季節の花と果実の最近のブログ記事

自分が行くフィールドのテリトリーは狭く、その分虫たちを見つけることが出来ない事が間々あります。
それでも根気よく虫目を凝らすと・・・・いた!

210824o (22)b.JPG

このチャバネアオカメムシもそんな時に見つけました。
チャバネアオカメムシ カメムシ科

ぼちぼち終盤を迎える花です。

210913o (10)b.JPG

ツユクサ ツユクサ科の一年草。

何かトラブルにあったのだろう、片翅がもぎれたサビキコリを見つけた。

210915o (10)b.JPG

斑紋はあまり現れておらず、まだ若い個体と思われます。
体長も12mm程度と小さい。
サビキコリ コメツキムシ科

成長の悪いヒメジソ。

210907o (13)b.JPG

210907o (14)b.JPG

210907s (28)b.JPG

長雨が原因なのか、日当たりがあまりよろしくない場所の為か花のつきが悪い。
ヒメジソ シソ科の一年草。

スッキリしない天候の中、少しの晴れ間に日光浴?

210915s (2)b.JPG

ヒメウラナミジャノメ タテハチョウ科 

赤い果実がついた樹木・・・・何の木だろうとよく見るとエノキでした。

210907s (6)b.JPG

210907s (8)b.JPG

エノキは沢山みられるのですが、意外と果実が実っている場面は見た記憶がない?
ただ単に見逃しているだけなのか、早々に鳥たちに食われるのだろうか?
エノキ ニレ科の落葉高木。

山中のガードレールに来ていたアオマツムシ、引っかかった枯葉に隠れるように外を窺っています。

210907o (16)b.JPG

そっと枯葉を除いても?

210907o (19)b.JPG

全く動じない?
成虫であっても、あまり急いで逃げ出すことはしないので普通の事かもしれない。
アオマツムシ マツムシ科

サネカズラに果実が。

210913s (9)b.JPG

1月頃には実が赤く熟し、よく目立ちます。
サネカズラ(ビナンカズラ) モクレン科のつる性常緑低木。

自然薯の蔓が絡まって一つのだんごのようになっている場所に虫糞があったので、蔓をめくりあげると丸まると肥えたイモムシが姿を現しました。

210913s (2)b.JPG

驚いたのか首をすっこめてフリーズ。

210913o (6)b.JPG

210913o (8)b.JPG

この蔓の塊には、もう一頭確認できました。
コスズメ スズメガ科

人が立ち入りできない場所で目立っていたのは。

210907s (22)b.JPG

ヤブランだろうか? 確認したいけれど残念であります。

葉裏にアシナガバチの巣があり、それを守るようにじっと動かずにいるのは母親だろうか?

210907s (23)b.JPG

高い場所なので確認できなかったのですが、巣の形状からキボシアシナガバチだろうと。
キボシアシナガバチ スズメバチ科

車内に入ってきたコマユバチの仲間。

210825o (5).JPG

210825o (8).JPG

?・・・誰だか判らない。

この夏は長雨などの影響で山の幸は育ちが悪い。

210906s (1)b.JPG

ミツバアケビも通常なら大きな掌に収まりきらないほどあるのですが、赤ん坊の握りこぶし程度です。
柿の実も小さくて熟しても食べるところがないぐらいです。

210907s (13)b.JPG

里に下りてくる猿やイノシシなどが増えるのではと考えられます。

人工物に来ていたヨトウガです。

190904o (26)b.JPG

シロイチモジヨトウ ヤガ科 ヨトウガ亜科

初夏に淡い紫色の花が目立っていましたが、今では果実が。

210906s (11)b.JPG

その昔、女の子が生まれると庭に桐の木を植え、嫁に行く頃に大きくなった桐の木でタンスを作って持たせたとのお話は有名ですが、それぐらい成長が早いという事なんでしょう。
キリ ゴマノハグサ科の落葉高木。
空中でゆらり・・・・自分なら酔いそうです?

210803s (33)b.JPG

泥巣の中には蛾の幼虫が運び込まれ、ハチの幼虫はそれを食べて育ちます。
ミカドトックリバチ ドロバチ科

ヌスビトハギの花が満開に。

210901o (10)b.JPG

果実は厄介なひっつきむしに、・・・くっつくと難儀ですぞ!
ヌスビトハギ マメ科の多年草。

雨の合間に・・・・うんざりしたような表情のヤマイモハムシを発見。

210825o (2)b.JPG

首をかしげて何を思うのだろう。
ヤマイモハムシ ハムシ科 クビボソハムシ亜科

雑木などに絡まって小さな花を咲かせています。

210824o (2).JPG

210824o (3).JPG

ヘクソカズラ アカネ科のつる性多年草。
別名は ヤイトバナ、サオトメバナ があるようです。
ヤイトバナの由来は花の形からお灸のもぐさを連想してつけられたとか。

林道のシダ植物で見つけました。

210824o (6).JPG

緑色の地色に白と黒の縞模様? 結構目立っていました。
キスジツマキリヨトウの終齢か? ヤガ科

畑の角に放置されたアジサイ。

210824s (1).JPG

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち季節の花と果実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは外来種です。

次のカテゴリは年賀です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト