イラガの繭。

| コメント(0)
直径10mm、長さが13mm位の繭は冬の風物詩とも云えそうです。


160206n (2)b.JPG

この山では、紋様がついたイラガの繭が毎年見られます。

この繭、猪木さんでさえ、死ぬかと思ったと云わせるほど痛みが走る腎臓結石のもとであります「シュウ酸カルシューム」をお尻から出して繭層に塗りつけて堅くするそうです。
そのせいか、抜け殻となった後も長期間残っているのが見られます。



コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2016年2月 8日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ほそひらたあぶ。」です。

次のブログ記事は「力強い冬芽。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト