2018年12月アーカイブ

やまかます。

| コメント(2)
前回ウスタビガの抜け繭(ヤマカマス)を見たのは2013年12月ですから、実に5年も経っていました。
その頃は意外とよく見られたんですが・・・その後はさっぱり見かけなくなってしまいました。

181211n (22)b.JPG

鮮やかな緑色をしているんですが、・・・いつ抜け殻になったのかは不明であります。
この緑色なかなか褪せないから、推測が難しい。

伴って成虫も...いないなー?
前回成虫を見たのは2012年11月です。
その時の画像は、

121119a (12)b.JPG

もふもふ・・の魅力がいっぱい。

前回幼虫を観察したのは2014年5月です。

140512a (29)b.JPG

3齢幼虫でした。

ヤママユガの仲間でありますシンンジュサンやヤママユ、ヒメヤママユ、オオミズアオ、クスサン、エゾヨツメなどもすっかり見かけなくなって久しい。
いつも秋になると虫目を凝らし探すんですが???
何処へ行ってしまったのやら。

雨上がりの朝、桜の冬芽を起点に網を張っているクモがいました。

空を向いての撮影・・嫌い! うまく写すことが出来ない。
何とか撮ったけれど・・・誰だろう?


181217n (5)b.JPG

181217n (9)b.JPG

この時期に網を張る奴なんて・・全く想像がつかない。
サガオニグモにも見えますが、初夏から夏に出現する種であります。
今頃いるとすれば、キザハシオニグモでありますが・・・・生息域に疑問が。
結局・・・判らずじまいであります。


話は変わりますが、日刊工業新聞に「クモの糸より強い"ミノムシ"の糸」という記事を読みました。
新しい繊維素材として実用化を急ぎ石油に依存しない繊維素材として早期の実用化を目指す。
・・・とありました。

以下引用・・・、
ミノガ科のガの幼虫であるミノムシは、カイコやクモと同様にたんぱく質で構成されたシルク繊維を吐出する。糸の直径は約4マイクロメートル。
カイコは約1500メートルの糸を吐き出すが、吐出は1回限り。
これに対しミノムシからは糸を複数回採取できる。
またクモは共食いするために大量飼育は難しいが、ミノムシにはその心配はないという。

面白いですね。
越冬中の毛虫ですが、・・・何があって出てきたのか林道のガードレールを移動していた。


181211n (44)b.JPG

181211n (49)b.JPG

気温が高いせいか元気に歩き回り、カメラを構える間も待ってはくれない?
それにしても寒さに強いなー。

因みに6月に撮影した成虫はこんな奴です。

170614n (67)b.JPG

幼虫と成虫のつながりが想像できない。
ゴマフリドクガ ドクガ科

あきあかね。

| コメント(0)
枯れた野に枯れたトンボが。

181211n (5)b.JPG

足元から飛び立ったけれど、あまり遠くへは行かず低空飛行・・・すぐにとまります。
枯葉の上は少し暖かいのかな。

181211n (8)b.JPG

・・・行く秋を惜しんでいるようです。
アキアカネ トンボ科 成虫を見ることが出来るのはもう終盤。

べにしじみ。

| コメント(0)
いつも行くフィールドの近くにある原っぱへ行くことに。
歩いていると、足元から何かが飛び立った・・・何だろうと目で追うと20mぐらい先の地表に着地。
そっと近づいて確認するも・・・どこにいるのかわからん?
丹念に見まわすと、草間に小さなチョウを発見。


181211n (40)b.JPG

縮こまって・・・寒さに耐えているように見えます。

その周辺の林縁で見つけたのは。

181211n (43)b.JPG

赤い果実がびっしり・・・・ガマズミだろうか。

てんとう虫。

| コメント(0)
暖かな日差しに誘われて出てきたものの・・・やっぱり寒いなー?
・・・撮りにくい場所にいたので・・・手に載せてみると・・・急ぎ足で動き回ること!


181207n (45)b.JPG

暖かな場所がいいんでしょう・・・・指の間へ潜り込もうと。。。

181207n (48)b.JPG

やっぱりあかんなーと、先端へ向かって歩き出し

181207n (57)b.JPG

さて、どうしよう??
ナミテントウ テントウムシ科 見た瞬間にはクサキリテントウかと思いました。

12月も半ばに差し掛かろうと云うのに、元気なオオカマキリを発見。


181207n (28)b.JPG

お腹が膨らんで見えます。
産卵場所を選んでいるのだろうか?

181207n (21)b.JPG

181207n (29)b.JPG

元気でした!捕まっても嫌じゃ嫌じゃと鎌をフリフリ抵抗します。



ジョロウグモの巣網ばかりが目立っていたフィールドも、今ではすっかり姿を消して・・・・。
・・・みすぼらしくなった巣網に引っかかるように威厳を保っている主も脚がわずかに動くだけ。


181205n (1)b.JPG

鳥に食われるのか、朽ちるのを待っているのか・・・・。
・・・寂しいネ。
自分は長い間ビナンカズラが本名だと思っていました!  とほほ

同じ木に時系列のように並んだ果実が。

181201n (7)b.JPG

181201n (10)b.JPG

181201n (12)b.JPG

この果実の事を集合果と云うそうですが、不思議な形状であります。
美男葛の名前の由来は、その昔この枝に含まれる粘液を整髪に使っていたとか。
サネカズラ(ビナンカズラ) モクレン科の常緑低木。
枯れた草木が茂る林縁の少し奥まった場所に赤い果実が残っていました。


181201n (3)b.JPG

赤い果実は元気を誘いそうですが、辺りは寂しい光景であります。
沢山あったと思われる実も残りは一つ・・・弾けて種を落とすことが出来るのだろうか。

カラスウリ ウリ科のつる性多年草。
中を割ってみると、黄色く熟した果実の中にカマキリの頭に似た種が現れます。
この種、子供のころその姿から大黒さんと言っていた覚えがあります。

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年11月です。

次のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト