カマキリの入水自殺。

| コメント(7)
カマキリ愛さんから情報をいただきました。
詳しくはコメント欄を参考になさってください。
カマキリ愛さん、貴重な時間を割いていただきありがとうございました。

毎年この時期になるとカマキリたちが吸い寄せられるように水場へ集まってくる。
まるで自分の意志のように・・・?


171005n (1)b.JPG

171005n (3)b.JPG

171005n (4)b.JPG

171005n (5)b.JPG

ハリガネムシと云う虫の仕業なんですが、実に巧妙であります。
ハリガネムシは水中で交尾産卵をするのですが、その卵や幼虫を水中生物でありますカゲロウなどが捕食するとその体内で育ち、それを食ったカマキリやカマドウマなどの虫たちの体内で成虫となるわけであります。

その後が巧妙そのものでありまして、
ハリガネムシはミミズのように伸縮することもできなくて、ヘビのようなウロコもない為に自分の思う方向へ移動する手段がないのであります。
そこで、他人の力を借りるのですが・・・、まわりまわって他人の体の中で成虫となったハリガネムシは交尾などの時期が来ると、ハリガネムシ自身の誘導で寄生されたカマキリたちは水場へと移動させられるという訳であります。

子供のころにカマキリを捕まえて腹の中から出てくる針金のような虫を引っ張り出して遊んだ記憶がある方も多いかと思います。
結構長くて硬く、ただウネウネとするだけですけどね。


コメント(7)

一枚目の写真は外来種のムネアカハラビロカマキリですね。
二枚目の写真は在来種である普通のハラビロカマキリです。

カマキリ愛さん、こんばんは。

ムネアカハラビロカマキリのニュースは最近知りました。
ですので、全く想像もしてなくコメントをいただいて驚いています。
ただ、この画像の状態からムネアカハラビロカマキリだとお分かりになったのはどの部分でしょうか。
確かに見ようによっては、胸部の縁が少し赤く見えるかなーと思うのですが?

ムネアカハラビロカマキリは以前から在来種のハラビロカマキリに紛れて存在していましたが、最近よくニュースになり広く知られるようになりました。
情報がない場合には判別しようとも思わず見過ごしてしまうのでしょうが、一度知ってしまえばある程度容易に見分けることができます。
一番にわかりやすい相違点はムネアカの名前のとおりに前胸裏側の赤い体色ですが、その他にも判別材料となる部位の特徴があります。

まずは前胸そのものの長さが違います。
在来種のハラビロカマキリは、他種のカマキリがスマートな体形をしているのに比較すると、非常に特徴的な寸詰まりのような短い体をしています。
これはハラビロの名どおりに腹部が広い特徴に加え、前胸の長さがバランス的に短いということから作られている体形です。
ムネアカハラビロカマキリは、前胸の長さがオオカマキリに近いバランスまで伸びています。

更に前肢基節の突起も違います。
前脚のカマの人間でいえば力こぶをつくる部分に、ハラビロカマキリは目立つ丸いイボが通常三個から四個あります。
これは他のカマキリにみられるようなギザギザの棘ではなく、非常に目立つ大きな突起です。
ムネアカハラビロカマキリは、このイボが存在せず、他のカマキリに似た細かい棘状突起になっています。

赤い体色を確認しなくても、これらの条件で判別可能です。
写真の個体は、明らかにこれらの相違点が外部から確認できます。

あとは前翅の質感が微妙に違ったり、雌の前翅端の幅や腹部の幅が広い、などの特徴がムネアカハラビロカマキリはありますが、これは生体で直接確認されると良いでしょう。
写真の個体は雌ですが、長翅である雄の個体は雌以上の体長を有する場合があることも知られており、また異なる違和感を与えます。


具体的な比較画像はこちらです。
http://www.yahagigawa.jp/archives/003/201508/08797f2102074e4b4c985685143fba6f.jpg

ムネアカハラビロカマキリの定着地域は年々報告例を増加させており、京都も既に生息が確認された産地です。

また、在来種のハラビロカマキリ同様に、ムネアカハラビロカマキリもまたハリガネムシによる寄生が多数存在することも知られており、水場へ移動する光景がよく見られます。

書くのを忘れていましたが、ムネアカハラビロカマキリは前翅の白斑が在来種ハラビロカマキリと同じ部分にあるにはあるのですが、ハラビロカマキリのように色がくっきりとしておらず、写真の個体のように不明瞭な目立たないものになっています。

これからの季節ならば、産み付けられたムネアカハラビロカマキリの卵を探してみるのも良いのではないでしょうか。
検索してもらえばわかりますが、これもまた差異を備えています

カマキリ愛さん、おはようございます。

詳しく教えていただきありがとうございます。
カマキリの仲間は寒くなるこれからでも観察することが出来ると思いますので、注意して観察してみようと思います。
ありがとうございました。

コメントする

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2017年10月10日 08:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「はらびろかまきり。」です。

次のブログ記事は「ズイムシクロバラコマユバチ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト