ナナフシモドキ と エダナナフシ。

| コメント(0)
頼りない幼虫の大きさから、今では随分大きくなりました。
それでも、成虫の1/3ぐらいでしょうか。

最近のニュースでナナフシはどうして繁殖範囲を広げているのか。
それには鳥が関係しているらしいと?

ナナフシが鳥に食われても卵は消化されずに糞として排出され・・・その後孵化するらしい。
ナナフシの仲間はエダナナフシ以外はメスのみの単為生殖が知られていますが、その事も影響しているんでしょうね。

180608n (29)b.JPG

ナナフシモドキですが、前脚をトラブルで失ったのか、しきりに頭を振り気にしている様子でした。

180608n (24)b.JPG

ナナフシモドキ ナナフシ科


180528n (55)b.JPG

180528n (62)b.JPG

180528n (68)b.JPG

エダナナフシ ナナフシ科

ナナフシモドキは成虫になると体長が100mmにもなります。
エダナナフシも同じぐらいの大きさですが、♂はやや小さく80mmぐらいだそうです。
・・・だそうですの意味は確認をしたことがないので!
見分けはつくんですけどね?


コメントする

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2018年6月13日 07:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒメキマダラセセリ。」です。

次のブログ記事は「ラクダムシ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト