幼虫の最近のブログ記事

5月22日にアップしましたヒメヤママユの中齢幼虫を見に行ってきました。
発見した同じ枝近くで元気に育っていました。


180601n (37)b.JPG

幼虫の後方には脱皮ガラがくっつており、終齢になった直後と思われます。
ヒメヤママユ終齢幼虫 ヤママユ科

すぐ隣のカマツカの葉裏では、

180525n (2)b.JPG

コヨツメエダシャクでしょうか、得意のポーズで迎えてくれました。 シャクガ科エダシャク亜科

イタドリだったか?

180528n (47)b.JPG

ヒロバモクメキリガ (ヤガ科ヨトウガ亜科) の初齢幼虫を発見。
中齢以降になると、もう少し茶色っぽくなり頭部には特徴のある眉毛のような紋様が現れます。

芋虫毛虫。

| コメント(0)
芋虫毛虫の出現が少ない、まだこれからなのだろうか?

本日はやっと見つけたシャクトリムシと毛虫と毛虫?


180514n (10)b.JPG

180514n (16)b.JPG

オオトビスジエダシャク 見つけたのはネジキだったか。


180515n (40)b.JPG

コナラの若葉でノンネマイマイの幼虫が。


180515n (15)b.JPG

コバノミツバツツジの葉裏ではヒメヤママユの中齢幼虫を発見。
昨年も確認しているので定着していると思うんですが・・・・、長らく成虫は見ていない。
もう、こんなのが出てきてます。
地味~~な奴ですけどね?

180426n (3)b.JPG

クロナガキマワリ ゴミムシダマシ科 体長は15~8mmと言ったところ。

ミツバアケビの蔓には、

180426n (170)b.JPG

180426n (168)b.JPG

食欲旺盛な個体がついたためか、ミツバアケビの蔓には若葉が全く残っていない。
イモムシ君は葉っぱを求め基部へ戻るためUターンです。
アケビコンボウハバチの2齢幼虫。

オトシブミ科チョッキリ亜科にこの黒く小さなチョッキリが数種います。
体長はどれも同じように4mm弱ぐらい。

さて、画像の個体は誰なのか?


180416n (65)b.JPG

180416n (61)b.JPG

頭部、胸部が艶消しの黒に見えます。
コナライクビチョッキリおも疑いましたが、さてどうでしょう?

先日25日に掲載しましたウスタビガの幼虫の確認に行ってきました。
見つけた場所からそれほど遠くない枝先で花芽を食べていました。

180426n (22)b.JPG

180426n (9)b.JPG

見つけた時の体色とは全く違い別種かと思わせるほどの変化です。
脱皮後2齢となっていました。

ぼちぼちと幼虫の姿が見られるようになってきました。

本日は2種ですが、どちらも近年あまり見られなくなっていた種なので・・・嬉しい限りであります。


180420n (45)b.JPG

カマツカの葉裏に黒く写る小さな奴?はて誰だろう?

180420n (38)b.JPG

ウスタビガの1齢幼虫でしょうか、2齢になると体色はまるっきり反対になり、黒い部分は黄色味を帯び黄色い部分は黒く、その後脱皮を繰り返し終齢となると緑色に。

ウスタビガ ヤママユガ科

空中ブランコを楽しんでいたのを手に載せて。

180423n (96)b.JPG

昨年などは一度見たきり!以前にはかなり多くの個体を見ることが出来たのですが何処へ行ったのやらと?
小さくても一人前?しっかりと、めん玉模様を持っています。

アケビコノハ ヤガ科


陽気に誘われて落ち葉の下から這い出てきたのだろう。
ただ、いた場所が?


180402n (65)b.JPG

180402n (66)b.JPG

なんと!ガードレールを歩いていたんです。
その向こうは沢、はて?周りにエノキなど見当たらない...どこから来たのやら。

180402n (69)b.JPG

仕方がないから、少し離れたエノキまで移動をしてくっつけていやると即眠りについたようでした。


今シーズンの見納めでしょうか、可愛い姿を見せてくれました。


180314n (14)b.JPG

せっかく出てきてくれたのに、逆光! カメラを木の陰に移動して・・・うまく写せるか? 
・・・若干黒くなってしまいましたがまぁーいいか?
しっかりとこちらを窺っているようですが、何とか。

そして、早くも!

180313n (24)b.JPG

尺取虫を見ましたが、さて誰だろう?
ナカウスエダシャクか? まだ若齢だと思われますが...判らん!

6月の撮影画像から。


170612n (52)b.JPG

170612n (51)b.JPG

2枚の画像は別個体です。
ヨモギエダシャクの幼虫と云うのは多彩な植物を食べるようで、いろいろな植物で見つかります。

ヨモギエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科


最近読んだ書は。

171226o (3).JPG

動物とヒト、ヒトの意識と感覚に対する思索。
お医者様らしく、何事をも深く追求された・・・哲学的遺言??

7月中旬の撮影画像から。


170711n (19)b.JPG

マエキオエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科


話題の本、読みました。

P2040006.JPG

慣れない東北弁に詰まりながらも・・・・数行あと戻り、繰り返して読むと...不思議と理解できるのであります。
方言っていいもんですね。



5月の撮影画像から。


170502n (34)b.JPG

若齢幼虫


170517n (126)b.JPG

170517n (127)b.JPG

170517n (129)b.JPG

キバラモクメキリガ終齢幼虫 ヤガ科 ヨトウガ亜科

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち幼虫カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節の花と果実です。

次のカテゴリは捕食です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト