ハムシの最近のブログ記事

本日はハムシの仲間であります。


170612n (138)b.JPG

アカタデハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科 体長は4mm前後。
その昔の名前は サクラケブカヒゲナガハムシ でありまして、サクラがホストであります。


170706n (195)b.JPG

イタドリハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科 体長は10mm弱ぐらい。
斑紋の形や色は変異が多いです。

死んでいるんではないですよ? 真似をしています。

170427n (80)b.JPG

170427n (86)b.JPG

ヨツボシハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科 体長は55~6mmと言ったところ。


170605n (52)b.JPG

フジハムシ ハムシ科 ハムシ亜科 体長は5mm前後。



ヤブムラサキの葉っぱで見つけたトゲハムシの仲間、発見時はキベリトゲハムシだと思っていたのですが・・どうも違う?
トゲトゲの出方が荒く長い。


170609o (2)b.JPG


170609o (15)b.JPG

ヒゴトゲハムシ (ヒゴノトゲトゲ) ハムシ科 トゲハムシ亜科
体長はやや小さく4mmぐらい、前胸背にある2個の斑紋触角の基部は黒。
図鑑を読むと食草はムラサキシキブとありますが、ヤブムラサキも同じクマツヅラ科であります。


そして、何度か登場していますが、

170623n (145).JPG

いつもテカってしまい失敗ばかり、リベンジしようと見つけるとパシャリとやっています?

170606o (16).JPG

170525o (18).JPG

170601o (10).JPG

ドウガネツヤハムシ ハムシ科 ツヤハムシ亜科 体長は3mmぐらい。
タラノキの葉裏を気を付けてみるとケシの実のような小さな黒点のように見えます。
数知れず撮った内の数枚です。


とうとう見つけることが出来ました。
姿はそのまんま芋虫うんち! 上手く化けたもんです。

170512n (31)b.JPG

体長は3mmもあるだろうか、小さな芋虫のうんちにしか見えません。
ムシクソハムシ ハムシ科 コブハムシ亜科


この春にタラノキの芽を探したのですが、見つけることが出来ないでいました。

170516n2 (107)b.JPG

170516n2 (112)b.JPG

ドウガネツヤハムシ ハムシ科 ツヤハムシ亜科
この種も小さくて3mm前後、タラノキがホストですが何故かネジキの葉っぱにいました。
ドウガネツヤハムシは写すのが難しい、何故かといいますと全体が金属光沢になっていて、光の当たりようによっては何が写っているのか判らんように!
何かいい方法がないものか。



本日は小さな小さなハムシの仲間です。


170509n (126)b.JPG

170509n (133)b.JPG

マダラアラゲサルハムシ ハムシ科 サルハムシ亜科
体長はわずか4mmぐらいと小さなハムシです。
見た瞬間はゾウムシの仲間かと? 思い直して調べました。

そして、リョウブにいたのは、

170427n (52)b.JPG

170427n (56)b.JPG

コマルノミハムシ ハムシ科 ノミハムシ亜科 体長は4mm弱ぐらい。
りョウブにいたという事でルリマルノミハムシを疑ったのですが、よく見ると脚が黄色いのでコマルノミハムシに決定。



急ぎ脚で移動をするハムシ君。

170509n (168)b.JPG

170509n (171)b.JPG

170509n (184)b.JPG

クロボシツツハムシ ハムシ科 ツツハムシ亜科 体長は6mm強ぐらい。
出現期間は4~7月頃までと案外短い。

クリの木の新芽がへん?

170509n (29)b.JPG

170509n (30)b.JPG

この樹だけではなく、周りの樹も新芽がこぶだらけ?
虫えい:クリメコブズイフシ 
クリタマバチがクリの新芽にこぶ状に肥大したムシエイを形成させたもの。
今は赤く見えますが、徐々に緑色に変化、成虫は6月から7月にかけて出現します。
クリの木にとっては大変な害虫なのであります。


この山では初めて見た種でありまして、初めはサンゴジュハムシかと思っていました。


170420n (6)b.JPG

体長は5mmぐらい、サンゴジュハムシにしては少々小さいなー?
アカタデハムシ 別名:サクラケブカヒゲナガハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科

すぐ隣の花では、

170428n (12)b.JPG

ドロノキハムシの幼虫でしょうか、花芽を食っていました。




暖かい日が続いたそのあと気温が少し下がり風も多少なり強く、なかなか「春うらら」とはいかないようです。


170420n (70)b.JPG

170420n (79)b.JPG

越冬していたイタドリハムシ出てきたのはいいけれど、思ったより寒かったかフリーズしていました?
イタドリハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科


170413n (13)b.JPG

170419n (13)b.JPG

サルトリイバラも新葉と花芽が出始めています。


カマツカの新葉が萌えだし、目に優しい色合いが引き立つようになってきました。
間もなく、虫たちが集う花も見られるようになるでしょう。
・・・・何気なく葉っぱを見ていると、葉上を急ぎ足で歩いている奴が?

カメラを近づけると・・・ピタッととまる。


170417o (3)b.JPG

170417o (6)b.JPG

カタビロトゲハムシ (カタビロトゲトゲ) ハムシ科 トゲハムシ亜科 体長は5mm前後。
食草はカシワ類。

ん? 別個体も。

170419n (69)b.JPG

別個体かと思ったら種が違っていました。
キベリトゲハムシ (キベリトゲトゲ) ハムシ科 トゲハムシ亜科 体長はカタビロと同じぐらいであります。
食草はフキ。

どちらの種も成虫で越冬します。


少し風が強く吹くと寒い! とは言え日差しは春・・・誰か出てきていないかと探しました。

カゲロウの仲間は空中遊泳が得意なのかたくさん飛んでいます。
竹林の上方で中型の白いチョウのようなのを確認しましたが、それっきりどこかへ。

ようやくギシギシで見つけたのは交尾中のコガタルリハムシでした。


170413n (60)b.JPG

もう、お腹はパンパン。

隣の葉っぱには、

170413n (59)b.JPG

卵まで見つかりました。
コガタルリハムシ ハムシ科 ハムシ亜科

そのすぐ近くでは、

170413n (96)b.JPG

ムラサキサギゴケがただ一輪。 (ゴマノハグサ科の多年草)


170413n (34)b.JPG

カキドオシは密集して花を咲かせていました。 (シソ科の多年草)


さくらんぼの花は既に枯れて小さな果実が生まれていました。
ソメイヨシノの花は満開、中には葉っぱさえ見られる樹もあります。
この2~3日が見納めになるかな。


ハムシを見つけても、敏感な奴にはすぐ落下されてしまい・・・とほほ・・となるのであります。


160708n (7)b.JPG

何とか落下時に掌に落ちてくれた。
今年初めての、アカガネサルハムシ サルハムシ亜科 体長は7~8mmと云ったところ。
ノブドウの葉っぱを食っていた。


サルトリイバラの葉っぱを食っていたのは、

160624n (12)b.JPG


160630n (14)b.JPG

鮮やかな赤と云うより朱色が目立つ。
アカクビナガハムシ クビボソハムシ亜科 体長は10mmぐらい。


160609n (43)b.JPG

ヨツモンクロツツハムシ ツツハムシ亜科 体長は5mm強ぐらい。
カシワやウワミズザクラがホスト。
この個体が何処にいたのかは忘れてしまった?・・・認知症の始まりか?  とほほほ。



2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハムシカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはハネナガウンカです。

次のカテゴリはハムシダマシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト