トサカグンバイ。

| コメント(2)
二匹目のドジョウじゃないけれど、ウラギンシジミが越冬していた馬酔木の木が気になり別の場所に生えている木を見てみると?
小さなのが動いているのが見えます、しかも集団で越冬中のようです。


161224n (22)b.JPG

161224o (6)b.JPG

体長は3~4mm弱ぐらいと小さい。
葉裏についていたのを捲って撮影をしていると、気が付いたのかもぞもぞと動き出します。

161221o (13)b.JPG

まるでレースのような紋様が美しい。

161221o (20)b.JPG

口吻を葉っぱへ突き立てている様子が見えます。

161221o (22)b.JPG

トサカグンバイ グンバイムシ科
グンバイムシの多くの種は特定の植物へ寄生しますが、トサカグンバイはクズ科やバラ科、ツツジ科など多くの植物で見られるようです。



コメント(2)

おっちゃんさん、おはようございます。
頭部の突起?すごいです。
これがトサカなんでしょうか。
それもまた美しいデザインですねぇ
小さな世界でいったい誰が見るんだろうと思いますが、
虫たちの個性的な色とデザインには驚くばかりです。
いつも不思議だなと思います。

ブリさん、こんにちは。

ドームのような頭?・・・これを鶏冠と見たんでしょうね。
自分もブリさんと同じ、虫たちの美しさやデザイン性にはいつも感心ばかりしています。
なぜ、このような姿かたちが出来上がるのでしょう?
それなりに理由があるんでしょうけど不思議としか言いようがないですね。

コメントする

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2016年12月25日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「むらさきしじみ。」です。

次のブログ記事は「つちいなご。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト