2016年10月アーカイブ

セイタカアワダチソウにとまっていた蛾を発見。
パシャリ!とやり掌に載せると・・・落ち蛾状態でありました。


161020n (89)b.JPG


161020n (96)b.JPG

とまっていたと云うよりも引っかかっていたと云うほうが正しい。
ウスキツバメエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

コウヤボウキの繊細な花は鰹節をカンナで削ったようであります。

161024n (84)b.JPG

コウヤボウキ キク科の落葉低木。
枝の先端に花をつけ、ドライフラワーにもなります。



2~3日前から飛んでいるのを目撃していたのですが、いずれも遠い所へ消えてしまった!
そして、ようやく目の前に飛んできたのをパシャリ、とやったけれど・・・とほほほ。
ボケの連続でありまして・・・。


161027n (119)b.JPG

落下してすぐに飛び立ちそう!! えらいこっちゃ!
まだ、種まで特定できず。

161027n (127)b.JPG

急いで草の上へ這い上がろうと必死であります。

何とか撮れたのがこれ!

161027n (128)b.JPG

飛んでいる姿はアシナガバチのようで、何が飛んでいるのか分からなかった。
触覚だけを見ていると・・・大型のハキリバチのようでもありますが、コウチュウでした。

ヨツボシモンシデムシ シデムシ科 体長は20mmぐらい。
よく似たのに、ヤマトモンシデムシ がいますが、肩にある紋が内側にくびれているのでヨツボシとしました。


柿の葉の秋色。

161020n (4)b.JPG

山は少しづつ秋色に染まってきました。



ちょうちょ。

| コメント(0)
日差しが柔らかく風の少ない日、小さなチョウたちが忙しそうに飛び回っています。


161027n (48)b.JPG


161027n (99)b.JPG

ベニシジミ

161013n (35)b.JPG

ヤマトシジミ

161027n (28)b.JPG

コジャノメ

林縁では、

161020n (8)b.JPG

カマツカの果実が目立っていました。


気温が高い日が続いていることもあるのか、オオスズメバチが元気いっぱいでした。
子育てが終わった働き蜂たちの、つかの間の休息・・・間もなく終焉が訪れます。


161021n (4)b.JPG

林縁を歩いていて、いきなり現れたオオスズメバチの集団にはびっくりしました!

161021n (12)b.JPG

同じ巣の仲間なんでしょう、仲がいいです。

161021n (45)b.JPG

中には、口移しで何かを与えている様子もうかがえます。

161024n (15)b.JPG

この樹には数か所のお気に入りの場所があると見えて、かなりの数のオオスズメバチが集まっていました。
・・・働き蜂たちは死に絶え、子孫を残すために女王蜂だけが生き残って冬を越し、春には一頭だけで子供たちを育てます。

オオスズメバチ スズメバチ科 
働き蜂の体長は35mm前後で、女王蜂はそれよりも10mm程大きいです。


ナラ枯れが目立つ山にもどんぐりが。

161024n (33)b.JPG

アラカシの果実 ブナ科の常緑高木。
今でも落下せず、たくさんの実をつけていました。



腹部がエビ柄模様のスズメガであります。


161020n (72)b.JPG

写しにくい場所にいたので、掌に載せての撮影でしたが、なんとも人懐っこい蛾でした。
撮影後に葉っぱへ移動させようとしますが、余計に這い登ってくるんです。

161020n (88)b.JPG

大きな目が可愛いですね。

161020n (76)b.JPG

エビガラスズメ スズメガ科 翅を広げると100mmほどもある大型のスズメガであります。


昨日の陽気は暑いぐらいでした、そのせいでしょうか?初夏の花が。

161026n (28)b.JPG

モチツツジは時折このように時季外れに花をつけている場面を見ることがあります。

モチツツジ ツツジ科の常緑低木。


観察を続けているイヌザンショウの木はかなり大きく、枝は大きく張っています。
昨日掲載しましたアゲハチョウの幼虫を見つけたのは10月19日ごろ、その後も観察をしていましたが24日になって、また別の個体を発見しました。
アゲハチョウの幼虫から比べると、かなり大きい個体であります。


161021n (84)b.JPG

見た瞬間にでも、アゲハチョウ(ナミ)の幼虫ではないことは分ります。
初めはカラスアゲハではないかと思っていましたが、頭部の輪郭が??

161021o (3)b.JPG


161021o (8)b.JPG


161021o (9)b.JPG


161024n (70)b.JPG

腹脚にある筈の細い黒線がまだ出ていないようですが、もう少し成長すればはっきりと出てくると思われます。
ミヤマカラスアゲハ5齢幼虫だと思われます。

ミヤマカラスアゲハ アゲハチョウ科 この個体の体長は50mm弱ぐらいでした。
この後、蛹となって越冬します。



毎年観察を続けているイヌザンショウの木ですが、今年は幼虫が見られないなーと思いながらも観察を続けていました。
10月19日になってようやく見つけることが出来ました。

161021o (11)b.JPG

161021o (14)b.JPG

4齢ぐらいでしょうか。
そして、24日には、

161024n (65)b.JPG

6齢に成長していました。
体長はまだ40mmぐらいと小さいので、もう少し大きくなるかと思われます。



寒くなったり、暑くなったり・・・体調管理が大変です。
先だって定期検診へ行きましたが、風を召している方が多く・・・もらって帰ってきたのか頭が重い!
そして昨夜、熱い湯へ入り少し長めの湯あみをすると...改善したような気がします。


寒い日は虫を見つけることが出来ない。
遊歩道を歩いていて、遠目で何やら?がいそうな雰囲気?
近づいてみると、

161017n (7)b.JPG

茶色く変色した ツマグロスケバ でした。

もう10月も末、ぼちぼち見られなくなります。
ツマグロスケバ カメムシ目 テングスケバ科 体長は13mmぐらいだったか。

山の木々は葉っぱが枯れ落ちてきました。
クロモジの葉っぱも、間もなく落ちてしまうだろうと・・・、少しもらって帰ることに。
何にするかといいますと、葉っぱを乾燥させてお茶にしてみようかと思います。

161005o (3)b.JPG

10月5日の様子。

161008o (5)b.JPG

10月8日にはカラカラに乾燥しました。
そして昨晩、急須に入れ少し長めに蒸らして飲んでみました。
・・・、お茶の色は全く出てなく、まるっきり白湯のよう?
しかし、飲んでみるとこれは美味。
スッキリとした香りが口の中へ広がります。
これは、夏の暑い日などに飲むといい感じかなー。

クロモジ クスノキ科の低木。

今でも、高級な爪楊枝に使われる事をヒントに作ってみました。



草刈り後の原っぱで、わずかに残る花を求めてシジミチョウやツマグロヒョウモンなどが集まってきていました。
どれも忙しく動き回り、同じ場所にじっとはしてくれない。


161021n (99)b.JPG

花も終わりに近く、萎れています。
それでも、蜜はあるのでしょう ツマグロキンバエが独占するように吸蜜する姿が見られました。
ツマグロキンバエ ハエ目 クロバエ科

林縁では、

161020n (1)b.JPG

ヤブムラサキの果実が実り始めています。
ヤブムラサキ クマツヅラ科の落葉低木。



笹の葉で見つけたカスミカメの仲間。
片側の脚を2本欠損しているようですが、器用に歩いていました。

160802n (63)b.JPG

メンガタカスミカメ カスミカメムシ科 体長は7~8mmといったところ。

沢の止水域にはミゾソバの花が咲き誇っていました。
その表情をどうぞ?

161019n (13)b.JPG


161019o (6)b.JPG


161019o (9)b.JPG


161019o (14)b.JPG

ミゾソバ タデ科 湿地に生える1年草



林縁を歩いていると、飛び出してきた蛾がいます?
・・・追いかけてみると、器用なとまり方をでこちらを見ている。


160926n (31)b.JPG

葉っぱに化けているつもりだろうか?

そして、また飛んだ!

160926n (19)b.JPG

きれいな蛾ですねー、
自分は初見であります。

翅裏はこんな感じ、

160926n (26)b.JPG

しばし遊ばしてくれました。
キマダラオオナミシャク シャクガ科 ナミシャク亜科

虫を見つけにくくなっているので、滅多に歩かない沢沿いを行くと、

161014n (163)b.JPG

ツリフネソウ が!
ぼちぼち終わりのころだと思いますが、まだ多くの花をつけていました。
ツリフネソウ ツリフネソウ科 沢沿いなど水辺でみられる多年草です。



大妖怪・展。

| コメント(0)
あべのハルカス美術館で開催されている「大妖怪展」へ行ってきました。

天王寺など、余程の事がなければ出向くことはない場所、ずいぶん変わっていて戸惑いました。
主だった通りなどは分るのですが、地下などでは???!
お上りさんと化して右往左往。


161018o (1)b.JPG

161018o (2)b.JPG

週の中日ということで、混雑はなかったです。

161018o (3)b.JPG

161018o (4)b.JPG

16階の庭園から見た大阪市内。
空は御覧の通り夏の空のようで、暑かったですねー。

161019o (2)b.JPG

161019o (3)b.JPG

冊子からコピーを撮ったものです。
虫の妖怪として出てくるのは...地蜘蛛が多いようです。

滑稽な絵が多いかと思っていたのですが、中にはおどろおどろと書かれたものも少なくなく、兎に角線の細やかさに驚かされました。
例えば、髪の毛一本にも縮れが繊細に書かれているのには・・唸るばかりでありました。

11月6日まで開催。


ササキり。

| コメント(0)
寒さが来たかと思えば、また夏日?衣替えを終えたばかりなのに。

でも、山は秋色となってきたようです、サルトリイバラの果実が赤く染まり始めていました。


161017n (13)b.JPG

161017n (16)b.JPG

真冬、透けて見える林の中にポツンと真っ赤な果実が目立ちます。
サルトリイバラ ユリ科のつる性落葉低木。

ようやく見つけた虫は?

161014n (105)b.JPG

注意看板でこちらの様子見をしていた ササキり 。
ササキり キリギリス科 寒さが増す12月ごろにでも姿を見せることがあります。



虫たちが見つからないから仕方がない。
・・・などと言いながら、何度も登場します。


160926o (2)b.JPG


160926o (6)b.JPG

表情が面白いから、まっいいか?

161003n (23)b.JPG

そして、褐色型も。
獲物か?敵か!・・・と、カメラを睨みつけています。

ハラビロカマキリ カマキリ科 体長が60mm前後の中型のカマキリであります。



この山ではよく見られる種ですが、いつもテカってしまったりして綺麗に撮ることが出来ないでいましたが、今回はなんとか?


160905n (34)b.JPG

とまっているのは、車のボディーです。
ニワトコドクガ ドクガ科

明るい林縁では、

161014n (115)b.JPG

161014n (134)b.JPG

コウヤボウキの花が咲いていました。
コウヤボウキ キク科の小低木。 一見草のように見えますが立派な木本なのであります。



数頭のアオバハゴロモが集まっているのを発見。
特別珍しい訳でもないけれど、枝の色と対照的な新芽のような翅の色が美しく見えました。


161003n (18)b.JPG

残念、ボケてる。
アオバハゴロモ アオバハゴロモ科

林縁のガマズミの実が真っ赤に輝いています。

161006n (10)b.JPG

斜めから入る光が果実を照らし一層美しく見え、思わずパシャリ!
ガマズミ スイカズラ科の落葉低木



びっくり顔?

| コメント(0)
虫たちが見つからないときは、こんな事をして遊んでいます。


160926n (107)b.JPG


160926n (118)b.JPG


160926n (120)b.JPG

ハラビロカマキリのびっくり顔でした?


今日は秋晴れ・・・こんな空を見るのは久しぶりではないのかな?
以前に見たのは、いつだったか忘れてしまいました。
これだけ急に寒さが来ると、紅葉はさぞかし美しくなるでしょう、楽しみです。



絶滅危惧種とされているフジバカマは最近では鉢植えなどにされて守られているようです。
その鉢植えのフジバカマにたくさんのアサギマダラが集まってきていました。

フジバカマって意外と背丈が高く・・肝心のアサギマダラを上手く捉えることが出来ない!
・・・そうか、鉢植えだから鉢の高さだけ高いわけか! 仕方ない。


161011n (2)b.JPG

この時、虫を撮るつもりがなかったので標準レンズしか持ち合わせていなかったために、撮れるかなーと?
やっぱり甘いな!

161011n (14)b.JPG


161011n (24)b.JPG


161011n (31)b.JPG

どれも羽を広げている場面の写真を全く撮れなかった。
撮ったのは何故かオスばかり。

アサギマダラ タテハチョウ科 移動性が強い。

フジバカマ キク科ヒヨドリバナ属の多年草。 背丈は1.5mぐらいかな。
絶滅危惧種に指定され、今では保護活動が進んでいます。
ただ...鉢植えって...どうかなーと思いますけどね。



今日もフィールドへ出かけてきましたが、いきなり寒さが来たせいか虫たちは見当たらない?
わずかに赤とんぼが・・・・、それも飛んでいるのではなく止まったまんまで日光浴している有様でありました。


161006n (11)b.JPG

真っ赤な体をしたヨコヅナサシガメの幼虫。
脱皮直後はこんな色をしていますが、そのうちに黒く変化していきます。
動きは鈍い割には獰猛であり、成虫は25mmにもなる大型のサシガメであります。



暑くって出かけることが出来なかったこの夏、やっと秋らしい日和が。
その日和に誘われるように出かけたくなり、思い付きで梅小路公園へ行くことに。

日差しは思ったより柔らかで、ぶらっと歩くには最適でした。


梅小路公園・その一。

懐かしの京都市電。

161011o (1)b.JPG

市電の中は休憩所や売店に。

161011o (3)b.JPG

161011o (4)b.JPG

自分は子供のころによく乗っりましたので、本当に懐かしく思い出しています。
東山線から四条通へは⑥番、京都駅方面は⑨番と云う番線でした。

その当時は、西洞院通りにはちんちん電車が走っていて、乗ると前後左右にひどく揺れ立っているのは至難の業だったことを思い出します。

そして、新装オープンした「京都鉄道博物館」へ、

161011n (60)b.JPG

蒸気機関車の転車台はそのままでした。

161011n (35)b.JPG

懐かしの団子鼻、出張時によく利用しました。

161011n (42)b.JPG

トワイライトエクスプレスを引いていた先頭車両。

161011n (47)b.JPG

動態保存されているD51.

161011n (53)b.JPG

雷鳥。

こんなものまで!

161011n (57)b.JPG

よく見つけてきたものと感心。
おまけに周りには、駄菓子を売るお店も設えてありました。

貧乏高校生の頃にアルバイトをしていて、何種もの仕事を掛け持ちしていた時代がありまして、
このミゼットにお世話になっていた時は大変な時期だったこともあり、格別な思い出なのであります。



トゲアリ。

| コメント(0)
気温が低くなってくるころから、活動が活発になる?アリがいる。

トゲアリの女王は、この時期ムネアカオオアリなど比較的大型のアリの巣を乗っ取り、相手方の働きアリに自分の子供を育てさせると云う習性をもっています。
乗っ取られた巣はやがて働きアリたちは死に絶え自分のものに!
ひどいやっちゃねー!


160519n (165)b.JPG


160519n (178)b.JPG

この画像はアブラムシに集まっているのかな?画像が悪い!

160606n (30)b.JPG

どんな事をやり取りしているんでしょう、知りたいもんです。

トゲアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 体長は7~8mmぐらいか。



今朝は肌寒さを感じるほどで、青空に白い雲がぽっかりと浮いて秋が来たぞーっ主張しているようです。
外では小さな子供たちの元気な声が聞こえます。


いつも行く山の中では、

161006n (24)b.JPG

161006n (25)b.JPG

サワガニも久しぶりのお天気が嬉しいのか、多く見ることが出来ました。


雨の日に、壁にくっついていたのは、

160922n (12)b.JPG

オオエグリシャチホコ シャチホコガ科 でした。
特に珍しい種でもないですが、今年は観察数が多いような気がします。



秋色?

| コメント(2)
秋と云ったって、空高く・・・の秋ではなく・・・しっとりと濡れた秋です。


こんなのを見ると...秋だなーって。

161006n (45)b.JPG

落ち葉が苔に張りつき・・・何かしらそんな気に?
アカメガシワの葉っぱでしょうか、きれいです。

美しい声で鳴いていたと思ったら、飛び出てきました。

161006n (5)b.JPG

エンマコオロギかな?
コオロギの仲間はよく似たのがいるので、正面から観察する必要性があるそうです。
つまり顔の色などに違いがあるとか。
たくさんいるのに観察することは難しい種であります。



良いお天気は続かないですねー!
昨日は久しぶりに快晴、然しながら妙な日でした? 
お昼過ぎぐらいまでは暑いぐらいでしたが、2時か3時を回ったころから気温は下がりだし・・寒いなー?
今日は晴れてはいますが、変化がありそうな空です。

昨日山では聞こえなかったセミの鳴き声、自宅ではクマゼミがとぎれとぎれに鳴いていました。
もう10月も半ば近くだというのに。

山では、赤とんぼやツマグロヒョウモン、ルリタテハが飛び交い賑やかでした。
そのうち、一頭のウラギンシジミが、

161003n (13)b.JPG

自分の腕に・・・写していいよ・・とばかりにポーズ。

161003n (11)b.JPG

ウラギンシジミ♀ 産卵を終えた後なのか、それとも越冬個体となるのかは分らない。


雑木林では、

161006n (47)b.JPG

161006n (51)b.JPG

161006n (54)b.JPG

チャノキで蕾から花、果実まで見ることが出来ました。
チャノキ ツバキ科の常緑低木。
この地方はお茶の産地であるためか、雑木林ではよく見かけます。



毎年よく見るアケビコノハの幼虫ですが、今年はアケビの花が咲くころから注意深く探していたのですが見つけることが出来なかったでのです。

そして、見つけた個体は?帽子をかぶってる。


161005n (5)b.JPG

幼虫としては小さい、まだ成長途中なのか。
それとも、寄生主に栄養を吸い取られた結果か?

161005n (8)b.JPG

161005n (11)b.JPG

コマユバチの幼虫とは少し違って見えます。
よく見ると、内側から幼虫が湧き出てるようにも・・・見ようと思えば見える?

アケビコノハヒメコバチと云うのが有力だとは思いますが、さて?
・・・結果よくわからない。



台風一過...とはいかないようであります。
久しぶりに晴れ間は出たのですが、雲は多く湿気も強い。


リョウブの葉っぱにとまっていたのは、

161005n (2)b.JPG

まるで枯葉をイメージしたかのような紋様をもっています。
茶色っぽい葉っぱなら、まず間違ってもおかしくない?

マエキトビエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科
よく似たのに、オマエキトビエダシャクがいます。


路傍では。

161005n (32)b.JPG

花はそろそろ終わりでしょうか。

161005n (20)b.JPG

161005n (24)b.JPG

種が弾けた後の果実殻は神輿のような面白い形をしています。
もう少し後になるでしょうか。
ゲンノショウコ フウロソウ科の多年草。


雨が降り出す前にと出かけてきましたが、風が強まりだし雨もパラパラと。
林縁の虫たちといえば、知っているかのようにどこかへ雲隠れ?
仕方なしに原っぱに出てみると、ツマグロヒョウモンが乱舞しているのが見られました。
いつも感じることですが、タテハチョウの滑空する姿はかっこいいですね。


本日はアリであります。

160701n (53)b.JPG

160701n (55)b.JPG

チクシトゲアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 トゲアリ属 体長は5~6mmといったところ。
この種は地中に巣を作らず、樹上営巣性です。



収穫なく車へ戻ると、待っていてくれた奴がいた?


160930n (41)b.JPG

じっと動かずにいるかと思えば、いそいそと歩き出す?

160930n (56)b.JPG

そして、このポーズ。
翅を広げているときと閉じている場面を見ることができました。

クロテンハイイロコケガ ヒトリガ科 コケガ亜科 
小さく地味でありながら、なんとなく魅かれる紋様であります。



昨日は10月にもなるのに夏日でありましたが、・・・今日も負けず蒸し暑い。
とは言え、季節は進んでるんやねー、例年通りジョロウグモの巣網ばかりが目立つようになってきました。


本日はカメムシの仲間2種です。


160722n (37)b.JPG

ホソハリカメムシ5齢幼虫 ヘリカメムシ科


160829n (11)b.JPG

クサギカメムシ カメムシ科


またもや台風が来襲、今後の動きが気になります。



網目模様が美しい初見のガを発見しました。

ちょっと悪い画像ですが、ご容赦を。


160722n (46)b.JPG

160722n (42)b.JPG

ツマジロツマキリアツバ ヤガ科 シタバガ亜科  開翅長が25mmほどと小型であります。


芝栗のイガか弾けだしたようです。

160930n (6)b.JPG

160930n (11)b.JPG


自然界は確実に秋に向かっているんですが?
・・・ここん処蒸し暑いし、まだまだ秋の訪れは遠いのでしょうか。




雨や夜露が残る草原で、しっとりと濡れたヒトリガを発見しました。


160926n (102)b.JPG

キマダラキコケガ ヒトリガ科 コケガ亜科
開翅が30mmぐらいの黄色が美しいヒトリガの仲間です。



160519n (216)b.JPG

160519n (215)b.JPG

キハラゴマダラヒトリ ヒトリガ科 ヒトリガ亜科
残念ながら、腹部の美しい黄色が確認できないですが、間違いはなかろうかと思います。


雑木林の林縁で赤い実が、

160930n (14)b.JPG

タンキリマメ マメ科のつる性多年草。

中には艶のある真っ黒の種が入っていて、熟すと鞘が弾け格好の被写体となります。



2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2016年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年9月です。

次のアーカイブは2016年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト