エダシャクの幼虫2種。

| コメント(0)
カキノキの葉っぱの端が虫に食われたように茶色く萎れたようになっていた。
・・・・だけど?何だか変。

210906o (21)b.JPG

よくよく見ると小さなイモムシがくっついていた。
体長は5mmぐらいか、うまく化けたものだ。

210906o (10)bカキノキ.JPG

孵化をして間もないと思われます。
オオゴマダラエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

枝に化けているのは。

210906o (43)イタドリ.JPG

オオイタドリの葉っぱを食っていたイモムシ、樹木の枝にいたならば見つけることは出来なかっただろう。
リンゴツノエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科

気がつけば、蝉しぐれがツクツクボウシの鳴き声に代わっていた。

コメントする

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、おっちゃんが2021年9月 8日 06:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ササキリ と サトクダマキモドキ。」です。

次のブログ記事は「オオチャバネセセリ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト