オナガグモ。

| コメント(2)
枯れた松葉がクモの糸に引っかかって、宙に浮いている?

190904o (9)b.JPG

これがクモだとは気がつかないですよね。
たまたま、大きな個体だったから判ったものの、通り過ごすところでした。

指でツンツン(今はやりの?)すると!

190904o (11)b.JPG

めんどくさそうにのっそりと・・・。

190904o (15)b.JPG

これならクモだと判りそうです。

190904o (18)b.JPG

このクモの糸は1~2本高い場所から張ってあるようで、この後するすると上っていきました。
この個体は体長が30mmもあり、判りましたが小さな幼体などだったら先ず通り過ぎていただろうと思うのであります。
クモを捕らえるクモとして知られ、糸には粘着質がなく、他のクモが糸を伝わってくるのを待ち捕らえるそうです。
オナガグモ ヒメグモ科

コメント(2)

初めまして。
どのお写真もきれいですね(^^)
こんなに長い蜘蛛がいるのを初めて知りました。
ナナフシみたいですね!
分布を調べたら、本州、四国、九州・・・全国で見られるようです。
ぜひ実物を見てみたいので、探してみます。

fuyu325さん、初めまして。
拙いブログへようこそ。

虫の世界は面白いがいっぱいです。
ぜひ探してください。
オナガグモの小さいのは緑色をしていて、本当に分かりにくいです。
虫たちは擬態の名人?ですよね。

コメントする

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2019年9月 9日 09:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツマキリエダシャク。」です。

次のブログ記事は「ベニヘリコケガ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト