季節の花と果実の最近のブログ記事

見つけた場所は食草でありますガマズミが多く植生しているところです。

200914o (17)b.JPG

200914o (12)b.JPG

7月から8月頃までは夏眠するそうで、ちょうど今頃目が覚めたのでしょうか? ちょっと寝ぼけているようにも見えました。
暑かったからねー。
サンゴジュハムシ(サンゴジュウスバヒゲナガハムシ) ヒゲナガハムシ亜科 体長は6mmぐらいか。

カミエビの実成が悪い?

200924o (39)b.JPG

いつもなら、紫色の可愛い果実がブドウのように多くぶら下がっている筈なんですが、すでに熟して食べられた後も?
酷暑が影響しているんだろうか? ちょっと寂しい景色です。
カミエビ(アオツヅラフジ) ツヅラフジ科のつる性落葉低木。

ササキリ。

| コメント(0)
やっと30℃を下回るようになってきましたね。
今日は曇天ですが、快晴の時などは実に気持ちがよろしい。

ササキリの可愛い幼虫も一人前の姿に?

200914s (41)b.JPG

剣を持っているから♀ですね。
ササキリ キリギリス科 
キリギリスで思い出しましたが、最近は鳴き声を聞かないな・・・・・自分が子供のころはタケのかごに入れて鳴き声を楽しんだものですが。

ゲンノショウコの花も昔はどこにでも見られたのですが、少なくなりました。
草刈りが徹底されているからだろう。

200910o (12)b.JPG

200914o (40)b.JPG

路傍で数輪見られました。
ゲンノショウコ フウロソウ科の多年草。

ようやく秋らしい空が見られるようになってきました。
綺麗ですね、透き通った青い空に白い雲がぽっかりと浮いて・・・何だか気持ちが豊かになります。

200529s (25)b.JPG

マエキヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科

ツユクサにヒラタアブの仲間。

200914s (30)b.JPG

よほど腹が減っていたのか、花に食いつくようにしがみついていました。

200914o (25)b.JPG

コアオハナムグリ コガネムシ科 この色以外に褐色型もいます。

キンミズヒキとミズヒキ。

200914o (44)b.JPG

キンミズヒキ バラ科の多年草。

200914o (49)b.JPG

ミズヒキ タデ科の多年草。

ヤマザクラの3メートルぐらいの場所で、巻いた枯葉に似せたイモムシ君を見つけました。
当初はほんと!枯葉が絡んでいるんだと?
しかしよく見ると動いている。

200915s (27)b.JPG

擬態色とはよくしたもんですね。
この種は緑色の個体が多いのですが、その場に合わせて褐色にも変化出来るようです。
食草はサツマイモやヒルガオなどとされとますが、・・・・・なんでも食べるんやなーと?
エビガラスズメ スズメガ科 越冬態は蛹。

コナラのどんぐりが。

200910o (1)b.JPG

200910o (2)b.JPG

アップしてみると美しい。

コミスジ。

| コメント(0)
今シーズン最後の羽化が始まったのか・・・・まっさらなコミスジを観察しました。

200914s (15)b.JPG

200914s (17)b.JPG

滑空して着地した瞬間に、黒が美しい個体やなーと見惚れました?
一瞬自分の目がおかしいのなと疑うほどで・・・・・画像を見るとそれほどでもない?
光の加減で騙されたか!

200528s (21)b.JPG

別個体は縄張りを見張っていました。
コミスジ タテハチョウ科 

ノリウツギの花も終盤か。

200910s (18)b.JPG

200914s (7)b.JPG

ノリウツギ ユキノシタ科の落葉低木。
装飾花は下向きになり、枯れたまんま遅くまで残り冬にはドライフラワーとして見られます。

妖艶な花を咲かせるカラスウリですが、自分は一度見た覚えがあるだけです。
見た時の驚きは今でも覚えています。
暗い中、真っ白なレースを広げ・・・・まさに妖艶としか言いようがない雰囲気でした。
自分は夜に出かける事がないので、まず見ることが出来ないでしょう。

200910s (45)b.JPG

この蕾が開くと花の縁が糸状に細く咲かれた状態になり、レースのように見えます。

200910s (43)b.JPG

果実は熟すと赤くなり、緑の中で目立ち・・・・中には持ち帰る人も?
カラスウリ ウリ科のつる性多年草。

7月の在庫画像から。

200623o (7)b.JPG

ヤマトカギバ カギバガ科 

我が家周辺ではセミの鳴き声は全く聞こえてこない、・・・もう終わったのかな?
・・・・と、フィールドへ出かけるとミンミンゼミが結構賑やかに鳴きツクツクボウシも負けじと秋を告げていました。

200910s (94)b.JPG

鳴き声は聞こえても、なかなか姿が見えないツクツクボウシですが、撮って見るとなるほど透明の翅が姿を消しているんだと・・・感心。

ちょっと遠くでも、

200910s (78)b.JPG

ツクツクボウシ セミ科 体長は45mmぐらいか。

下草にも小さな秋が。

200910o (14)b.JPG

キツネノマゴ キツネノマゴ科 花期は夏の終わりごろから秋遅くまで見られます。

少し涼しくなってきたかなーと思われますが、山を歩く時は汗かきかきであります。
コウゾの葉っぱにキボシカミキリが。

200625o (44)b.JPG

この後、横から撮ろうとして・・・・!落ちられてしまった。
こんなにでかいのに、案外見つけられない?

堰で土砂が溜まり止水域となった場所では、

200728o (14)b.JPG

ノリウツギの可憐な花が咲いていた。
ノリウツギ ユキノシタ科の落葉低木。
ウシガエルの鳴き声が確認されてからトンボの姿がめっきりと減りましたが、生息域が違うトンボ類は元気な姿を見せてくれます。

200722s (65)b.JPG

200722s (51)b.JPG

オオシオカラトンボの♀

200727s (44)b.JPG

オオシオカラトンボの♂

木々に覆われた暗い林道で見つけた。

200727s (37)b.JPG

見つけたのが遅かったか、花が終わりかけとなっていた。
ヤマアジサイ ユキノシタ科の落葉低木。


2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち季節の花と果実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは外来種です。

次のカテゴリは年賀です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト