2019年4月アーカイブ

ネジキの若木の先端に何かがいる?
初めはワカバグモではと思い詳しく見ると、

190425o (17)b.JPG

まさかまさかのヤブキリの幼虫です!
いくらGW前は暖かかったと云えちょっと早すぎるのでは?

190417o (34)b.JPG

190417o (36)b.JPG

トキワハゼが花をつけていました。

ここ数年の間、ヤママユガ系の幼虫成虫共に出会う機会がなかった。
もうこのフィールドでは絶滅かと心配していました。
ところが今シーズンに入ってから、目の届く範囲で三種が見つかったのであります。

190426o (5)b.JPG

ウスタビガの若齢幼虫。


190426o (7)b.JPG

ヒメヤママユの中齢幼虫。


190426o (42)b.JPG

190425o (51)b.JPG

ヤママユの一齢幼虫。

成虫の三種そろい踏みとなるのか・・・・グッと楽しみが増えました。
以前のように復活してくれることを祈らずにはおられません。
サルトリイバラで遊んでいたハチを発見。
・・・・・アケビコンボウハバチだと思うんですが?
よく似たのにフトオビコンボウハバチと云うのがいます、体長と出現期を参考にアケビコンボウハバチとしました。

190417n (48)b.JPG

190417o (19)b.JPG

190417o (21)b.JPG

因みにアケビコンボウハバチのホストはアケビでありまして、フトオビコンボウハバチのホストはタニウツギであります。

ガマズミの花が咲きだしました。

190426n (9)b.JPG

気温が少し低いせいか、カミキリムシなど小さなコウチュウの姿が見られませんでした。

巨大な蚊!

| コメント(2)
昨日は雨上がりで曇天、少し肌寒さがある日和でした。
...その為か、チョウたちの姿は全く見られない。
歩くには、暑くも寒くもなくでばっちりなんですけどね。

帰路についた時、電柱に巨大な蚊を発見。

190417o (38)b.JPG

190417o (42)b.JPG

翅の長さが10mmもあるだろうか、日本最大の蚊であります。
調べると、日本全国に生息しているそうで、樹洞などで繁殖するとか。
実は、昨年9月に同じ場所で観察をしていましたので定着しているものと思われます。

毎年この時期におなじカエデの木に現れるハラグロオオテントウですが、今年は違っていた。
いつもの年だと、一本の木に集まってきていたのですが、今シーズンは個体数が多く500mぐらい(見た範囲)離れた木などでも見ることが出来たのであります。
それもカエデだけに限らずコナラやカマツカなどでも観察できました。

190423n (37)b.JPG

190425o (24)b.JPG

190423o (6)b.JPG

190423o (8)b.JPG

この後、1週間ほど滞在した後どこかへ?
ホストがクワキジラミなので、クワの木に移動するらしいとは判っているんですが・・・・近くにクワの木が見当たらない?
・・・・と・言う事はかなり遠く離れた場所から移動してくるのだろう・・・と思われます。

体調が12mmぐらいもある大型のテントウムシです。

ここん処、ヤママユガ系の成虫にはとんとご無沙汰となっているんです。
・・・嬉しいことに、ヒメヤママユの幼虫はここ数年の間観察していますが、成虫はと云えば??

190422o (6)b.JPG

ホストは多彩なようですが、今回見つけたのはツツジ科のネジキでした。

アラカシの若葉には、

190419o (19)アラカシb.JPG

ヒトリガ科のアカスジシロコケガでしょうか?
ホストは地衣類だそうですが、アラカシの葉っぱには食痕が見られます?
・・・と・言う事はアカスジシロコケガではない?のか!
数年前にヒトテンアカスジコケガの成虫を観察しているんですが、それも考えられそうです。
結局のところ判らずじまいであります。
偶然に調べ物をしていて気がつきました!
近いのは クワゴマダラヒトリ ではと?

路傍ではシャガの群生が美しさを競い合っているようでした。

190419n (36)b.JPG

ここにきてキムネクマバチが空中散歩と云うか、ホバリングを繰り返している場面をよく見るようになりました。
自分の目線より少し高い場所・・・そっと手を挙げてみると、ぎりぎりまでその場にとどまり今気がついたかのようにブ~~ンブンと横滑りで移動します。
その姿、下手な写真家は撮ることが出来ない・・・・とほほ。
仕方なく、とまっている写真をパシャリ!

190418n (12)b.JPG

190418n (13)b.JPG

咲きだしたキイチゴの花に来ていたのは、

190417n (107)b.JPG

やや小型のクロマルハナバチ、こちらも負けじと忙しくブンブンと移動を繰り返しています。
コバノミツバツツジの花に小さなコウチュウが?

190416o (15)b.JPG

体長は5mm弱ぐらいか、触覚の感じからルリマルノミハムシではなかろうかと。

ヤマザクラやウワミズザクラが満開になってます。

190422n (7)b.JPG

190422n (6)b.JPG

190422n (18)b.JPG

サルトリイバラの若葉が妙に綺麗やなーと見ていたら。

190417n (46)b.JPG

赤い小さなハムシを発見?

190419n (6)b.JPG

190419o (6)b.JPG

ここで逃げられたのですが、すぐ傍に。

190419o (7)b.JPG

サルトリイバラを食草とする アカクビナガハムシ でした。
体長は10mmぐらいでクビボソハムシ亜科に属します。

ヤママユガの卵を発見。

190417o (1)b.JPG

小さな穴が見えます、多分脱出した後なのだろう。

190417o (2)b.JPG

コナラの若葉が美しい。

190419n (21)b.JPG

コバノミツバツツジの花で数頭のカミキリムシが採食していました。

190417n (7)b.JPG

190417o (6)b.JPG

190417o (13)b.JPG

自分が知る限り出現期間は意外と短い。
もう少し経ちカエデの花が咲きだすと集まってくるようです。

ノダフジの蕾が膨らんできました。

190419o (11)b.JPG

満開になると見事です。

ミツバアケビが花芽をつけていました。

190417n (60)b.JPG


不思議なもので、17日には虫たちも結構見ることが出来たのですが・・・昨日18日はさっぱりおらん?
気温が22℃ぐらいまで上がっていたことも関係あるんだろうか?

やっと見つけたのは、

190417o (23) - b.JPG

シマサシガメの幼虫でした。

畑の傍に植えられた八重桜が咲きだしました。

190417n (123)b.JPG

190417n (127)b.JPG

あと数日もすれば満開になりそうです。

昨日のフィールドはいつになく賑やかでした。
メジロの集団でしょうか、ちゅるちゅると鳴きながら通り過ぎていき、高い樹の上ではセンダイムシクイ?だろうと思われる囀りが盛んに聞こえました。
越冬していた虫たちも目を覚まし姿を現し始めたようです。

190417n (22)b.JPG

ヒメハナバチの仲間だろうか?花粉収集に余念がない。

190416n (24)b.JPG

ビロードツリアブも負けじと吸蜜しています。

190417n (35)b.JPG

ホソヒラタアブでしょうか、花粉を食べにやってきていました。
ツマキチョウも姿を確認しましたが、残念ながら画像に残すことが出来ません!
・・・兎に角忙しいらしく・・・とまらない。
一瞬、キノコバエかケバエの仲間かと間違えそうになりました。

190327n (52)b.JPG

調べてみると、絶滅危惧種とされているらしい。
ハマダラハルカ ハエ目 ハルカ科 体長は8mm前後か?
・・・ただ間違っていなければのお話?

数年前ならぞろぞろといたヤニサシガメですが、ここ数年間は数えるほどしか見ていない。

190412o (3)b.JPG

190412o (1)b.JPG

芋虫毛虫が激減していることも関係しているのか??
カメムシの仲間全体が減っているように思います。

190408n (21)b.JPG

ムラサキケマンの花が相も変わらずまとまりのない格好で咲き誇っていました。

4mmぐらいの小さなテントウムシ、・・・・こんな場所なら見つけやすい。

190329n (46)b.JPG

190329o (16)b.JPG

ガードレールの支柱のてっぺんをゆっくりと移動していました。

そぐ傍の草地ではカキドオシが満開です。

190405n (31)b.JPG


寒くて風が強い!
・・・風が強くてもここなら大丈夫?

190408n (62)b.JPG

190408n (46)b.JPG

じゃごけ。

| コメント(0)
今日は一日中雨の予報。
朝からしっかりと降っています。
新緑に備え、草木にとってはいい雨になるんでしょう。

湿気た法面でもやしのように伸びた胞子体を見つけました。

190320n (60)b.JPG

190320n (74)b.JPG

よく見かけるジャゴケですが、こんなに伸びた胞子体を見るのは初めて。
先端は面白い形状をしています。

キタキチョウがスミレの花に顔を突っ込んでいます。

190408n (13)b.JPG

190408n (15)b.JPG

この日風が強くて写真どころではなかったのですが、谷合に入りようやくパシャリ。
なんだかんだと飛んでいるんですが・・・・とまってくれない!

190408n (30)b.JPG

ソメイヨシノは満開になりました。

越冬から目が覚めたのでしょう、ガードレール上をのこのこと歩いていました。

190405n (43)b.JPG

越冬明けのためか体色に変化があるようです。


190405n (4)b.JPG

脱出した後にしてはちょっと早い、何かトラブルがあったような気もします?

ヒサカキの花も満開です。

190329o (9)b.JPG

190329n (70)b.JPG

190329n (71) - b.JPG

190329n (73)b.JPG

春やなーって、・・・・。

ながめ。

| コメント(0)
春と云うより夏を思わせる色です?

190327o (9)b.JPG

暖かな日差しに誘われて出てきたのでしょう、林道のガードレールを散歩・・・さてどこへ行こうか?

ミツバアケビも花芽をつけています。

190329o (10)b.JPG

190329o (12)b.JPG

今日はなんだかうすら寒い!
・・・暖かい日が続いただけに、体調管理が大変です。

ただ一頭だけでしたが、スレのない美しいベニシジミが現れた。

190329n (64)b.JPG

体いっぱいに日差しを浴び春を満喫していました。

その林縁で力強い葉っぱの芽吹きを発見・・・・。

190329o (5)b.JPG

190329o (7)b.JPG

ガマズミだと思うんですが?

今日は花冷えと云うか寒の戻りで少し寒い。
おかげで桜の花は長持ちするかな?

現在午前9時・・・さて、新元号はどうなるのかな。

190329n (66)b.JPG

野原も賑やかになってきました。

190329n (52)b.JPG

190329n (54)b.JPG


2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年3月です。

次のアーカイブは2019年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト