幼虫の最近のブログ記事

毎年観察するイヌザンショウの樹で今シーズンも多くの幼虫を見ることが出来ました。


171011n (16)b.JPG

171011n (20)b.JPG

ナミアゲハの終齢幼虫。


171010n (14)b.JPG

171010n (12)b.JPG

カラスアゲハの終齢幼虫。


171005n (9)b.JPG

171005n (13)b.JPG

モンキアゲハの終齢幼虫。
そして3齢か4齢と思われるのも観察しました。

171011n (8)b.JPG

モンキアゲハの幼虫。 

アゲハチョウの仲間の幼虫はこの後蛹となり越冬をします。
・・・・なんですが? 毎年蛹を見ようと探すんですが見つけられないでいます。


自宅周辺では蝉の声も聞かれなくなりましたが、山へ入ればツクツクボウシがまだ健在であります。
その中で、鳴きくたびれたのかガラガラ声と云うかだみ声でヅクヅクボーシ・ヅクヅクボーシ・・・と?

野山は幼虫の季節でもあります。


170919n (45)b.JPG

170919n (41)b.JPG

三角頭はクチバスズメ・・・丸い頭はトビイロスズメであります。
共に体長などは90mmぐらいで、体色や斑紋が似ています。
クチバスズメ スズメガ科

同じように、スズメと名がつきますがスズメガの仲間ではない?

170828n (359)b.JPG

170828n (366)b.JPG

フクラスズメ ヤガ科 体長は同じく90mmぐらい。
派手な配色?で目立ち、危険を感じると頭部をブルンブルンと振り威嚇します。
寄生蜂などは振り落とされそうなほどで、結構いつまでも続けるので遊んでみては如何ですか?


今シーズン、アケビコノハの幼虫を観察したのは初めてでありました。
毎年多くの個体を観察していたのに...なぜ減ったのだろうかと思っていた矢先でした。

そして、やっと見つけた幼虫は、

170915n (108)b.JPG

なんと寄生されているではないですか!
まだ生きているようだけど、これ以上生きていくことはできない。

寄生主はアケビコノハヒメコバチ・・・・この帽子のようにくっついているのは幼虫が成長した姿であります。
間もなく踊化するタイミングのようです。
この後のアケビコノハの幼虫はぼろぼろに! 可哀想だけど仕方がない。
一つの突起がコバチの幼虫個体です。

アケビコノハ ヤガ科 エグリバ亜科
アケビコノハヒメコバチ ヒメコバチ科

今日も山へ行ってきましたが、見られる虫たちはグッと減ってきました。
夏眠の季節であります。


170509n (190)b.JPG

ニホンカブラハバチ ハバチ科


170614n (89)b.JPG

ヒゲナガハバチ ハバチ科


そして?

170417n (13)b.JPG

不明種・・・調べましたが、全体が撮れていないこともあり不明であります。


170627n (25)b.JPG

チャイロハバチの幼虫。


曇り空の予報でしたが、なんのなんのカンカン照りであります。
おまけに、朝から蝉しぐれがうるさいほど。
・・・いよいよ夏本番ですね。


本日は大型の蛾の幼虫であります。


170706n (157)b.JPG

オオミズアオ中齢 ヤママユガ科 
この個体は50mmぐらいでしたが終齢になると80mmにもなります。
ネジキの葉っぱを食っていました。 


170706n (78)b.JPG

オオトモエ終齢幼虫 ヤガ科 体長は75mmぐらい。
笹などが生い茂る中、サルトリイバラにいました。



この時期は幼虫の季節でもあります。


先ずは腹の前のほうが膨らみ、その部分にめん玉模様があります。

170706n (59)b.JPG

170706n (66)b.JPG
7月5日撮影。
まるで、寄生されているかのように見えますが・・・これが普通なんです。

同じ柿の葉で見つけたのは7月3日でしたが、その時はめん玉模様などは確認できませんでした。

170703n (16)b.JPG
7月3日撮影。 
同個体だと思われますが、この時の体長は10mm程度だったか。
葉っぱの先でクルンと丸まっていると、虫食い痕ぐらいにしか見えません?
僅か2~3日の間に大きく変化しているのが判ります。

オオゴマダラエダシャク シャクガ科 エダシャク亜科 終齢になると50mmほどになります。


既にウラギンシジミの成虫が飛んでいるのを見ていましたが、昨日に蛹を発見しました。


170613n (2)b.JPG

170613n (4)b.JPG

全体の色が変化している様子です、間もなく羽化するでしょうね。
ついていた場所はテイカカズラの葉表ですが、周りは雑木や草が生い茂っているので安定した場所を選んで踊化したと思われます。


先日、ミヤマカラスアゲハの幼虫を発見したカラスザンショウに、他のアゲハチョウの幼虫が数頭確認できました。

170613n (49)b.JPG

170613n (56)b.JPG

クロアゲハの幼虫です、既に終齢と思われぐらいに成長しています。
他にも、同定が困難なぐらい小さなクロアゲハの仲間の幼虫を数頭確認できました。
さて、ミヤマかモンキか、何が出てくるのか楽しみです。


いい気候ですね、こんなのがずぅ~~と続けばいいのに。

本日は蛾の幼虫です。
幼虫の掲載は、何故か遅れ気味になります? あまり歓迎されないから??


170522n (71)b.JPG


170524n (3)b.JPG

クリの木で見つけましたが、周りは雑木林なので移動中だったのか翌日には姿は見えなくなりました。
ヒメシャチホコ終齢 シャチホコガ科 体長は30mmほど。


ヒメヤママユの幼虫ですが、その後観察を続けていました。
6月10日ごろに踊化準備でしょうか姿を消してしまいました。

170524n (16)b.JPG

5月24日撮影。


170526n (15)b.JPG

170525o (2)b.JPG

翌日最終の脱皮をしたようです。

170605n (24)b.JPG

6月10日ごろ・・・行方不明。 成虫と出会いたいなー。
ヒメヤママユ幼虫 ヤママユガ科 体長は終齢で60mmぐらいはあります。


先だって、イヌザンショウにミヤマカラスアゲハが産卵をしている姿を掲載しました。
その後、観察を続けていたのですが、昨日2齢ぐらいの幼虫を確認しました。


170606n (74)b.JPG

他のアゲハチョウも産卵している様子を見ていましたので、この樹はその内に賑やかになる事だと思っています。
ミヤマカラスアゲハの幼虫 アゲハチョウ科

今年はテングチョウの大量発生はどうなるのでしょう?

170605n (17)b.JPG

今のところ、数はそれほど多くはないようです。
テングチョウ タテハチョウ科

ルリシジミが地表をちらちらと飛び始めたようです。

170605n (14)b.JPG

170605n (9)b.JPG

沢の淵で給水中。
ルリシジミ シジミチョウ科

今日は朝から歩きに行っていました。
気温はそこそこあるようですが、湿度が低く心地よかったです。
木陰で一休みしていると、身体を吹き抜ける風がなんとも心地よく至福のひと時でありました。


蝶の幼虫。

| コメント(0)
今朝は早くに出かけてきました。
前日の風雨が強かった為か枯れ枝などが散乱、風が吹くと寒いぐらいでした。

空を見上げると雲は多いようですが、空気は澄んで遠くまで見渡せ台風一過のような空でした。
さすがに飛び回る虫たちはおらん!


5月中旬ごろに発見したルリタテハの幼虫が終齢となっていました。

170523n (7)b.JPG
5月23日撮影。

そして今日、

170601n (2)b.JPG

踊化するまで幾日かかるかな?
ルリタテハ終齢幼虫。

ネジキの葉っぱではシジミチョウの幼虫らしいのを発見しましたが?

170529n (38)b.JPG

170529n (41)b.JPG

ムラサキシジミだろうか?それともアカシジミ?
気門が白いようなので、アカシジミのほうが有力でしょうか。
でも、ネジキの葉っぱにいたというのがネックになっています??

そして、もう一頭判らんのが?

170531n (15)b.JPG

タテハチョウの仲間の幼虫だと思うんですが? 

どちらも経過観察をすれば判ると思っていたんですが、翌日には姿を消してしまっていて!
う~~ん残念なことをしました。
ただ、両方ともに食痕がなかったので、何かのトラブルか、たまたまそこへいたのだろうと考えています。


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち幼虫カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは季節の花と果実です。

次のカテゴリは捕食です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト