カタビロクサビウンカの幼虫が。

| コメント(0)
山へ入ると、とたんに冷たい雨がぱらつき始める? なんでやねん!
小鳥の声さえ聞こえず・・静かな空間です。

刈り込まれた広っぱには、一輪のタンポポが寒さをしのぐように首をすくめて空を仰いでいるかに見えました。


150305n (2)b.JPG




150305o (4)b.JPG

花はロゼット状で地表に張り付いていました。
春を待ち切れずに花を咲かせたんですね。

いつもの林縁を歩いて帰路についのですが、カメラで狙えない場所に何かがいる?
しかも、よく動く。

掌を広げて枝を揺するとポロっと落ちてくれた。

150305o (5)b.JPG

カタビロクサビウンカの幼虫 でした。
どんどん動いて・・指の先んちょへたどり着いたかと思ったら・・・ぴん!
走る走る・・・元気な個体でした。

個体数は多くないと聞きますが、この場所では繁殖に適しているのか毎年観察する事が出来ています。
近々、あのひょうきんな姿を目にする事ができるかな?

カタビロクサビウンカ マルウンカ科 この個体の大きさは4~5mm弱ぐらいでしたが、成虫になると8mmにもなります。
特徴のある体型をしていて、愛嬌があります。



コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2015年3月 6日 09:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒロクチバエの仲間か?」です。

次のブログ記事は「おおとびさしがめ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト