トンボ池で。

| コメント(2)
山の中にある農業用のため池で見つけたイトトンボ。
昨年まではあまり見なかったように思うのですが、環境の変化に伴い生息する虫たちにも変化があるんでしょうね。


170724n (42)b.JPG

ベニイトトンボ イトトンボ科
新しく見つかるものもいれば、反面消えていく種もあります。
ムカシヤンマはよく見られた種なんですが、ここ数年の間姿を見せていない。

トンボ池周辺の湿地で、

170620n (56)b.JPG

ヤマトオナシカワゲラ  オナシカワゲラ科
数は少ないですが、時折姿を見せてくれます。


いつになれば、この湿気がとんでくれるんだろう?
今朝7時A/Cを切った後、数分後には室内で86%を指していました! まるっきり風呂の中です。


コメント(2)

お早うございます。
今いる所は溜池が多いのですが、ベニイトトンボはよく見ます。
狩りがうまいので生き残る可能性が強いのではないでしょうか。

湿度の高いのにはまいりますね。
私も湿度が高いと身体が動かなくなりますよ。

ryoiさん、おはようございます。

自分が行く溜池は山からの土砂が堆積しやすく10年サイクルぐらいで土砂を取り除いているようです。
その為かどうかは判りませんが、水生昆虫など見られる種に変化があります。
以前に見られたヌマエビなど、今は全く姿を見られなくなってしまいました。
10年以上前にはモリアオガエルの卵塊なども見られましたが、今では全滅で、タゴガエルやヤマアカガエルの鳴き声も聞こえなくなりました。
山自体が砂礫なのか崩れやすいようです。

コメントする

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2017年8月12日 07:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホタルガ。」です。

次のブログ記事は「ヒトリガ3種。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト