ハムシの最近のブログ記事

何処かで読んだのですが、今年は暑さのせいで虫たちの姿が少ないとか。
確かに種によってはダメージを受けるのもいるでしょうが、殆どは落ち葉の下や地中に潜って暑さをしのいでいるんでしょうね。


本日は久しぶりなハムシ君です。

180608n (58) - c.JPG

セスジツツハムシ ハムシ科 ツツハムシ亜科 体長は5mm弱ぐらいか。

その暑さのせいなのかは判らないですが、果実が小さい?

180828n (63)b.JPG

180828n (61)b.JPG

画像では対象物がない為に大きく見えますが、どれも小さくて。

実はたくさん実っているんですけどね?
この時期だと、中には小さいのがある・・・が、殆どが大きく育っている筈ですが?
気温が高すぎたのか、それとも雨が原因なのか・・・。わからんね?

ミツバアケビ アケビ科のつる性落葉低木。
キベリトゲハムシと思い込んでいたのですが、身体も小さいし、よくよく見ると違っている?


180514n (65)b.JPG

全体が黒色で赤褐色斑がない。
・・・、という事で、
ヒメキベリトゲハムシ(ヒメキベリトゲトゲ) ハムシ科 トゲハムシ亜科 体長は4mm弱ぐらいだったか。
酷暑が続き出かけられない・・・日に日に登場画像が古くなっています。
本日は6月初旬の撮影画像から。


180419n (7)b.JPG

カマツカの葉裏にいたのをパシャリ。
ルリヒラタヒメハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科 体長は5mmぐらい。

初めは ルリウスバハムシ かと思っていたのですが、前胸背版のくぼみが気になり?
調べなおして、ルリヒラタヒメハムシではないかと。
実はよく似たのが多いのです。・・・・・為に間違っているかもしれない。
ご存知の方がおられましたら、ぜひお教えください。

蒸し暑くどんよりとした梅雨空であります。
大変な雨も予報されています、自然の驚異には逆らえません・・・気をつけましょう。


180528n (34)b.JPG

アトボシハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科


180517n (19)b.JPG

ウリハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科

今朝、歩きに行ってきました。
出かけるときガレージでの気温は31℃、熱くなるかなーと思いながら出かけたのですが、緑の影響ってすごいですね。
フィールドへ着いた時には27℃で、なんと下界とは4℃差です。

湿気がきつく涼しいなんてことはとても言えないですが、風に吹かれてきました。


180511n (48)b.JPG

180511n (54)b.JPG

ツブノミハムシ ハムシ科 ノミハムシ亜科 ではなかろうかと思うんですが?

コウゾの果実が赤くなってきました。

180627n (47)b.JPG

コウゾ クワ科の落葉低木。

それほど珍しい種ではないんですが、発見すると何故か楽しくなります?


180613n (122)b.JPG

180511n (183)b.JPG

理由はカメノコハムシの仲間では体が大きいほうで、なんと言ってもまん丸い体形に透明に近い前胸背板と上翅でしょうか。
他に類を見ないですからね。
自分が行くフィールドには食草でありますヤブムラサキやムラサキシキブが多い為に生息数が多いんだと思われます。
イチモンジカメノコハムシ ハムシ科 カメノコハムシ亜科 体長は8mm前後。
ドウガネツヤハムシは、いつ撮っても上手くいかない!
小さいうえに翅に艶があり、光が当たる場所だと反射が強く・・・別物になってしまいます。

180521n (33)b.JPG

この画像も今一つなんですが、雰囲気は判っていただけるかと?
ドウガネツヤハムシ ハムシ科ツヤハムシ亜科 体長は3mm前後。

6月に入れば咲きだします。

180605n (124)b.JPG

このフィールドには白花だけが見られますが、実際には淡い紫色や斑点が入ったものなどが見られるようです。
ホタルブクロ キキョウ科の多年草。
本日はお馴染みのハムシ2種であります。


180517n (17)b.JPG

イタドリハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科 


180502n (26)b.JPG

ヨツボシハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科

何故か今シーズンはカタビロトゲハムシをよく見かける?


180412n (105)b.JPG

180426n (90)b.JPG

体長が5~6mmぐらいと小さく棘の具合からどうしてもボケてしまいがち。
深度合成などを施せばバッチリなんでしょうが・・・・難しいなー!

カタビロトゲハムシ ハムシ科 トゲハムシ亜科

久しぶりの雨ですが、野山はカラカラ・・・こんな雨の量では足りなさそうであります。


180404n (23)b.JPG

180404n (24)b.JPG

ウワズミザクラの新葉でくつろいでいました。
アカタデハムシ ハムシ科 ヒゲナガハムシ亜科 成虫越冬。

地獄の窯の蓋にも花が。

180402n (52)b.JPG

キランソウ (ジゴクノカマノフタ) シソ科の多年草。

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

  • お問い合わせ
総アクセス数
本日
本日アクセス
昨日
昨日アクセス
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちハムシカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはハネナガウンカです。

次のカテゴリはハムシダマシです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


▼BLOG リンク

▼ホームページ リンク
▼お世話になっているサイト