2020年9月アーカイブ

昆虫類の成虫の姿がだんだんと少なくなり寂しい限りでありますが、この時期は幼虫の季節でもあります。
探せば見つかるもんです。

200924o (48)b.JPG

コマツナギの幼木にいたもは。

200924o (49)b.JPG

ヨモギエダシャクの中齢ですが、大きさは50mm近くありました。

林道のガードレール上を這っていたのは。

200929o (12)b.JPG

リンゴドクガの若齢だと思われます。
終齢になるとレモン色の美しい毛並みに魅了されます。

ツツジ科の葉っぱを食っていたのは。

200929o (2)b.JPG

ツマキシャチホコの若齢でしょうか、体長は20mmぐらいとやや小さかったです。
終齢ともなると体長は50mmにもなり毛足がやや短くなるようです。
・・・・ただ、これによく似た同族の幼虫が複数いるので間違っているかも知れないです。
ミズヒキにいたアシグロツユムシ・・・・・よくよく見ると面白い表情をしている。

200924o (57)b.JPG

アシグロツユムシの♀ ツユムシ科 体長は30mm強ぐらい。

ヌスビトハギの花ももう終盤でしょうか。

200928o (32)b.JPG

200928o (36)b.JPG

さぁー、花後が大変・・・・・気をつけなくては。
ヌスビトハギ マメ科の多年草。

毎年同じ場所で見られるスズバチの泥の採集・・・この時期でも頑張っていました。
数頭が入り乱れ、泥を集める場所取りをしています。

200924s (39)b.JPG

200924s (30)b.JPG

既に泥巣作りは終わっているものと思っていただけに、おぉ~~まだ頑張っているんやなーと。
泥巣は結構個人差があるようで、育房の形は様々・・・・作る場所によって縦長やまん丸などがあります。
スズバチ ドロバチ科 体長は30mmぐらいと結構大きい。

ナツハゼの実が色づいてきました。

200924s (6)b.JPG

200924s (11)b.JPG

ナツハゼの実は液果で黒紫色に熟し、食べると甘い。
ナツハゼ ツツジ科の落葉低木。
実におとなしいコガネムシで葉上にとまっていることが多い。

200916s (28)b.JPG

ただ捕まえやすいと云って、うっかり手づかみすると・・・・あちゃーやられた・・・となり、掌にはべっとりと糞が!
アオドウガネ コガネムシ科 体長は23mmぐらいか。

この時期になんで?

200924o (37)b.JPG

これって、どうみてもヤブヘビイチゴの実ですよね。
通常なら6月か7月頃に見られるはずなんですが? 赤い実が2個ほど実っていました。
季節の変化についていけなかったのでしょうか?
ヤブヘビイチゴ バラ科の多年草。
よく似たヘビイチゴの花や葉っぱは小さくて果実には艶がない。
(花や実がなる時期は同じです。)

樹液食堂。

| コメント(0)
樹液食堂も心なしか寂しくなってきました。

にらめっこ。

200910s (36)b.JPG
ルリタテハとウシアブ。

200924s (50)b.JPG
オオスズメバチとサトキマダラ。

そして入れ代わり立ち代わりやって来るのはオオスズメバチの働き蜂たち。

200924s (47)b.JPG

飛んできた瞬間に触角同士を突き合わせ・・・・誰だかを確認した後仲良く樹液を食べます。
同じ巣の仲間だと喧嘩はしない。
違っていたりすると・・・・慌てて逃げだす仕草も見られます。

沢の土砂が溜まった止水域では。

200915o (16)b.JPG

サクラタデだろうか? 水辺が好きな草が小さな群落を作っています。

見つけた場所は食草でありますガマズミが多く植生しているところです。

200914o (17)b.JPG

200914o (12)b.JPG

7月から8月頃までは夏眠するそうで、ちょうど今頃目が覚めたのでしょうか? ちょっと寝ぼけているようにも見えました。
暑かったからねー。
サンゴジュハムシ(サンゴジュウスバヒゲナガハムシ) ヒゲナガハムシ亜科 体長は6mmぐらいか。

カミエビの実成が悪い?

200924o (39)b.JPG

いつもなら、紫色の可愛い果実がブドウのように多くぶら下がっている筈なんですが、すでに熟して食べられた後も?
酷暑が影響しているんだろうか? ちょっと寂しい景色です。
カミエビ(アオツヅラフジ) ツヅラフジ科のつる性落葉低木。

林縁を歩いていると、頭上の葉っぱにとまっていた蛾が驚いたのか落ちてきた。
落ちてきたのはいいけれど、えらい狭い場所へ落ち着いてしまいました。

200910o (10)b.JPG

コンデジを突っ込んで何とか撮ることが出来ました。
白と赤、赤い紋様の縁には黒の縁取りがあり・・・・美しい紋様であります。
ギンボシリンガ コブガ科 リンガ亜科

ササキリ。

| コメント(0)
やっと30℃を下回るようになってきましたね。
今日は曇天ですが、快晴の時などは実に気持ちがよろしい。

ササキリの可愛い幼虫も一人前の姿に?

200914s (41)b.JPG

剣を持っているから♀ですね。
ササキリ キリギリス科 
キリギリスで思い出しましたが、最近は鳴き声を聞かないな・・・・・自分が子供のころはタケのかごに入れて鳴き声を楽しんだものですが。

ゲンノショウコの花も昔はどこにでも見られたのですが、少なくなりました。
草刈りが徹底されているからだろう。

200910o (12)b.JPG

200914o (40)b.JPG

路傍で数輪見られました。
ゲンノショウコ フウロソウ科の多年草。

体長が6mmぐらいの小さなハムシですが、触角をフリフリ歩く姿は可愛いもんです。

200916o (24)b.JPG

瓜類の害虫ではあるんですが、それほど多く発生した事案は聞いたことがないです。
クロウリハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科

小さなセミの抜け殻が。

200915o (30)b.JPG

ツクツクボウシの抜け殻だろうか。

ようやく秋らしい空が見られるようになってきました。
綺麗ですね、透き通った青い空に白い雲がぽっかりと浮いて・・・何だか気持ちが豊かになります。

200529s (25)b.JPG

マエキヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科

ツユクサにヒラタアブの仲間。

200914s (30)b.JPG

よほど腹が減っていたのか、花に食いつくようにしがみついていました。

200914o (25)b.JPG

コアオハナムグリ コガネムシ科 この色以外に褐色型もいます。

キンミズヒキとミズヒキ。

200914o (44)b.JPG

キンミズヒキ バラ科の多年草。

200914o (49)b.JPG

ミズヒキ タデ科の多年草。

ヤマザクラの3メートルぐらいの場所で、巻いた枯葉に似せたイモムシ君を見つけました。
当初はほんと!枯葉が絡んでいるんだと?
しかしよく見ると動いている。

200915s (27)b.JPG

擬態色とはよくしたもんですね。
この種は緑色の個体が多いのですが、その場に合わせて褐色にも変化出来るようです。
食草はサツマイモやヒルガオなどとされとますが、・・・・・なんでも食べるんやなーと?
エビガラスズメ スズメガ科 越冬態は蛹。

コナラのどんぐりが。

200910o (1)b.JPG

200910o (2)b.JPG

アップしてみると美しい。

里山の公園に植栽されたハナゾノツクバネウツギの花で、動きの鈍いツチバチを発見した。

200914o (35)b.JPG

ただもぞもぞと動くけれど・・・・何だかおかしい?

200914o (32)b.JPG

早朝だったのでそれなりの理由があったのかも知れない。 
急に冷えたためかな? それとも眠かったのか?
オオモンツチバチの♀ ツチバチ科 体長は25mmぐらいでずんぐりと大きなツチバチです。

ぼちぼちと土の中へ潜り込む季節でしょう。

200910s (1)b.JPG

コミスジ。

| コメント(0)
今シーズン最後の羽化が始まったのか・・・・まっさらなコミスジを観察しました。

200914s (15)b.JPG

200914s (17)b.JPG

滑空して着地した瞬間に、黒が美しい個体やなーと見惚れました?
一瞬自分の目がおかしいのなと疑うほどで・・・・・画像を見るとそれほどでもない?
光の加減で騙されたか!

200528s (21)b.JPG

別個体は縄張りを見張っていました。
コミスジ タテハチョウ科 

ノリウツギの花も終盤か。

200910s (18)b.JPG

200914s (7)b.JPG

ノリウツギ ユキノシタ科の落葉低木。
装飾花は下向きになり、枯れたまんま遅くまで残り冬にはドライフラワーとして見られます。

妖艶な花を咲かせるカラスウリですが、自分は一度見た覚えがあるだけです。
見た時の驚きは今でも覚えています。
暗い中、真っ白なレースを広げ・・・・まさに妖艶としか言いようがない雰囲気でした。
自分は夜に出かける事がないので、まず見ることが出来ないでしょう。

200910s (45)b.JPG

この蕾が開くと花の縁が糸状に細く咲かれた状態になり、レースのように見えます。

200910s (43)b.JPG

果実は熟すと赤くなり、緑の中で目立ち・・・・中には持ち帰る人も?
カラスウリ ウリ科のつる性多年草。

7月の在庫画像から。

200623o (7)b.JPG

ヤマトカギバ カギバガ科 

イシガケチョウの幼虫が見られないかと、イヌビワの木を見に行ってきました。

200914o (52)b.JPG

所々食痕が見られますが、どうだろうなーと探していると。

何と、隣の葉っぱは丸坊主!

200914o (54)b.JPG

200914o (55)b.JPG

これはどこかにいる筈だと探しては見るものの??いない。
この樹が生えている場所が悪い!・・・・崖っぷちなのであります。
これ以上先に進むことが出来ないのでありまして! 結局見つけることが出来なかった。
イヌビワ クワ科の落葉低木。

6月に撮影をしたハグルマエダシャク。

200608s (8)b.JPG

ハグルマエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

一見ウデブトハエトリに見えますが、間違いないだろうか?

200529o (45)b.JPG

200529o (49)b.JPG

もう少し真剣に撮っておけばよかったと反省。
なんせ初見のクモなんで。
ウデブトハエトリの♂タイプだろう。 ハエトリグモ科 体長は4mm弱?ぐらい。

判るようで判らないのが・・・・・?

200608o (11)b.JPG

ヨモギエダシャク ではなかろうかと思うんですが、スレが酷いため決定打が出せないでいます。
撮影は6月末です。
ryoiさんより情報をいただき調べた結果、ヒメナカウスエダシャク であることが確認できました。
ryoiさん、ありがとうございました。



180913n (121)b.JPG

180913n (120)b.JPG

林縁を歩いているときに落ちてきたのですが? 不明であります。
撮影は今月です。
ryoiさんからお教えいただき ナカアオフトメイガ であることが分かりました。
ryoiさん、ありがとうございました。

お判りの方がおられましたら、ぜひお教えください。
暗い場所に隠れるようにとまっていた。

200526s (61)b.JPG

カマツカが多くある場所なので、よく見かけます。
幼虫は見たことがないんですけどね?
ニワトコドクガ ドクガ科

最近読んだ書。

200827o (1).JPG

シュミレーションとは言え、こんな世界があるんだなぁと震える思いで読みました。
読み進むにつれ現実を突きつけられた感が深まり、・・・・・ただただ壮絶としか・・・・。
我が家周辺ではセミの鳴き声は全く聞こえてこない、・・・もう終わったのかな?
・・・・と、フィールドへ出かけるとミンミンゼミが結構賑やかに鳴きツクツクボウシも負けじと秋を告げていました。

200910s (94)b.JPG

鳴き声は聞こえても、なかなか姿が見えないツクツクボウシですが、撮って見るとなるほど透明の翅が姿を消しているんだと・・・感心。

ちょっと遠くでも、

200910s (78)b.JPG

ツクツクボウシ セミ科 体長は45mmぐらいか。

下草にも小さな秋が。

200910o (14)b.JPG

キツネノマゴ キツネノマゴ科 花期は夏の終わりごろから秋遅くまで見られます。

少し涼しくなってきたかなーと思われますが、山を歩く時は汗かきかきであります。
ガードレールにいたアオオビハエトリ・・・何かを捕らえていた。

200609o (37)b.JPG

現像をして解ったのだけれど、捕らえられていたのはアブラムシの仲間のようです。
この後、獲物を盗られまいと大事にそうに抱きかかえてガードレールの裏へ逃げ込んだ。

アオオビハエトリ ハエトリグモ科
遊歩道の擬木柵にいたエダシャクであります。

200608o (21)b.JPG

200608o (22)b.JPG

ニセオレクギエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

いつも思う事なんですが、このネーミングはどこから来るんだろうと?
もっとも、ちゃんとしたルールのもとに決められるているそうですが・・・面白いですね。
ニセは判らんでもないですが、オレクギはどこから・・・なんて考えてしまいます。

この画像のニセオレクギエダシャクの同定は偽物かも?・・・・よく似たのが多くいて!
体長が3mmぐらいと小さなハムシです。
成虫で越冬するために3月の寒い時期でも食草でありますタラノキで複数の個体を見つけることが出来、暖かくなるとタラノキ以外でも見かけることがあります。

200515o (26)b.JPG

200525o (28)b.JPG

集団で見つかりますが、密集している場面は観察したことがないです。
ドウガネツヤハムシ ハムシ科 ツヤハムシ亜科
体長が3mm云う大きさは、老眼の自分には芥子粒にしか見えず・・・・それほど活発に動き回ることがない為か、初めは見逃してしたようです。

落ち蛾。

| コメント(2)
遊歩道にある階段のすみっこにエダシャクが落ちていた?

200515o (58)b.JPG

風雨から逃れてきたのだろう、ナミガタエダシャクかと思われます。 
ナミガタエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

自分はハチの仲間は好きなんですが、同定となるとめっきりへたくそであります。
あてずっぽうでも当てに行くことが出来ない!

200716o (3)b.JPG

にらめっこをしていると・・・・ヒメハナバチの仲間に見えてきます。
・・・・が、判りません。

サルトリイバラの葉っぱにとまっていた美しい小さな蛾ですが。

200617o (30)b.JPG

せっかくのチャンスだったのに、横から撮ろうとすると・・・・・あちゃー!逃げられた。
クロマイコモドキ マルハキバガ科 6月末の在庫画像から。


体長が10mmぐらい、前胸背版が丸みを帯びているからマルムネとついたのだろう。

200526o (33)b.JPG

200526o (37)b.JPG

他のジョウカイボンから比べると、個体数は多いような気もします。
ただ、自分の主観ではありますが。
マルムネジョウカイ ジョウカイボン科

7月末の在庫画像より。

200728s (1)b.JPG

逆光だったのかな?覚えていない。
マエキオエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科
コナラの葉裏で見つけた大型のクモ、カメラを近づけても微動だにしない?

200610o (14)b.JPG

多分ですが、脱皮直前だったのではないかなーと思われるのであります。
コアシダカグモ アシダカグモ科 体長は20mmぐらいだったか。
よく似ているアシダカグモよりかなり小さい為に見分けやすいと思います。

見つけた時既にアリたちが解体を始めていた。

200625o (29)b.JPG

襲われて死んだのか?笹の葉にとまったまんまの姿であります。
キッチリとした同定はできないけれど、 シロホシクロアツバ ではなかろうかと。
で・あれば、ヤガ科 クルマアツバ亜科


石原裕次郎さんが亡くなって久しいですが、60年以上前に「風速40メートル」と云うタイトルの歌があり・・・・当時そんな風速なんて考えられないなんて思っていたことがありました。
今回の台風はそれを上回る65メートルと云う瞬間最大風速だとか!
年々、気候が過激?になってきていますが、今後どうなっていくのだろうかと考えさせられます。

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2020年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年8月です。

次のアーカイブは2020年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト