モリアオガエルの卵塊。

| コメント(0)
通っているフィールドで前回見られたのは2011年6月ですから、実に7年ぶりとなります。
それまでは毎年観察出来ていたんです。
その当時は、少し離れた場所でもかなり多くの卵塊が見られたのですが、2012年以降パタッと見られなくなってしまいました。

理由は、山の土砂が流れ込み堰堤などを埋め適当な水溜まりがなくなったことだと推測されます。
卵塊が発生する場所は、水がある程度綺麗な事や水量もあり深さも必要でしかも流れが緩やかな事などが必須条件のようです。

昨日確認した卵塊です。

180608n (20)b.JPG

180608n (18)b.JPG

フィールド内でただ一か所だけでしたが、立派な卵塊です。
卵塊の下を見ると、少しですが水溜まりが出来深さは20㎝位あるだろうか、天敵のアカハラなどは見当たらずでした。

嬉しいですね。
自然の生き物が戻ってきたなんて、感慨深いです。
ただ、戻ってくるまでどこで過ごしていたんだろうか・・・と?
小さなカエル君ですが、地道にゆっくりと歩いて移動するんですからね、気が遠くなりそうです。

近くも見回ってきましたが、発見できなかったです。

コメントする

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2018年6月 9日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒゲナガサシガメ。」です。

次のブログ記事は「アカハバビロオオキノコ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト