2020年10月アーカイブ

オオスズメバチの働き蜂たちの姿があまり見られなくなってきましたが、他のハチたちの姿も少なくなってきました。

ガードレールにいたキボシアシナガバチ、腹部を左右にフリフリ?何をしているんだろう?

201026s (14)b.JPG

201026s (9)b.JPG

カメラを向けても、さして気にしていない様子。
この時、レンズとの距離はわずか5cmぐらいでした。
キボシアシナガバチ スズメバチ科 体長は20mm弱・・・18mmぐらいか。

クロスズメバチが落ち葉の中へ首を突っ込んで体をぶるぶる。

201026o (30)b.JPG

かなり激しく揺すっているために頭部がボケてしまって! 連写した結果!

201026o (31).JPG

余計にぶれた画像となってしまいました。
この枯葉の中に獲物であります、昆虫やクモなどが潜んでいるのかも知れない。
クロスズメバチ スズメバチ科 体長は15mmぐらいと思っているより小さい。

葉裏にわずかな違和感があり捲って見ると・・・?

200930o (11)b.JPG

200930o (13)b.JPG

いました。
キンヨウグモ アシナガグモ科 透き通ったような体で・・・なかなか綺麗なクモでした。

残り物。

201021s (35)b.JPG

ほとんどの果実が空になりその皮だけが地面に落ちている。
その蔓の上のほうを見上げると、小さな果実が・・・。
今日も野猿に出会いましたが、遠慮の塊なのか?

昆虫でもなくクモの仲間でもなく、身体は小さくて脚の長いクモのような?・・・そうでないような、変な奴です。

201006o (12)b.JPG

201006o (13)b.JPG

葉っぱ間をまたぐように留まっている場面を見ますが、なんとなく動くのか動かないのか・・・それでいて案外逃げ足は速く・・・得体の知れないやつです。
アカサビザトウムシ ザトウムシ目 カワザトウムシ科 フシザトウムシ亜科

アザミの花にヒラタアブの仲間。

201020s (116)b.JPG

ノハラアザミだろうか? なにせ、同じような花で種類が多く自分にはよく判りません。
まぁー、キク科の多年草ではあるんですが、それ以上は!

一日の気温差はあるものの過ごしやすい日々が続きます。
オツネントンボも暖かい日差しを浴び日光浴を楽しんでいました。

201020s (79)b.JPG

真冬でも暖かな日にはこんな姿を見ることがあります。

反対方向から逆光で撮ると、

201020s (107)b.JPG

全く違った個体に見えます。
日差しが強いと、いつも失敗する被写体なんです、どうも白飛びしてしまい面白くない。
かえって逆光のほうがまともに見えます?
オツネントンボ アオイトトンボ科 越冬前のオスでしょうか。

雑木林で見たのは、

201006o (56)b.JPG

花には特徴のある紋様が。

201006o (59)b.JPG

201006s (31)b.JPG

この画像ではスッキリと見えますが、じつはもっとごちゃごちゃしているんです。
果実は翌年の5月頃につけるために、苗代グミとつけられたとか。
ナワシログミ グミ科の常緑低木。

ボ~~と外を眺めていたら、偶然飛んでくるのが見え、とまった場所が鉢の縁。

200805o (1)b.JPG

200805o (2)b.JPG

鉢と鉢の間・・・・動かせば逃げるだろうし、う~~んなかなか撮りにくい!

アカシマメイガ メイガ科 シマメイガ亜科

キビタキ。

| コメント(2)
林縁を歩いていると、カエルがくぐもったような声でククックックと鳴く声が聞こえます?
何だろうなと目を凝らすと・・・・小鳥が雑木林の中に見え・・・・こちらを窺っている様子です?

こんなの撮れっこないと思いながらもパシャリと。

201020s (3)b.JPG

意外と逃げようとしない!
近くではあるんですが、・・・・・短いレンズでも撮れるもんやね?
さて、これからが問題!誰やろか?
これと云って特徴がない?
ポケット図鑑を広げて・・・・・これではないかと キビタキの雌でしょうか。

そして、500mぐらい離れた場所で偶然にも、

201020s (20)b.JPG

暗い場所から、

201020s (16)b.JPG

出てきてくれたは良いけれど、逆光! ボケてはいるけど何とか判るわね?
キビタキの雄でしょう。

短いレンズしか持っていないので、よほどタイミングが良くなければ撮ることはできないけれど楽しみが増えたことはいいこと・・・・でありまして。

この原っぱでは、現在は葉っぱも花も見られないけれど、その季節になるとスミレの花が咲き乱れます。
そんな原っぱではツマグロヒョウモンのメスたちが産卵場所を選び?乱舞しています。

201006s (20)b.JPG

下草や苔などに産卵をします。
この場面も産卵をしているものと思うんです。

一方オスは。

200915s (9)b.JPG

200915s (15)b.JPG

逆光だったのでなんか変な色になりました。
のんびりとゆく秋を楽しんでいるかのようです。

スミレは今が種子を飛ばす季節であります。

201005o (14)b.JPG

スミレは地下茎で繁殖するものと思っていましたが、このように種子がいつまでも残っていることがあります。
さて、この種子の主はだれだろう?

沢沿いを歩いていると頭上から落ちてきたのがいる?

201006o (17)b.JPG

上手く砂地に着地したけれど、何に驚いたのだろう?
うまく写っていないけれど、このピンクの縁取りは何を意味するのだろう。 可愛いけどね。
アオバハゴロモ アオバハゴロモ科 全長は結構大きくて10mmはあります。

その沢の下流であまり見かけない花が? それも一株だけ。

201005s (35)b.JPG

201005s (23)b.JPG

201005o (4)b.JPG

花後の種子だろうか?
見た覚えがなく・・・調べるのに少し時間がかかってしまいました。
ヒタレゴボウ (アメリカミズキンバイ) アカバナ科の一年草。

雑木林を抜けるとき、小枝をもってフリフリ歩かないと顔面がクモの巣だらけに!
それぐらいジョロウグモの巣網ばかりが目立ってきました。

200930o (20)b.JPG

200930o (23)b.JPG

ひざ下あたりにはサラグモなど小さな巣網もみられます。

頭上には枯葉を住居にしているのがいました。

201006o (21)b.JPG

よく判らいないけれど、こんな住居を設けるのはヒメグモの仲間だろう。


昨日の朝は随分冷え込み霧がかかったりしましたが、10時を過ぎるころから日差しが戻り暑いぐらいに・・・・車中ではエヤコンを使いました。

一週間ほど前に撮った画像ですが、今頃はもう眠りについているんだろう。

201006s (43)b.JPG

水辺で給水するウラギンシジミ。

少し離れた土砂だまりでは、

201006o (29)b.JPG

201006o (31)b.JPG

201006o (22)b.JPG

ミゾソバの花が美しい。
ミゾソバ タデ科の一年草。 葉っぱが牛の顔に似ていることから ウシノヒタイ の別名があるそうです。

どれも半月以内で撮った画像ですが、同定が出来なかったのでありまして!

200916s (26)b.JPG

200924o (52)b.JPG

200928o (43)b.JPG

200930s (15)b.JPG

これではなかろうかと思われるのは、コベニスジヒメシャク、又はフトベニスジヒメシャク。
どれも別個体でありますが、同種だと思っています。
シャクガ科 ヒメシャク亜科の仲間。

ほたるが。

| コメント(0)
秋やなー 風が気持ちいいーなんて思た日があったと思ったら、いきなり寒さが!
フィールドへ出ても虫たちは葉隠れの術? 

200924s (17)b.JPG

ぼちぼちと姿が見えなくなってくるでしょうね。
ホタルガ マダラガ科 
類似種にシロシタホタルガがいるそうですが、自分はまだ見たことがありません。

湿地に咲いているイヌタデの花に来ていた。

200930s (17)b.JPG

ネグロミズアブ ミズアブ科 体長は若干小さく7~8mmぐらいに見えました。

コバノミツバツツジに虫こぶが。

201006o (2)b.JPG

タマバエの仲間によって形成される虫えいで ツツジミマルフシ と言います。
幼虫室は比較的大きく、隔壁で仕切られ数室に分かれていて、それぞれの部屋には1~20匹程度の幼虫が入っています。

コナラの樹皮にいた・・・・・ほんにんに言わせれば これで見つかったらお終いよ?

201007o (1)b.JPG

擬態ってよくしたもんです。

手に取って見れば、

201006o (66)b.JPG

体長が30mm程度と意外と大きいんです。

201006o (65)b.JPG

脚をきちんと折りたたんで無駄がない。
日本固有種で個体数も多くないようです。
フタモンウバタマコメツキ コメツキムシ科
撮影後は元居た場所へ戻しましたが、暫くの間脚が出なくって・・・・一分ほど待ちました。
やはり温暖化が手伝っているんだろう、その昔は9月頃までだと云われていたサトキマダラヒカゲが申し訳なさそうにひらひらと樹液食堂の周りを徘徊しています。

200928s (27)b.JPG

あまり逃げようともしない。

200928s (29)b.JPG

サトキマダラヒカゲ タテハチョウ科

湿地に咲いたヒメジソ。

201005o (2)b.JPG

見られるのは今月いっぱいぐらいだろうか。
ヒメジソ シソ科の一年草。

ガードレールにいたハムシの仲間・・・・よく似たのがいるんで??

200930o (14)b.JPG

200930o (15)b.JPG

体長は4mmぐらいだったか、特徴がつかめないので・・・さっぱり??
ダイコンハムシかヤナギルリハムシも考えましたが・・・せめて食草にいたならば判りやすいんですが。

食痕。

201006o (48)b.JPG

アカメガシワの葉っぱに誰かが食ったであろう小さな穴がいっぱい。
昨日は汗ばむ陽気でした。
越冬チョウたちがあちこちで舞いますが、他の昆虫たちはあまり見られない。

201006s (42)b.JPG

ヤマトシリアゲの♀ シリアゲムシ科 
オスは餌を確保してフェロモンを出しメスをおびき寄せて、近づいてきたメスに餌を渡して交尾をするという術を持っているそうです。

オオイタドリの果実が真っ白で綺麗でした。

201005o (21)b.JPG

オオイタドリ タデ科の多年草。

コガネグモ。

| コメント(0)
小さな体ながらも存在感があるグモです。

200915o (33)b.JPG

コガネグモ コガネグモ科 体長は20mmぐらいか。

そのすぐ近くて見つけた、

200924o (8)b.JPG

チリイソウロウグモの卵のうだと思われますが、主がいないため確認はできないでいます。
ただ、イソウロウグモの仲間の卵のうには違いはないと思います。

止水域に咲いていた可愛い花。

200924o (13)b.JPG

田の畔など水辺に咲く花だそうですが、種を小鳥たちが運んできたのでしょう山の中の沢沿いで見ることが出来、毎年撮っています。
イボクサ ツユクサ科の一年草。

林縁を歩くと突然飛び出してきて驚かされます。

200910s (31)b.JPG

暗い場所を好みます。
クロコノマチョウ タテハチョウ科 開翅長は65mmぐらいと仲間内ではやや小型でありました。

こんな場所にいると判らない?

200928s (12)b.JPG

比較的暗い場所にいることが多いのですが、日光浴をしている場面もよく観察されます。

200929s (21)b.JPG

201007s (7)b.JPG

201007s (1)b.JPG

クロヒカゲ タテハチョウ科 
すっかり定着してしまったカメムシです。
その昔・・・・イチノジョウサシガメとかオオゼキサシガメなどのネーミングがもてはやされたり?していましたが、結局はアトジロサシガメに落ち着いたようです。
当時、我が拙いブログにもアップをしていました時に、コメントをいただき バクガイサシガメ などが良いのではとのコメントをいただき大笑いをした覚えがあります。
ネーミングもこれぐらいユーモアがあってもいいのではと思うんですけどね。

さて、その本人は?

200924o (29)b.JPG

雌雄なのだろうか?自分には見分け方が分かりません。

200924o (35)b.JPG

201006o (5)b.JPG

全て別個体・・・・・どこまで増えるんだ!
アトジロサシガメ サシガメ科

ノリウツギの装飾花がピンク色に染まってきました。

201005s (15)b.JPG

この装飾花は枯れたまんま真冬の野にドライフラワーとして残ります。
ノリウツギ ユキノシタ科の落葉低木。

何の葉っぱなのか判らないほど食べています。

200916o (6)b.JPG

200916o (9)b.JPG

揺籃を作るときは、適当な大きさに切り上手く折りたたむように巻き込んで作り上げるのですが、この画像はまさに食痕・・・・この隣の葉っぱも同じような姿になっていました。
ヒメクロオトシブミ オトシブミ科 体長は5mmぐらいか。

林道のあまり日が当たらない場所には、

200929s (31)b.JPG

ガマズミの果実が残っていました。
日当たりがいい場所の果実は小鳥たちが食ったのか所々にしか見受けられくて、寂しい感があるんですけどね。
まだ熟していないのだろうか?
ガマズミ スイカズラ科の落葉低木。

夏の初めと秋の今頃に必ずアケビを観察するのは、この幼虫の為です。
5年ぐらい前までは普通に見られたのですが、近年はさっぱりでした。

昨日も同じように林縁をなめるようにアケビの蔓を観察します。

201006s (23)b.JPG

今シーズンは果実は豊作です。
既に中身は小鳥たちに啄まれたのか空っぽのも多くありましたが、まだまだたくさん残されていました。

201006s (21)b.JPG

そして、やっと出会えることに。

201006o (37)b.JPG

自分が見つけた時には既に危険を感じていたのか、アケビコノハ独特の丸まった状態でありました。
油断をしている場面ででは、伸びています。
ミツバアケビのほかにもアオツヅラフジなどにもいることがあります。
アケビコノハ ヤガ科 エグリバ亜科 体長は伸びると70mm以上にもなります。
この後、成虫となり越冬します。

今シーズンはジョロウグモより目立って多いような?

200928o (30)b.JPG

200929o (8)b.JPG

オオシロカネグモ アシナガグモ科 体長は13mmぐらいか。

イヌタデにヒラタアブ。

201005s (46)b.JPG

脚をピンと後ろに伸ばして飛んでいる姿がいいですね?

タイトルを訂正いたしました。
カマキリ愛さんより間違っている旨のコメントをいただき確認後訂正をいたしました。
カマキリ愛さん、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いをいたします。

今シーズンはカマキリ全般にほとんど観察が出来ていない?
オオカマキリなどは全く見ていなくて・・・・一体どこへ行ってしまったのだろうかと心配をする始末であります。

そんな事を思いながら散策をしていると、木の上から移動をしてきたのだろう、まさに降ってきたのであります。
着地した後、面白い画像がとれるかと鎌を振り上げているポーズをとらせようとカメラを近づけ煽ると!
怒ったまではよかったけれど・・・・カメラに乗ってきてしまった。

201005s (39)b.JPG

仕方なく・・・・こんな事に。
数年前には探すことなく見られたのですが、何が原因なのか。

京都南部地方は茶の産地でありますが、山の中には野生化したチャノキが所々に見られます。

200929o (14)b.JPG

200929o (16)b.JPG

200929s (39)b.JPG

蕾、花、果実が同時に見られます。
チャノキ ツバキ科の常緑低木。

今朝は生暖かい小雨が降って・・・秋らしい涼しさがありません。

いよいよ個体数が少なくなってきたようです。

200910s (55)b.JPG

とまっているのはヤマノイモの葉っぱかな。

200924s (52)b.JPG

こちらはキツネノマゴで吸蜜。

地表をちらちらと飛び回るのは。

200526s (59)b.JPG

ヒメウラナミジャノメです。

トビケラを撮影したのはいいけれど、さて誰だろう?

200916o (19)b.JPG

もう少し、近寄って撮影をしようと・・・・逃げられた!
ムナグロナガレトビケラ、カワムラナガレトビケラ・・・・・よく似たのが数種。
ナガレトビケラの仲間だろうとは思うんですが、触覚は褐色の筈。
気になります。

ノリウツギの装飾花のがくが綺麗に残っています。

200928s (14)b.JPG


秋は世代交代の時期でもあります。

200916s (33)b.JPG

200916s (37)b.JPG

ホソヘリカメムシ 4~5齢ぐらいでしょうか。 (成虫となって越冬します。)

林道のガードレールを移動していたのは。

200924o (42)b.JPG

汚い画像ですが。
オオホシカメムシの5齢幼虫だろうと思われます。 (成虫で越冬)
どんぐりが実るこの季節だけに姿を見せます?・・・・・いやいやどこかに潜んではいるんでしょうが観察することは少ないです。

200915o (5)b.JPG

体長が8mmぐらいと小さく、この色ですからね。
写真を撮ろうにも樹皮などにとまっていると何がいるのか判らない。
と・言う事で手に載せての撮影でした。
ハイイロチョッキリ チョッキリゾウムシ科

今シーズンは豊作。

200928s (47)b.JPG

200928s (43)b.JPG

大きく育ったのがぶらりん。
すでに弾けて、中身を食べられたか空っぽのも・・・・食ったのはお猿さんかな?
ミツバアケビ アケビ科のつる性落葉低木。

色々なチョウが飛び交っていると賑やかでいいんですが、1頭だけだと寂しいですね。
秋だからねー、仕方ないけれど。

200716s (27)b.JPG

200910s (63)b.JPG

オオチャバネセセリ セセリチョウ科 間もなく姿を消すでしょう。

何処でも見られるイネ科植物の珍しい場面を観察しました。

200924o (21)b.JPG

200924o (23)b.JPG

シマスズメノヒエ イネ科の多年草。 
黒く見えるのは雄しべと雌しべであります。 (スズメノヒエは黄色)
もともとは牧草として栽培されていたようですが、野生化しているようです。

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2020年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト