はなむぐり。

| コメント(0)
今年は虫の姿が少ないように思えて、昨年のブログの4月.5月のアーカイブを見てみました。
うぅ~~ん!やはり種の数がかなり少ない。
雨が多く気温の変化が影響しているのかも知れない・・・と自分に言い聞かせている始末!
特に幼虫が少ないように思えるのであります。


160426n (63)b.JPG

コアオハナムグリ コガネムシ科 越冬していたと思われる個体がようやく姿を見せ始めました。
何処かに潜っていたのか、頭部や前胸背にはその痕が見られます?


160425n (97)b.JPG

ヒラタハナムグリ コガネムシ科 も。

ほのかな香りがあるガマズミやカマツカの花の期間は短く、花が散りかけているのも見受けられます。


フジの花が美しい。

この山にはフジが多いのですが、その中で少し形の違った花のつけ方をするフジが?

160427n (81)b.JPG



160427n (87)b.JPG



160425n (225)b.JPG

ヤマフジ。

よく見られるフジの花から比べると、花穂が短く花がやや大きいのであります。

調べると、山に生えるフジにはノダフジとヤマフジがあるようで、花穂が長いのがノダフジで短いのがヤマフジだそうであります。

どちらも、マメ科の蔓性落葉高木。


コメントする

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2016年4月29日 09:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シロオビアワフキの幼虫。」です。

次のブログ記事は「モドキとダマシ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト