幼虫の最近のブログ記事

7月中旬の撮影画像から。


170711n (19)b.JPG

マエキオエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科


話題の本、読みました。

P2040006.JPG

慣れない東北弁に詰まりながらも・・・・数行あと戻り、繰り返して読むと...不思議と理解できるのであります。
方言っていいもんですね。



5月の撮影画像から。


170502n (34)b.JPG

若齢幼虫


170517n (126)b.JPG

170517n (127)b.JPG

170517n (129)b.JPG

キバラモクメキリガ終齢幼虫 ヤガ科 ヨトウガ亜科

5月初旬の撮影画像から。


170502n (17)b.JPG

170502n (20)b.JPG

タケカレハ カレハガ科 カレハガ亜科


5月末の撮影画像から。


170524n (33)b.JPG

170524n (28)b.JPG

170524n (25)b.JPG

オオノコメエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科
枝に張り付いていると見つけにくい。

5月中旬の撮影画像から。


170511n (1)b.JPG

ガマズミの花で吸蜜中・・・・こんなのを見ると早く春が来ないかなーと。

ゴマフリドクガ ドクガ科


それにしても、寒さが厳しい日が続きます。
住まいする町周辺はあまり雪など降ることはないのですが、今朝は珍しく車のルーフが白くなっていました。
4月中旬の撮影画像から。


170419n (4)b.JPG

170419n (2)b.JPG

カレハガ カレハガ科 カレハガ亜科

9月下旬の撮影画像から。


170929n (22)b.JPG

170929n (23)b.JPG

170929n (37)b.JPG

以下は別個体。

170925n (84)b.JPG

ウスキシャチホコ シャチホコガ科
成虫は地味なー奴なんですが、幼虫はそれなりに可愛さを保っています??
なんて書くと・・・芋虫嫌いな人から・・・どこがやねん!との声が聞こえてきそうですが。


5月末の撮影画像から。


170526n (17)b.JPG

わしゃー枝じゃーちゅうて? なりきっています。
齢が進むと体の色が茶色くなり・・・一段と枝と見分けにくくなり???

170526o (3)b.JPG

170526o (13)b.JPG

ウスイロオオエダシャク若齢幼虫 シャクガ科 エダシャク亜科

6月下旬の在庫画像から。

耳のような突起が愛嬌、わしゃー枝じゃーちゅうて動かずにいる姿は滑稽であります。


170619n (65)b.JPG

170619n (72)b.JPG


170619n (71)b.JPG

170619n (62)b.JPG

トビモンオオエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科
この種は幼虫期が長く数か月をかけて成長、終齢になると90mmにもなる大型の尺取虫です。
成虫は当然のことながら大きいのですが、その姿は地味であまり目立たないです。
5月から7月にかけての在庫画像から。


170511n (31)b.JPG

アカヒトリ ヒトリガ科 ヒトリガ亜科 食草は柑橘系ほか。


170711n (31)b.JPG

170711n (33)b.JPG

ヒトリガ ヒトリガ科 ヒトリガ亜科としたいところなんですが、なんか納得できない!
ヒトリガの仲間には違いないと思うだけれど。
食べていたのはイタドリ。


2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち幼虫カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節の花と果実です。

次のカテゴリは捕食です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト