ツノロウムシの卵のう。

| コメント(0)
タイトルの シオヤアブの卵塊 を訂正致しました。
通りすがりさんより、コメントをいただき調べた結果間違っていた事が判りました。

林縁の木々をくまなく見て歩きをしていますが、虫たちは見つからない。
目についたのは、枝や東屋の偽木などいたる場所で見られる白い塊?


151027n (68)b.JPG



151027n (70)b.JPG

シオヤアブの卵塊 ハエ目 ムシヒキアブ科
ツノロウムシの卵塊 カメムシ目 カタカイガラムシ科 に訂正。

葉っぱが枯れ落ちた事もあり、いたるところで見られます。
こんな風に丸っこい形をしたものや長細い形の物など形態は様々です。

この中には100個あまりの卵が産みつけられていて、カマキリなどと同じように泡状の分泌物で覆って卵鞘をつくり、その後固まったものです。
これだけ見られると云う事は来期にはたくさんのシオヤアブが出てくるんでしょうね。

通りすがりさん、いつもご指摘をありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。



151104n (20)b.JPG



151104n (21)b.JPG

先月11月初旬ごろに撮影したものです。

種まで特定できそうにもないですが、ヒラタアブの仲間の蛹でしょうか?
アブの蛹としては4mmぐらいと大きいように見えました。



コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2015年12月21日 09:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「寒そうなカメムシ色。」です。

次のブログ記事は「大きなサシガメの仲間。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト