紋様はどこから来るのか判らないけれど、複雑で美しいのもいます。


140716a (68)b.JPG

オニベニシタバ ヤガ科 幼虫の体長は85~90mmもあるようです。
ムクゲコノハの幼虫 ヤガ科 ホストはブナ科植物など。
成虫はカトカラと呼ばれる人気の仲間。 後翅は赤く美しい紋様を持っています。

ホストはブナ科植物ですが、何故かシダ類の葉っぱに?
 鳥にでも食われそうになり・・落下してきたのかな。




コメント(2)

はじめまして。

たまたま「オニベニシタバ」を検索してこちらのサイトを知りました。
こちらの幼虫ですが「ムクゲコノハ」の幼虫と思います。
この幼虫には色調の個体変異がありますが、決め手は背面の「目玉」のような模様があることです。また、「顔」の模様もムクゲコノハです。

なお、シダ類に付いていたのはムクゲコノハのホストでもないので、たまたまでしょうね。
一般に終齢幼虫は昼間はホストの木を降りて根元付近の樹皮に溶け込むようにじっとしていることが多いです。夕方、暗くなるとホストの幹を登って葉を食べます。これはカトカラ幼虫にもしばしば見られる性質ですね。

どうも失礼しました。

ATSさん、こんにちは。
つたないブログへようこそ。

ムクゲコノハの幼虫を調べなおしました。
確かにおっしゃる通り褐色班なども見え顔の班もムクゲコノハのものでした。
自分は幼虫など好きなのですが、もう一つ自信がなく時々ポカをやってしまいます。
今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2015年2月11日 09:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「くまんばち の♀。」です。

次のブログ記事は「いつも出会う小鳥。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト