2019年10月アーカイブ

アリと云うのは、意外と寒さに強く真冬でも見ることがあり驚かされる。
もっとも、土中や朽木の中で越冬するわけでありますから判らんでもないのでありますが。

190531o (50)b.JPG

体長は3mmぐらいで、何とも頼りなく歩く姿が可愛い。
シベリアカタアリ ハチ目 アリ科 カタアリ亜科



昨日はお天気が良かったのですが、トンボが数頭飛んでいるぐらいで・・・・・。
樹液酒場では、スズメバチの働き蜂が寒さで動けなくなっている個体が複数見られました。
ちょうど気温が上がる時間帯だったこともあり、時間が経つにつれ身体が温まった数個体がぶんぶんと樹液付近を確かめるように飛び回った後、飛び去る姿が見られました。

190924o (20)b.JPG

コベニスジヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科


ホソヘリカメムシの5齢幼虫と成虫が同時に見ることが出来ました。

190924o (30)b.JPG

ホソヘリカメムシ5齢幼虫。

190924o (37)b.JPG

ホソヘリカメムシ ホソヘリカメムシ科 成虫越冬。

収穫なしで帰路につき、車に戻るとアワフキムシが待っていてくれた。

190924o (40)b.JPG

体長は翅端まで含めると10mmもあるだろうか、結構大きめのアワフキムシです。

ヒメモンキアワフキ アワフキムシ科

いつもの如く、いつものように・・・ボケてます。

190924o (11)b.JPG

ヤマトカギバ カギバガ科 カギバガ亜科

また台風ですね。
見るからに怖そうな風体・・・どうぞ穏やかに・・・・速やかにお引き取り下さいますように。

気をつけなければいけない季節がやってきました。
毎年のように、オオスズメバチによる被害がニュースに取り上げられるのが、今の季節です。

141104a (19)b.JPG

140922a (11)b.JPG

190924s (21)b.JPG

190924s (24)b.JPG

獲物を狩っているときや樹液を食べている時などは案外大丈夫なんですが、いったん巣の近くなどへ入ったら、もう臨戦態勢に入り攻撃的になります。
巣は林内の土中や林道にある橋の下など人工物にも見られ、あらゆる角度から注意が必要です。
それでも、何かを振り回したりドタバタと騒ぎ立てたりしない限り・・・・襲ってはこないはずなんですが?
なんて、簡単に言いますが、実際には気をつけようがないと言うのが本当の処です。

オオスズメバチの働き蜂の大きさは40mm近くにもなります。

気温が低くなった日、まだお眠なのか・・・それとも隠れん坊んなのか?
高さ.2.5mぐらいのコナラの葉っぱの中で休んでいました。

190918s (10)b.JPG

間もなく姿を消すであろうと思われます。
サトキマダラヒカゲ タテハチョウ科

路傍には邪魔になるほどの繁殖ぶりです。

190924o (21)b.JPG

豆が出来始めると、うっかりそばを歩けない。
もっとも、ヌスビトハギにとってはこの技を使って繁殖地域を広げるという大切な役割があるんですけどね。
ワンコがここをすり抜けると、とんでも・・・面白い顔に?
ヌスビトハギ マメ科の多年草。

雨が降っていても、風が強くても・・・・こいつだけは見つかります。

190913o (35)b.JPG

うつくしい紋様ですが、何故かのぞき込む人は少ない? 糸なんぞは金色に輝いていますぞ。
ジョロウグモ ジョロウグモ科

木々のある空間にぶらりん。

190924s (52)b.JPG

190924s (58)b.JPG

色合いなのか、周りがそうさせるのか・・・・何故かこれをみるとほっとする。
カミエビ(アオツヅラフジ) ツヅラフジ科のつる性落葉低木。

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト