キジラミの仲間。

| コメント(4)
タイトルの「チャタテムシの仲間」を訂正致しました。

そらさんより、コメントをいただき間違っていたことが判明いたしました。
チャタテムシの仲間 ではなく キジラミの仲間 だそうです。
コメントをいただいたあと、自分でも調べてみましたが、種までは特定できませんでした。

そらさん、いつもありがとうございます。

ドウガネツヤハムシがいないだろうかとタラノキを観察していると、いたのはいいけれど新芽の根っこに潜りこんでいる。
何とか出て来いよーと新芽を触っていると・・・?、すぐ隣に変な奴がいます?


160415o (7)b.JPG

慌てて逃げ出す事もなく、掌に落とし撮影。
僅か3~5mmもあるだろうか?チャタテムシの仲間には違いないでしょうが種までは特定できません。
図鑑を読むと、翅脈がこの画像に近い奴が見つかった。
ウスベニチャタテ チャタテムシ目 ケブカチャタテ科 ではないかと思うのですが、自信はない。


満開です。

160415n-b.JPG

コバノミツバツツジ ツツジ科の落葉低木


160415n (51)b.JPG

ウワミズザクラ バラ科の落葉高木


今日は雨、草木にとってはいい雨なんでしょうが熊本は大変な事になっています。
何処で起こっても不思議はないようで、他人事とは思われず早く終息する事を願うばかりです。



コメント(4)

おはようございます。

惜しいけれども、チャタテムシの仲間ではなくキジラミの仲間ですね。でも、名前までは分かりません。
ここに来て虫の出も良くなってきたので、今日も虫撮りに出掛けてみたものの、風は強いし雨は降ってくるし、まともに撮れないので早めに引き上げてきてしまいました。参りましたね(^^;。

そらさん、おはようございます。

いつもありがとうございます。
てっきり、チャタテムシの仲間だと思っていたのですが違っていましたか!
キジラミの仲間は2mm以下だと思っていたのですが、調べると意外と3mm越えなんてのがいるんですね。
判らん筈です。

翅の形や体長を参考に調べると、ヤツデキジラミ、ナシキジラミ、などがいるようですが、いずれもホストに問題アリですね!

早速訂正をしておきます。

おっちゃんさん、こんにちは。
虫さんの正体がわかってよかったですね。
おっちゃんさんが美しく撮っておられるから、
お名前を教えてくださる方がいらっしゃるのでしょうね。

こちらもえらい風雨です。
雨がやむと、きっと筍がでるでしょう。
そろそろ竹藪はよけて歩くようになります。
考えすぎかもしれませんが、
何となく気を使ってしまいます^^

金曜日まだウワミズザクラは咲いていませんでした。
おっちゃんさんのフィールドは
いつも一歩リードですね。

ブリさん、こんにちは。

そらさんにはいつもお世話になっています。
ブログ繋がりっていいもんですね。

タケノコ泥棒はすでに出没していて、自分と目が合うと顔をそむけるように下を向いて・・・馬鹿ですね。
それも分別がつく年齢の方ばかりです。

幸いに自分は毎度のフィールド通いで顔なじみになってしまい、挨拶さえされる始末・・・自分はと云うと誰やったかなーなんてしばらく考えてしまうほど知られているようです!

この辺りは、豊能から考えると気温の差が2~3℃ぐらい違うのではないでしょうか。
その分、一歩先を行きます。

コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2016年4月17日 08:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カタビロクサビウンカの幼虫。」です。

次のブログ記事は「交尾中でした!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト