2018年10月アーカイブ

葉っぱの上を歩いているときはアリだと思いカメラを向けたのですが?


180918n (89)b.JPG

ん? 違うなー?
上手くここまで化けたもんです。
ホソヘリカメムシの幼虫ですが、4齢ぐらいでしょうか。(ホソヘリカメムシ科)
成虫が飛んでいるときにはハチに似て、幼虫の行動はアリに似ているという面白いカメムシです。

せっかく越冬体制に入ったのに、暖かな日差しに誘われて出てきたのか・・・・心なしか寒そうに見えました?


181003n (24)b.JPG

ツマグロオオヨコバイ ヨコバイ科 オオヨコバイ亜科

カメムシたちも冬支度を始めたようですね、昨日キマダラカメムシが網戸の隙間へ入っているのを見つけました。
ぼちぼち布団干しに気を付けなければ。


180514n (144)b.JPG

ホシハラビロヘリカメムシ ヘリカメムシ科

暖かい日中にはちらちらと飛ぶ姿が見られます。

181001n (89)b.JPG

キタキチョウ シロチョウ科 成虫で越冬。
どのような場所で越冬体制をとっているのか見たいのですが、探せど・。・。・?

いよいよ虫たちは冬支度に入ったようで、姿がめっきり減ってきました。

今シーズン最後かな。

181001n (112)b.JPG

オオチャバネセセリ

ヒメカマキリより、まだ小さくて幼虫かと間違えそうな可愛い奴です。

150718n (103).JPG

150718n (106).JPG

見た時は信じられないほど小さくて、他のカマキリの幼虫かと思ってしまいそうでした。
それでも、一人前?の体形・・・と言いたいのですが、翅は意外と小さくて飛べるのかなーと?

すぐに逃げられてしまい、いい画像を残せなかったのが残念。
ヒナカマキリ カマキリ科 体長は ポケット図鑑では18mmぐらいとされています。
自分では撮るのが精いっぱいでしっかりと目測することもできませんでした。
小さくて可愛いカマキリです。

危険を感じると態勢を低くして警戒をする姿がなんとも言えなく健気で可愛い。


181001n (120)b.JPG

181001n (140)b.JPG

181001n (154)b.JPG

この後、何が気に入ったのかなかなか手から離れない?
ヒメカマキリ ヒメカマキリ科 ハナカマキリ科 体長は30mmぐらい。
ryoiさんより間違っているよーと教えていただきました。
ありがとうございました。
この種も出現時期は遅く9月頃から11月頃まで見られる日本固有種だそうです。

何処の違いで、カマキリ科とヒメカマキリ科に分類されているのだろうか?

コカマキリ。

| コメント(0)
カマキリ続きであります。

出現してくるのは意外と遅く、今まで自分が観察できたのは9月の後半ぐらいからだったと思います。
ポケット図鑑を読みますと、11月頃までは見られるとか。


181002n (89)b.JPG

181002n (80)b.JPG

他のカマキリから比べると、顔面の上下の幅がかなり平べったいようです。

181002n (103)b.JPG

特徴は鎌の内側にあるこの斑紋です。

181002n (69)b.JPG

20頭身? スタイルは抜群、スマートな体形であります。
コカマキリ カマキリ科 体長は50~60mmぐらい?
ハラビロカマキリに再度挑戦です?

181005n (31)b.JPG

何見てんの?

181005n (97)b.JPG

胸のあたりが少し赤く見えるのですが?
ちょっと失礼して、

181005n (26)b.JPG

えらい怒って!・・・鎌って器用に曲げることが出来るんですね、驚きました。

これは、もうハラビロカマキリに違いないと。
昨日のムネアカから比べると体長も小さくややスマートだったかな?
カマキリ続きであります。

これは、もうハラビロカマキリで間違いないのであります。


181005n (151)b.JPG

181005n (163)b.JPG

ただ褐色型と言いますが、翅の色紋様は大変美しいものがあります。
シーズンとして出現してくるのは、ちょっと遅いようで自分が例年観察できるのは、ちょうど今頃の季節で秋遅くまで見られることがあります。
ハラビロカマキリ褐色型 カマキリ科 体長は60mmぐらいと小さく見えました。

カマキリ愛さんに叱られそうですが、いまひとつ判っていない!
ただ、通常のハラビロカマキリと比べると大きく思えました。


181003n (13)b.JPG

なんか、陰険そうに見える? 
(コメントはムネアカハラビロカマキリに対して言った言葉ではないですよ、あくまでも画像がです。)

181003n (20)b.JPG

なんか、用あっか?

181003n (14)b.JPG

用ないなら行きまっせ。。。。

胸の下側は確かに赤いのですが、前胸背の縁は??
ムネアカハラビロカマキリ ではないかと?思うのでありますが。

今シーズンはオオカマキリの♀は何故か見ていない?ハラビロカマキリの個体数も例年を思うと少ないような気もします。

林縁で唯一オオカマキリの卵のうを観察していたのですが、そこにいたのは?
・・・カマキリにとってはいやな奴!えらいこっちゃ!


181002n (25)b.JPG

3~4mmぐらいのコウチュウであります。

181002n (33)b.JPG

ぶれないように手で固定すると・・・首をすっこめたと思ったら、瞬間...ポロリ!  
あちゃー! 何処へ行った?・・もうわからん。
カマキリタマゴカツオブシムシ カツオブシムシ科

いつ頃に移入してきたのだろう?
2004年のカメムシ図鑑には掲載されていない。

181001n (57)b.JPG

アトジロサシガメ サシガメ科 体長は20mm前後か?

キタテハ。

| コメント(0)
気持ちの良い日差しを浴びて・・・のんびりと秋を楽しんいるようでした。

181002n (20)b.JPG

181002n (22)b.JPG

キタテハ タテハチョウ科 成虫で越冬するために暖かい日には見られるかも?

写真映えしない場所にいたので、手にとっての撮影であります。
(インスタ映えと云う言葉を知り使ってみたくなったのでありまして?)


181005n (57)b.JPG

翅をたたんだところでありますが、忙しいらしくあっち行ったりこっち来たり!

181005n (66)b.JPG

袖にまでたどり着きました。

181005n (88)b.JPG

この個体はオスでしょうか、前胸に鋭い突起が見えます。
ハイイロチョッキリ オトシブミ科 チョッキリゾウムシ亜科 体長は10mm弱と大きくたくましい。

ほたるが。

| コメント(2)
この時期に観察したのは初めてのような気が?

181003n (2)b.JPG

181003n (5)b.JPG

ちらちらと飛ぶ姿は美しい。
ホタルガ マダラガ科
明るいところが好きなコミスジと、木陰が好きなクロヒカゲであります。

180928n (5)b.JPG

秋の日差しをいっぱい浴びて、シーズンを惜しんでいるかのようでした。

コミスジが見られたそのすぐ下から飛び出してきたのは、

181002n (5)b.JPG

日陰など暗い場所を好むクロヒカゲでありました。

今シーズンはクロコノマチョウの姿を一度も見ることなく終わりそうです。
何処へ行ってしまったのやら?

ササキリ。

| コメント(0)
180928n (81)b.JPG

ササキリ♀ キリギリス科 12月に入ってからでも見ることがあります。
ようやく秋らしい気候になってきました。

180918n (73)b.JPG

昨年だったか?同じ場所で同じような行動のスミスハキリバチを観察したことを思い出しました。
実はとまっているのは人工物なんです。
何があるんだろうか?

スミスハキリバチ ハキリバチ科

ちいこくて可愛いの見つけました。

180928n (86)b.JPG

180928n (98)b.JPG

指の上を忙しく歩きながら、時折カメラを見ています。
チャバネアオカメムシ 2齢幼虫 カメムシ科 灌木などで成虫で越冬します。

体長が5mm弱で迷彩服を着たてんとう虫です。

181003n (45)b.JPG

よく動くんです!
アミダテントウ テントウムシ科

10月の半ばだと云うのに、まだ頑張っているのを見つけました。


181002n (44)b.JPG

ミスジシリアゲだろうと思ううんですが?
斑紋がちょっと煩雑? 
睨んでいると、ベッコウシリアゲにも見えてくる?

さて、誰だか?
フィールドからの帰路、車のボディーにとまっていたスマートなガガンボであります。


181001n (166)b.JPG

オビコシボソガガンボ コシボソガガンボ科
この地には多いのか、よく見つかります。

さて、判らん奴が?

181002n (53)b.JPG

翅の斑紋はミスジガガンボ(ヒメガガンボ科)に似ているようにも見えますが、
・・・違うようなにも見え・・・うーん、誰じゃろ?

どちらの画像にも後翅が棒状の平均棍が見えますが、この平均棍のおかげで飛翔能力が高くなるそうです。

調べると、以前に一度撮影をした事があるのですが、何処で撮影したか不明!
・・・・この地ではあまり見られない種であります。


181001n (33)b.JPG

181001n (28)b.JPG

ウスバキトンボ トンボ科
この地では越冬することは難しいとされていますが、何処から飛来してきたのだろうか?

カノコガ。

| コメント(0)
今シーズンは個体数が少ないのか、今頃になって現れました?
・・・見逃していただけなのでしょうけどね。

180918n (185)b.JPG

カノコガ ヒトリガ科 カノコガ亜科

いつも行くフィールドで初めての観察です。
初見時はリスアカネではと思っていたのですが、翅の斑紋が違う?

181001n (53)b.JPG

全国で見られ特別珍しくもないのですが、初めて見るわけですからもう少し丁寧に撮って置けばよかったなー。
ロケーションの悪さも手伝い・・・これ1枚のみ・・・・残念。

ミヤマアカネ トンボ科

その野池の端では。

180926n (43)b.JPG

180926n (44)b.JPG

180926n (51)b.JPG

イボクサが可憐な花をつけていました。
イボクサ ツユクサ科 
花はつけても一日でしぼんでしまい、翌日に見に行くと全く花が見られないことに脅かされます?

くさひばり。

| コメント(2)
涼しくなりました。
虫の音も軽やかに、床につく時にはBGMと化し心地よく眠れます。

180926n (4)b.JPG

クサヒバリ ヒバリモドキ科

網戸にはカネタタキが張り付いていることも。

これは?

181001n (1)b.JPG

ウスグモスズでしょうか? ただ想像するのみであります。

昨日は少し汗ばむぐらいの秋晴れでした。
遠くで、ただ一匹秋を惜しむかのようにツクツクボウシの鳴き声が聞こえます。


180918n (120)b.JPG

180918n (111)b.JPG

ヒメホシカメムシ オオホシカメムシ科 体長は12~3mmぐらいか。

この秋、新たな命が。

181003n (27)b.JPG

孵化してどれぐらい経つのだろうか?
体長が5㎝ぐらいのカナヘビ君が枝に化けてるつもりなのか、動かずにこちらを窺っています。

先だって、ツマグロヒョウモンの蛹を掲載しましたが、その後が気になり見に行ってきました。
ところが!

181002n (42)b.JPG

見た瞬間には、もう羽化をしたのだと思ったんですが?
この破れたような穴の開き方は・・・・違う? 横っ腹を食い破られていいる!

誰かの獲物になってしまったのだろうけど、誰の仕業か?
たぶん?

181002n (10)b.JPG

181002n (11)b.JPG

180918n (63)ヒメスズメバチとオオスズメバチ.JPG
ヒメスズメバチとオオスズメバチ

スズメバチの仲間ではないかと推測するのであります。
今シーズン終盤の追い込みが始まっているオオスズメバチたちの活動が頻繁に見られます。
弱肉強食は自然界の中では普通の事ですが、つらい場面も?
・・・自分が目にする昆虫の中ではオオスズメバチは最強であります。

あきあかね。

| コメント(0)
台風一過、風は少し強いものの気持ちの良い秋晴れであります。
・・・虫撮りには不向きですけどね、歩くには最適です。

避暑地からアキアカネが戻ってきたようです。

181001n (17)b.JPG

181001n (55)b.JPG

181001n (77)b.JPG

秋晴れの空に似合う広い空間を悠々と飛んでいる姿は、人生?を謳歌しているかのようです。
風物詩そのものです。
アキアカネ トンボ科の日本固有種であります。

天候のせいもあるんだろうけれど、セセリチョウの姿があまり見られなくなってきました。


180809n (135)b.JPG

チャバネセセリ

山水が流れ込む止水域で優しそうな草が生えています。

180918n (136)b.JPG

180918n (138)b.JPG

180918n (139)b.JPG

あまり気にかけていなかったのですが、虫たちが少なくなったおかげで目に入るように。
自分には、なんとも・・・か細く優しい感じに見えます。

調べてみるも、詳しくは判らなかったけれど・・・・
・・・・・ホシクサ科の ホシクサ ではないかなーと思うんでありますが・・・どうだかね?

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト