2018年1月アーカイブ

6月の撮影画像から。

170606n (31)b.JPG

ホソフタオビヒゲナガ ヒゲナガガ科 ヒゲナガガ亜科

本来もう少し美しい種なんですが、どういう訳かうまく写っていない!

4月中旬の撮影画像から。


170419n (4)b.JPG

170419n (2)b.JPG

カレハガ カレハガ科 カレハガ亜科

秋の撮影画像から。


170905n (56)b.JPG

若齢幼虫 9月5日の撮影。


171004n (7)b.JPG

終齢幼虫 10月4日の撮影。

この種は寒さに強いのか、意外と3月の初めや晩秋11月に入ってからでも見られることがります。
ヒメシロモンドクガ ドクガ科

タイトルのルリアリをケアリの一種と訂正いたしました。
牟田大さんからのご指摘で間違いが判明いたしました。
ありがとうございました。

5月中旬の撮影画像から。


170517n (142)b.JPG

170517n (144)b.JPG

ごく普通に見られますが、体長がわずか2mmと小さな為にあまり真剣に見ることは少ない?
ルリアリ ハチ目 アリ科 カタアリ亜科
ケアリの一種 ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科


現在午前の8時、窓から見る空は暖かそうな日差しが射して、間もなく春だよーと、兆しが見えます。
・・・が! 一年で一番寒い季節とは言え、昼間の気温でも2~3℃と厳しい寒さであります。
インフルが大流行と聞きます、皆様にはご注意をなさって下さい。
自分などは人ごみに入らないで済みますが...そうはいかない方のほうが多い訳ですからね。


9月下旬の撮影画像から。


170929n (22)b.JPG

170929n (23)b.JPG

170929n (37)b.JPG

以下は別個体。

170925n (84)b.JPG

ウスキシャチホコ シャチホコガ科
成虫は地味なー奴なんですが、幼虫はそれなりに可愛さを保っています??
なんて書くと・・・芋虫嫌いな人から・・・どこがやねん!との声が聞こえてきそうですが。


5月末の撮影画像から。


170526n (17)b.JPG

わしゃー枝じゃーちゅうて? なりきっています。
齢が進むと体の色が茶色くなり・・・一段と枝と見分けにくくなり???

170526o (3)b.JPG

170526o (13)b.JPG

ウスイロオオエダシャク若齢幼虫 シャクガ科 エダシャク亜科

昨夜の天気予報では、今日は2℃から3℃ぐらいにしか気温は上がらないとか!
今、部屋の中から見る外の景色は・・・真に美しく晴れて・・・風もなく暖かそうにも見えます。

明日はまだ1~2℃ぐらい低くなるとの予報が出ているようで、出かけようと思っていたのですが中止です。


6月の撮影画像から。

170605n (54)b.JPG

ミジンキヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科

10月の撮影画像から。


171004n (63)b.JPG

171004n (68)b.JPG

オオトビサシガメ サシガメ科 体長は30mm近くにもなる大型種であります。
動きは鈍いのですが、性格は獰猛? むやみに掴むと刺しますぞ!

6月の撮影画像から。


170606n (2)b.JPG

ヨスジキヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科

今日はまたまた大雪の予報であります。
自宅の窓から見る空はどんよりと曇り、今にも白いものが落ちてきそうな気配です。


9月中旬の撮影画像から。


170921n (12)b.JPG

美しい翅を見て見て・・・と言わんばかり自慢するようにとまっていました。
実際には翅の縁が大変美しいのですが、うまく写っていません。・・・とほほー!

キモントガリメイガ メイガ科 シマメイガ亜科


今日は大寒、寒いはずです。
週明けには、またまた寒波が襲来するとか、・・・えらいこってす。

タイトルのヨツボシオオアリをシベリアカタアリの訂正いたしました。
牟田大さんからのご指摘で間違っていたことが判明、ここに訂正をいたします。
牟田大さん、ありがとうございました。

6月の撮影画像から。


170609o (10)b.JPG

170425n (13)b.JPG

ヨツボシオオアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 体長は5mmぐらい 樹上営巣性。
シベリアカタアリ ハチ目 アリ科 カタアリ亜科

9月下旬の撮影画像から。


170904n (39)b.JPG

落ち葉と同色...よほど気を付けなければ判らない。

170904n (43)b.JPG

上手く化けるもんですね。
眼はしっかりとカメラを睨んでいるような?

チョウセンツマキリアツバ ヤガ科 シタバガ亜科

6月中旬の撮影画像から。


170615n (10)b.JPG

ヤマトエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科


今日は日差しが戻り気温も14℃まで上がると予報されていたのだけれど。
なんの! どんよりと雲の多い寒空であります。

9月下旬の撮影画像から。


170919n (1)b.JPG

マエグロホソバ ヒトリガ科 コケガ亜科

6月中旬の撮影画像から。


170615n (130)b.JPG

マダラエグリバ ヤガ科 エグリバ亜科

5月中旬の撮影画像から。


170511n (45)b.JPG

イッシキヒメハマキ ハマキガ科 ヒメハマキ亜科


厳しい寒さが続きます。
昨日のニュースでJR信越線が雪で立ち往生したことを報じていました。
もう25年も前の事ですが、自分も。
ちょうどこの時期でした、仕事で燕三条まで行き帰路にやはり雪のため京都駅に着いたのは4時間遅れ、うんざりでしたが!
皆さん慣れておられるのか...仕方がないと云うのか諦めでしょうね、何事もなく皆さんそれぞれ・・・目的地へ。
6月中旬の撮影画像から。

ピンと伸ばした翅はまるでカイトです。


170615n (84)b.JPG

170620n (2)b.JPG

どちらも同じ6月に撮影したものですが、まるで違った種に見えます?

マエキオエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

11月中旬の撮影画像から。


171107n (32)b.JPG

人工物を歩き回っていたのをパシャリ・・・やはり動きについていけない。

クサオオアリ ハチ目 アリ科 ヤマアリ亜科 体長は5mmぐらいの中型種。
樹上で生活、光沢のある体が特徴であります。

寒い日が続きますねー!
今朝は所用があり出かけていたのですが・・・・寒いったらありゃーしない。
冷たい雨が風に吹かれて首筋を襲ってくるし・・・えらいこってした。

本日は7月中旬の撮影画像から。

170706n (185)b.JPG

ウスクモチビアツバ ヤガ科 シタバガ亜科

何度か観察しているものの、頻繁にみられるほど多くはない種だと思います。
自分が見たのは5月に集中しているので、意外と出現期間が短いのかも知れない?


170516n (75)b.JPG

オオワラジカイガラムシの♂ 昨年5月の撮影。


140510a (47)b.JPG

オオワラジカイガラムシの♀ 14年の5月撮影。
メスは10mmを超えるぐらい大きく、初めて見たときには驚いた覚えがあります。

この画像にはないですが、甘露な液体を出すためアリが集まっていることが多く天敵でありますテントウムシから身を守ってもらっています。

オオワラジカイガラムシ カメムシ目 ワタフキカイガラムシ科
9月下旬の撮影画像から。


170921n (14)b.JPG

うまく写せなかったけれど、ヤブムラサキで交尾中でした。
チャイロナガカメムシ ナガカメムシ科

さぼり癖がついて、正月も一週間がたとうとしていることに気がつきました!
何が何でも毎日の更新をしなければならない理由はないのですが、日課となっていたことを止めるというのは・・・。
ぼちぼち・・・とびとびになりますが、更新を再開いたします。


本日は6月中下旬の撮影画像から。

170619n (27)b.JPG

アトハマキ ハマキガ科 ハマキガ亜科

寒い日が続き家へ籠りがち・・・読んだ書が結構面白かったです。

P7200011.JPG


謹賀新年

| コメント(2)
ブログ用・ヒメツツハキリバチ.jpg


追加画像を貼っておきます。

170911n (150) - コピーb.JPG

ヒメツツハキリバチ ハキリバチ科 吸蜜する姿がなんとも可愛い。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト