ヤマトエンマムシ。

| コメント(2)
エンマムシの体は実に機能的で美しいデザインで満たされているように思います。
ただ、エンマムシの種は多く、またよく似ているのも事実。
正確に同定できているかは・・・・ちょっと自信不足であります。


170512n (44)b.JPG

170512n (49)b.JPG

腹側を見ると、なんとも言えない機能美が。

170512n (54)b.JPG

脚を縮めるとすべて体の中へ納まる仕組み...。(なにもこの種だけではないのですが?)

170512n (69)b.JPG

ヤマトエンマムシ エンマムシ科 体長は10mm強ぐらい。
如何にも頑丈な体形と質、触角の曲がり方も特徴があり上手く体の中に納まります。

飛んでいる場面を見て追いかけて手に取ったのですが、飛んでいるときはセンチコガネだと思っていたんです。
この種は地下に潜っていることが多いので、見かけることが少ないです。
もっとも、枯葉や枯草を掘り起こすなどをすれば見つけることはできるとは思うんですが、自分には無理なのでね。


サルトリイバラの葉裏には、

170518n (3)b.JPG

もう、ルリタテハの幼虫が孵化していました。
2齢ぐらいでしょうか、まだまだ小さいです。


コメント(2)

おっちゃんさん、おはようございます。
すごい形ですねぇ
近未来の乗り物?ようなデザインです。
どなたが設計されたのでしょうねぇ
虫を見ていると、その不思議さにいつも驚かされます。

サルトリイバラにいるんですね。
サルトリイバラはたくさん見かけるのですが、
ルリタテハにはあまり会えないんですよね。
成虫になるのが難しいのかなぁ

ブリさん、おはようございます。

ルリタテハはこの辺りでも随分少なくなってきていると感じます。
自分は幼虫見たさに食痕を見つけると葉っぱ捲りを繰り返しやってしまいます。
幼虫が見つかった時は万歳三唱?

コメントする

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2017年5月19日 09:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ジョウカイボンの仲間。」です。

次のブログ記事は「ホソオビヒゲナガ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト