ルリタテハの蛹。

| コメント(0)
林縁を歩いていると、一本のサルトリイバラの茎がびよ~~~んと道路側へ伸びている?
葉っぱは全く見当たらない。
茎をたどっていくと、いましたよ。


151016o (11)b.JPG



151016o (14)b.JPG

高い場所だったので上手く捉えられていませんが、タテハチョウの仲間の蛹だと云う事は判ります。

ぶら下がっていたのは、サルトリイバラ、間違いなく ルリタテハの蛹 だと思います。
間もなく、羽化して成虫で越冬です。


このサルトリイバラの茎は丸坊主ですが、周りの茎には赤く熟し始めた果実が実っています。

151007n (98)b.JPG



151016o (8)b.JPG



151016o (10)b.JPG

サルトリイバラ ユリ科 蔓性の落葉低木。
和名は 猿捕りイバラ・・・この刺にはサルも降参と云ったところでしょうか?



コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2015年10月25日 08:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エサキモンキツノカメムシの親子愛。」です。

次のブログ記事は「ナカキシャチホコの幼虫。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト