タネツケバナ。

| コメント(0)
寒さが一向に抜けません!
みすぼらしい原っぱでギシギシの根元近くの枯草の隙間から春はまだかなーとコガタルリハムシが顔を覗かせていましたが、ダメだと思ったのかすぐに潜り込んでしまいました。

それでも、春はすぐ近くまで。
ロゼットで越冬していたタネツケバナの茎が直立に数本伸び先っぽに花をつけていました。


170306n (10)b.JPG

タネツケバナ アブラナ科
その昔?稲籾を水につけるころに咲きだすことから、この名前が付けられたそうです。



コメントする

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2017年3月10日 09:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「馬酔木の花が!」です。

次のブログ記事は「エナガ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト