2019年12月アーカイブ

いつも行くフィールドでカマキリの卵鞘が見当たらない。
どこかにあるんでしょうが、・・・見つけられないねー?‥‥って、ことで少し標高を稼いだ場所へ行ってみました。

随分探した結果、松の若木で発見。

191028o (54)b.JPG

オオカマキリの卵鞘。
並んで、

191028o (57)b.JPG

191028o (58)b.JPG

ハラビロカマキリの卵鞘が見つかりました。
ムネアカハラビロカマキリの卵鞘もあるかと欲張りましたが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。
ヒナカマキリやヒメカマキリなど他のカマキリの卵鞘も、見つけられそうで見つけられない?
見つけられないとなると、余計に見たくなるのが人間の性・・・・然し、いつになる事か?
笹の葉にいた毛虫君。
よく見ると食痕と見られるのは古くこの毛虫君が食べたものではないだろう?

191225o (1)b.JPG

上を見上げれば、コナラやアカメガシワなど多食性の毛虫君にはもってこいの場所であります。
何かトラブルでもあって落ちてきたのか?
クワゴマダラヒトリの中齢 ヒトリガ科 幼虫で越冬。

とまった場所が悪かった?
チラチラと通り過ぎて高さがある場所へ!あちゃ~~3メートルぐらい高さがある場所、しかも逆光ときている。
撮っては見たものの、やはり汚い画像。 ・・・・初物だし・・・仕方ない掲載します。

191225s (13)b.JPG

とまったところは桜の古木、知ってか・・・真に判りにくい場所へとまるもんです。
ナミスジフユナミシャク シャクガ科 ナミシャク亜科

ツバキの花が。

191223o (13)b.JPG

ツバキは種が多くて・・・・。
雪にでも埋もれていれば、さしずめ寒椿?・・・・自分には判りませ~~ん!

落ち葉に落ち蛾?

191223o (9)b.JPG

ナカオビアキナミシャク シャクガ科 ナミシャク亜科

透けた林内に熟した赤い実が。

191223s (3)b.JPG

おいしそうに見えるけど、鳥たちには人気がないのかいつまでも残っています?
サルトリイバラ ユリ科のつる性落葉低木。
陽が上り暖かくなってきたころ沢近くを歩いてみました。
すると、沢の周りにある常緑樹の林から急降下してきたのがいます?

191223s (79)b.JPG

自分から数メートル先へ着地、じっと動かない?
ここは沢の中で土砂が堆積している場所、越冬していたムラサキシジミが喉が渇いたのか給水をしているようでした。
それにしても美しい紫色が輝いています。
飛んでいるときには翅裏の茶色しか目に入らないんですけどね?
ムラサキシジミ シジミチョウ科 残念ながら自分は観察したことがないのですが、成虫で集団越冬している場面をネットなどで確認することが出来ます。

暖かな師走です。
越冬している虫たちも時折姿を見せてくれます。

191210o (39)b.JPG

ナトビハムシ ハムシ科 ノミハムシ亜科 体長は3mmぐらいと小さい。

小さな木に赤い実が。

191205o (17)b.JPG

191121o (43)b.JPG

正月の盆栽に使われるヤブコウジだと思うんですが?南向きの法面で見つけました。
高さは15~20cmぐらい。
ヤブコウジ 別名十両 ヤブコウジ科の常緑低木。

林縁を歩いていて、細いコナラの枝先に産み付けられたヤママユの越冬卵を見つけた。

191209o (5)b.JPG

毎年越冬卵を確認しているんですが、成虫を見かけなくなって5年以上にもなります。
卵を見つけると・・・まだいるんやなーと嬉しくなるんですが・・・・。
この卵、よく見ると小さな穴が開いている。
せっかく生まれてきたのに、寄生蜂の獲物と化してしまったようです。

葉っぱに隠れるようにフユイチゴの真っ赤な果実が。

191211o (20)b.JPG

フユイチゴ バラ科のつる性常緑低木。
12月も半ばに入り、夜はさすがに冷えますが☀が上り始めると暑いぐらいに。

ヤブムラサキで見つけた毛虫君・・・さて誰だろう?

191211o (9)b.JPG

ヤブムラサキの果実を美味そうに食っていました。



フユシャクの♀を探していると・・・・何だか変な奴が?
モニターで確認すると小さなクモ・・・おぁーまだ頑張っているんや!

191211o (34)b.JPG

191211o (33)b.JPG

こちらを向いてくれないかと、枝を振ったりしても・・・・どうしても嫌らしい?

191211o (37)b.JPG

最後には落下されてしまった。
サガオニグモ コガネグモ科 体長は6~7mmと以前に見た個体から比べると随分小さく感じました。
今頃みられるクモではない気もするけどなー?

たまたま砂地に転んでこのような姿になったのか、それとも自ら砂を背負う事になったのか?
個体はヤニサシガメだと思うんですが、自分はこんな光景は初めての観察です。

191205o (19)b.JPG

191205o (21)b.JPG

周りが同じような砂地なので、やはりだましのテクニックだろうと思うのであります。
もっとも、ヤニサシガメは松脂のような粘着質を体全体に施しているので砂がくっつくには何の苦労もないと考えますが?
・・・・・面白いなー。
ヤニサシガメの中齢ぐらいだろうか? サシガメ科

林縁で目立っています。

191210s (7)b.JPG

191210o (40)b.JPG

サネカズラ(ビナンカズラ) モクレン科のつる性常緑低木。
和名は実葛で別名の美男葛は枝に含む粘液を整髪に用いたことからつけられたとか。

通常ならコナラなどの樹皮に集団で見かけるアブラムシの仲間ですが、何故かガードレールに?

191211o (23)b.JPG

一応調べては見たのですが、種は特定できませんでした。
アブラムシ科の一種。


191209s (8)b.JPG

初冬のサルトリイバラの果実・・・・・何だか寂しそう?
サルトリイバラ ユリ科のつる性落葉低木。
昨日は比較的暖かな日中でした。
とは言え、虫など見つかる筈もなく・・と?
あれっ・・・フユシャクが飛び出したようです!

191210o (31)b.JPG

191210o (4)b.JPG

ひらひらと低く飛んでいるかと思えば、急上昇して・・・・彼方へと姿を消してしまいます。
写真撮影を諦めかけていた時、数メートル先へ着地。
思わず駆けつけての撮影でした。
・・・・それにしても元気な個体群です。
クロスジフユエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科
公園の案内看板にいたイモムシ君・・・最初は這っていたんですが危険を感じたのか枝に成りすまし?

191209o (7)b.JPG

でもなー、場所が悪いわ。
ハミスジエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科
古い切り株で見つけてカメムシ君・・・・移動途中寒さで動けなくなったのか?

191205o (6)b.JPG

昼間は暖かい日もあるからねー。
寝床につくのが少しばかり遅れれば・・・・えらいこってす。
クサギカメムシ カメムシ科

葉っぱがすっかり落ちてしまったヤブムラサキですが、

191205o (35)b.JPG

艶のある紫色がいっぱい。
ヤブムラサキ クマツヅラ科の落葉低木。

シーズン終盤になってハラビロカマキリに出会うことが出来ました。
この個体、いつになく気の強い奴で・・・・。
カメラを向けると鎌で襲い掛かってくる! おっ、それならもう少し遊んでやるか!

191121o (9)b.JPG

うぬ?

191121o (10)b.JPG

何やんねん??

191121o (20)b.JPG

食うたろか!

191121o (21)b.JPG

マズそうやな!

191121o (28)b.JPG

食えそうにもないな?・・・・ほなら、さいなら?

車の中で一服をしていると、運転席のガラスへやってきたのがいる。
そっとドアを開けても逃げることなく、ただうろうろ。

191121o (4)b.JPG

小さくてまるこい姿は可愛い。
このハチ、成虫で越冬するので現れても不思議ではないですが。
生態はチョウ目の蛹に内部寄生するため、場所を選ばず出現します。
キアシブトコバチ アシブトコバチ科 体長は5mmぐらいだったか。

南のほうから来たカメムシですが、結構寒さに強いんですね。
でも、さすがに動きは鈍いようでした。

191112o (1)b.JPG

191112o (6)b.JPG

もっとも、この種の仲間は動きは鈍いですけどね?
今頃になっても見られるという事は、定着しているという事なんでしょう。
アトジロサシガメ サシガメ科

この種の定着が関係しているのでしょうか、ヤニサシガメやヨコズナサシガメ、その他のサシガメの姿が見られなくなって久しいです。
他にも原因があるのでしょうか?

いつも行くフィールドから少しばかり奥へ行った時、見慣れない果実を発見。
この風合いすごく目立ちます。

191113o (22)b.JPG

葉っぱを強くもむと悪臭が出ることからその名がついたそうです。
真夏に咲く花はテイカカズラのような花の風車を沢山つけ、アゲハチョウなどが好む虫媒花であります。
以前にはこの樹でシンジュサンの幼虫を発見したことがあります。

クサギ シソ科(以前はクマツヅラ科)の落葉小高木。

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年11月です。

次のアーカイブは2020年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト