スズバチの巣材集め。

| コメント(0)
崩れた山の斜面や土砂がむき出しになった場所を注意深く見ると、小さなハチたちが多くいることに気がつきます。
目立つこともなく、通り過ぎるだけでは気づきにくい。
ハチたちの体色が土に紛れているからでしょうね。


170919n (164)b.JPG

すぐ近くに、カメラがあることも判っていると思うだけれど無視状態で巣材集めに一生懸命でありました。
泥団子がひと抱かえにもなると大事そうに抱えて飛び立ち、巣まで一直線に持ち帰ります。
それを何度も繰り返しますから、この場所で待っていると数分後にはまた戻ってきて泥集めを始める場面を繰り返し見ることが出来ます。
スズバチ ドロバチ科 体長は25mmぐらいか。


170915n (20)b.JPG

スズバチが作り上げた泥巣です。
スズバチはこのような場所や石垣など安定したところがお好みのようですが、時折細い枝や茎などが集まったところに複数の枝などにまたがって作っている場面も見られることがあります。

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2017年9月24日 08:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オオホシカメムシの幼虫と成虫。」です。

次のブログ記事は「ムネグロメバエ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト