ツマグロヒョウモンの産卵。

| コメント(2)
フィールドにある広っぱが草刈りが施されてから10日も経つだろうか、少し伸びてきた草間を遊ぶように飛び回るチョウがいました。
チラチラと飛び回るのを根気よく観察していると・・・見えてきたのは。

190920s (21)b.JPG

190920s (24)b.JPG

判るでしょうか?
腹を枯れた草簡に突っ込んで産卵をしているようです。
この広場にスミレが多くあるのですが、よく知っているもんです。

この後も、

190920s (30)b.JPG

下草に潜り込んではを繰り返し、産卵に適する場所探しに大忙しの様子でした。
ツマグロヒョウモンの♀ タテハチョウ科
食草はスミレ類で街中の花壇や鉢植えのビオラなどにもやってきます。

コメント(2)

おっちゃんさん、こんにちは。
ほんとです。お腹を突っ込んでいますね。
スミレの葉が草むらの下に残っているのでしょうか。
香り?がするのかな。
どうしてわかるのでしょうね。不思議です。

今年はツマグロヒョウモンをあまり見かけませんでした。
そのかわりかな^^ ゴマダラチョウを初めて見たんですよ。
ということは、あのかわいい幼虫もいるということですよね^^

ブリさん、こんばんは。
産卵準備をする前に枯草に首を突っ込んでいるので、やっぱり触覚で臭いを嗅ぎつけるんでしょうね。
卵はスミレが近くにあるようなコケや枯草に産卵するみたいです。
一生懸命な姿は健気で、見ていても感動します。

ゴマダラチョウですか、長い間見ていないなー。
もう少し経てばエノキの葉っぱで可愛い姿が見られると思います。
寒くなると地上に降り枯葉などに潜って越冬しますが、たまにエノキの枝又で樹皮のシワのような格好で越冬するのも見ることがあります。

コメントする

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2019年9月29日 08:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オナガグモの幼体。」です。

次のブログ記事は「ほたるが。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト