イタドリに産みつけられた卵。

| コメント(0)
暖かい日が続いたせいか、イタドリが地表から70~80cmぐらい伸びていました。
夏に伸びきったイタドリは大きくなり2mを超えていて葉っぱも枯れています。

横から見ると、葉裏に何かついている?


151113o (11)・クロスジアオナミシャク・クロクモヤガ・ハイイロキシタヤガ・ルリシジミ.JPG


卵のようですが、肉眼だと老眼も手伝いよう判らん?
帰宅して拡大、やっと虫の卵らしいと判りました。

151113o (2)b.JPG

綺麗に並べられた中には、孵化したのもいるのか色が違って見えるのもあります。

151113o (4)b.JPG



151113o (6)b.JPG



151113o (8)b.JPG



151113o (9)b.JPG

誰が産みつけたのか、少々調べるぐらいでは判らない。
仕方なしに、逆引きというか、イタドリを食べる種を調べる事にしましたが?

ルリシジミは花に産みつける筈。
同じチョウ目ガ類では、クロスジアオシャク、クロモヤガ、ハイイロキシタヤガ、などがホストとするようですが、何者かまでたどり着けなかったです。
トホホ・・・と云うか、残念なり。

何方かお分かりの方がおられましたら、ぜひ教えて下さい。



コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2015年11月26日 09:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「つまぐろきんばえ。」です。

次のブログ記事は「ナミギングチバチの仲間。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト