おびまるつのぜみ。

| コメント(4)
昨日の ハンミョウ が、どうしているかなーと気になり、同じ場所近くを探しました。
すると、地表から、何やら飛び立つのが?
素早い動きなので・・・止まった場所を確認・・・いましたよ。


150522n (26)b.JPG

遊歩道の偽木柵にとまったところをパシャリ。
元気な様子・・・何故か嬉しい?

さて、本題が後回しになってしまいました。

150522n (69)b.JPG

丸っこい頭が・・動きまわっています?


150522n (85)b.JPG




150522o (8)b.JPG

オビマルツノゼミ ツノゼミ科 体長は6mmと云ったところ。
飛んで逃げるのではなく・・・歩いて・走って・・・ちょこちょこと動き回ります。

カメラで追うのが・・・ふぅ~、しんど!
こんな場合は大概息を止めていますからね。



コメント(4)

オビマルツノゼミについて教えていただきたいのですが、セミと名につくからには鳴くのですか?それともセミに似ているからその名がついたのですか?

藤塚有紀さん、こんにちは。

オビマルツノゼミはカメムシ目の中のツノゼミと云う科に属しています。
カメムシ目の中にはアワフキムシ科やセミ科など数科あり、その中の一科なんです。
セミと名前がついていますが、鳴く事はないのです。

ツノゼミ科の仲間には面白い体型をしたのがいて、ツノゼミと云うのは、正に角があるように見えます。

外国のツノゼミの仲間には、考えられないほど変な形の種がいます。
「外国のツノゼミ」で検索すると出てくると思います。

おっちゃんさん、教えていただきありがとうございました。私もオビマルツノゼミを一度は見てみたいものです。

藤塚有紀さん、こんにちは。

ツノゼミの仲間はそれほど珍しくはないのですが、小さいと云う事と止まっている場所によっては、体色が似ているので判りにくいかもしれないです。

鉛筆の半分ぐらいの細い枝にいる事が多いかな?
騙されないように、探してみて下さい。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2015年5月23日 10:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝露は辛かろう。」です。

次のブログ記事は「べにぼたる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト