季節の花と果実の最近のブログ記事

昨日の画像とよく似たヒトリガの仲間です。

190531o (56)b.JPG

落ち着いた色合いとデザインが綺麗です。
クロテンハイイロコケガ ヒトリガ科 コケガ亜科 とまっているのはカラスザンショウの葉。

リョウブにも花穂が。

190611n (10)b.JPG

190612n (19)b.JPG

花が咲き始めるとミツバチなど小さな虫たちが集まってきます。
リョウブ リョウブ科の落葉低木。 
樹皮は百日紅のように滑らかで斑紋状に剥がれ美しい模様です。
また、キンモンガのホストでもあります。
白地に黒の斑点があるシックな紋様が美しい。

190529o (43)b.JPG

ホシオビコケガ ヒトリガ科 コケガ亜科

モミジイチゴの果実が赤く熟して美味しそうです。

190611o (58)b.JPG

190611o (61)b.JPG

モミジイチゴ 別名:キイチゴ バラ科の落葉低木。
葉っぱがモミジの葉に似ていることから命名されたとか。

こちらは少なくても口に入れたいとは?

190611n (17)b.JPG

ヘビイチゴ バラ科の多年草。
水田の畔などに多いため、昔の人は蛇が食べるものと考えたそうな?
ほんまかいな?

足元から飛び立って、とまったからこそ判ったけれど・・・通り過ぎるだけでは見つけられなかった。

190522n (6)b.JPG

そっと近づいてパシャリ!

190522o (10)b.JPG

ヒメクロホシフタオ ツバメガ科 フタオガ亜科

もう今シーズンは見られないかなーと思っていたのですが、

190612n (44)b.JPG

190612n (46)b.JPG

あまり行くことがない林道で見つけることが出来ました。
ササユリ ユリ科の多年草。 淡いピンク色が美しい。

この時期、オオスズメバチの女王蜂が巣作りと子育で忙しい日々を過ごしています。
その姿はでかくて威厳があります。

190530n (7)b.JPG

栗の木に獲物を求めて・・・・周囲をブンブン飛び回ります。
大きさは45mmにもなろうかと思われますが、そこに人がいることなど全く気にならない様子でした。

190530n (20)b.JPG

そして、小休止。

190530n (40)b.JPG

中脚が気になるのか、お手入れ中であります。
こんなのを見ると、夏だなーって。

高い場所から白い花がたくさんぶら下がっています。

190611n (11)b.JPG

190611o (79)b.JPG

テイカカズラ キョウチクトウ科のつる性常緑高木。

前胸背にありますトゲが特徴であります。

190517n (2)b.JPG

190517n (4)b.JPG

ハリカメムシ ヘリカメムシ科 体長は10mm強。

道端に黄色い花が。

190604o (5)b.JPG

コナスビ サクラソウ科の多年草。
体長が5mmぐらいのオサムシの仲間です。

190530o (17)b.JPG

フタホシアトキリゴミムシ オサムシ科 アトキリゴミムシ亜科

道端に紅一点?

190605o (14)b.JPG

ムラサキカタバミが目立って見えました。

2m強ぐらいの高い葉裏で見つけたのだけれど、手をいっぱいに伸ばしてカメラを構えるのはいいけれどファインダーから光が入るのか、どうも上手く撮ることが出来ない!

190530n (97)b.JPG

シロヒトモンノメイガ ツトガ科 ノメイガ亜科

マツバウンランがチラホラと。

190531o (69)b.JPG


沢の上流にある止水域で毎年見ることが出来たムカシヤンマ、昨年は一度も観察できなかった。
もう、ダメかなーと諦めていたのですが、元気に飛んでいる姿を見ることが出来ました。

190530n (67)b.JPG

日本固有種で、幼虫は斜面から水がしたたり落ちるような崖面に生息するために、環境が整っていないところでは分布しないようです。
ムカシヤンマ ムカシヤンマ科 体長は70mm超えぐらい?

エゴノキの花が満開に。

190531n (44)b.JPG

190531n (48)b.JPG

エゴノキ エゴノキ科の落葉高木。

いよいよ梅雨入りでしょうか、鬱陶しい空模様です。
ただ、ここ2日ほど気温が低く過ごしやすいので助かっています。

190531o (46)b.JPG

キオベニヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科


190529o (17)b.JPG

ホソスジキヒメシャク シャクガ科 ヒメシャク亜科

ノイバラの花が満開になってきましたが、虫たちの集まりがもう一つであります?

190605n (19)b.JPG

ハゼノキの果実を観察していた時に、ん・・・なにかおる?
初めは全く気がつかなかったのですが、・・・・じっくりと観察するもんですね。

190529o (64)b.JPG

茎の色などに溶け込んで・・・うまく化けています。
カメラを近づけたのがいけなかったのか、離れてしまいました。

190529o (76)b.JPG

ホホジロアシナガゾウムシ ゾウムシ科 アナアキゾウムシ亜科 体長は10mm弱ぐらい。
ハゼノキやヌルデの若い枝を切って産卵します。

ソヨゴの花が咲き始めました。

190531o (45)b.JPG

190531o (42)b.JPG

ソヨゴの雌花 モチノキ科の常緑小高木。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち季節の花と果実カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは外来種です。

次のカテゴリは年賀です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト